ラリー・ブラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
獲得メダル

ラリー・ブラック
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 4×100mリレー
1972 ミュンヘン 200m

ローレンス・"ラリー"・ブラック (Lawrence ("Larry") J. Black、1951年7月20日 - 2006年2月8日)はフロリダ州マイアミ出身の陸上競技選手。

ノースカロライナセントラル大学在学中の1971年にはNCAA選手権の220ヤード走で優勝した。

1972年ミュンヘンオリンピックの4×100mリレーで、アメリカチームの第1走者として走り、38秒19の世界タイ記録で金メダルを獲得。さらに200mでも20秒19で銀メダルを獲得した[1]

動脈瘤のため2006年2月、54歳で亡くなった[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b LARRY BLACK, TRACL AND FIELD MEDALIST, DIES AT 54”. NBCスポーツ (2006年2月10日). 2010年10月31日閲覧。