ラルフ・アベニュー駅 (INDフルトン・ストリート線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラルフ・アベニュー駅
Ralph Avenue
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-C.svg
ニューヨーク市地下鉄
Ralph Av vc.jpg
駅ホーム
駅情報
住所 Ralph Avenue & Fulton Street
Brooklyn, NY 11233
ブルックリン区
地区 ベッドフォード=スタイベサント
座標 北緯40度40分44秒 西経73度55分18秒 / 北緯40.678815度 西経73.92168度 / 40.678815; -73.92168座標: 北緯40度40分44秒 西経73度55分18秒 / 北緯40.678815度 西経73.92168度 / 40.678815; -73.92168
ディビジョン BディビジョンIND
路線 INDフルトン・ストリート線
運行系統       A Stops late nights only (深夜帯)
      C Stops all times except late nights (深夜帯以外)
接続 バスによる輸送 NYCTバス: B25, B47
構造 地下駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 4線
その他の情報
開業日 1936年4月9日(82年前) (1936-04-09[1]
利用状況
乗客数 (2017)1,894,817[2]増加 1.7%
順位 258位
次の停車駅
北側の隣駅 ユーティカ・アベニュー駅: A Stops late nights only C Stops all times except late nights
南側の隣駅 ロッカウェイ・アベニュー駅: A Stops late nights only C Stops all times except late nights

ラルフ・アベニュー駅(Ralph Avenue)はブルックリン区のラルフ・アベニューとフルトン・ストリート交差点に位置するニューヨーク市地下鉄INDフルトン・ストリート線の駅である。A系統が深夜のみ、C系統が深夜を除く終日停車する。

歴史[編集]

駅はINDフルトン・ストリート線がジェイ・ストリート-ボロー・ホール駅(現在のジェイ・ストリート-メトロテック駅)からロッカウェイ・アベニュー駅まで開業した1936年4月9日に開業した[1]。この駅の上のBMTフルトン・ストリート線の同名の駅は1940年5月31日に廃止された[3]

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
M 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード自動券売機
P
ホーム階
相対式ホーム、右側扉が開く
北行緩行線 NYCS-bull-trans-A.svg 深夜帯:207丁目駅行き
NYCS-bull-trans-C.svg 168丁目駅行き
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-C.svg 次の停車駅:ユーティカ・アベニュー駅
北行急行線 NYCS-bull-trans-A.svg 深夜帯以外:通過
南行急行線 NYCS-bull-trans-A.svg 深夜帯以外:通過 →
南行緩行線 NYCS-bull-trans-A.svg 深夜帯:ファー・ロッカウェイ駅行き →
NYCS-bull-trans-C.svg ユークリッド・アベニュー駅行き →
NYCS-bull-trans-A.svg NYCS-bull-trans-C.svg 次の停車駅:ロッカウェイ・アベニュー駅
相対式ホーム、右側扉が開く
駅名標
廃止された階段

駅は相対式ホーム2面4線の駅である。タイルは赤色でホームに柱はなく、メザニンの柱は青または黄色である。

出口[編集]

駅西端に改札がある。地上へはラルフ・アベニューとフルトン・ストリート交差点の北西・南西に階段が1つずつ接続しているが、かつては駅東端にも改札があり、ハワード・アベニューへ出ることができた[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]