ラングレー (CV-1)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USS Langley (CV-1)
艦歴
  ジュピター ラングレー
発注 不明 1919年7月11日
起工/ 改修 1911年10月18日
進水/ 改名 1912年8月14日 1920年4月11日
就役 1913年4月7日 1922年3月20日
退役/ 喪失 1920年3月24日 1942年2月27日
その後 空母へ改修 日本軍に破壊され
自沈処分
性能諸元
排水量 19,360 トン 11,500 トン
全長 542ft(165.2m) 542ft(165.2m)
全幅 65ft(19.81m) 65ft(19.81m)
吃水 27ft8in(8.43m) 18ft11in(5.76m)
最大速 15 ノット 15 ノット
乗員 士官、兵員163名 士官、兵員468名
兵装 4インチ砲4基 5インチ砲4基
搭載機 無し 55

ラングレー (USS Langley, CV-1/AV-3) は、アメリカ海軍初の航空母艦。プロテウス級給炭艦ジュピター (USS Jupiter, AC-3) より改修された。後に水上機母艦に改造された。

給炭艦[編集]

給炭艦「ジュピター」

ジュピターは1911年10月18日にカリフォルニア州ヴァレーオメア・アイランド海軍造船所で起工された。1912年8月14日にトーマス・F・ルウム夫人から後援を受け進水し、1913年4月7日に初代艦長ジョーゼフ・M・リーヴスの指揮下就役した。ジュピターの姉妹艦 、サイクロプス (USS Cyclops, AC-4) は第一次世界大戦中にバミューダ・トライアングルで消息不明となり、プロテウス (USS Proteus, AC-9)とネレウス (USS Nereus, AC-10) も第二次世界大戦の間にサイクロプスと同航路で消息不明となっている。

試験航海後、アメリカ海軍初の電気推進船であるジュピターはカリフォルニア州サンフランシスコ海兵隊の分隊を乗艦させ、ベラクルス危機で緊張した時期の1914年4月27日に、メキシコシナロア州マサトランで太平洋艦隊に報告を行った。ジュピターは太平洋岸に留まり、10月10日にペンシルベニア州フィラデルフィアに向けて出航した。途中コロンブス・デーパナマ運河で記念の汽笛を上げる。ジュピターは西から東へパナマ運河を通過した最初の艦であった。

アメリカ合衆国第一次世界大戦への参戦に先立って、ジュピターは大西洋艦隊遠洋部隊に所属し大西洋およびメキシコ湾を巡航した。1917年4月6日にバージニア州ノーフォークに到着し、海軍海外輸送部隊 (Naval Overseas Transport Service, NOTS) に配属される。1917年6月および1918年11月にフランスへの貨物輸送を行い、その間給炭任務は中断された。1919年1月23日にノーフォークに帰還し、その後3月8日にフランスのブレストに向かいヨーロッパ水域で給炭任務に従事する。8月17日にノーフォークに帰還し、西海岸へ移動、空母への改装が1919年7月11日に承認された。12月12日にハンプトン・ローズへ移動し、1920年3月24日退役。

空母[編集]

ジュピターは海上で航空機を運用するという新たな考えの実験のため、ノーフォーク海軍工廠でアメリカ海軍初の航空母艦に改装された。1920年4月11日に天文学者であり航空学のパイオニアでもあるサミュエル・ラングレーの名に因みラングレーと改名され、CV-1(航空母艦)に艦種変更される。ラングレーは1922年3月20日にケネス・ホィッティング艦長の指揮下再就役する。アメリカ海軍初の航空母艦がラングレーと命名されたのは、オーヴィル・ライトと合衆国政府の対立の一端が現れたものであった。

アメリカ海軍初の航空母艦として、ラングレーは数多くの重要な出来事の現場となった。1922年10月17日にバージル・C・グリフィン中尉は最初の飛行機、ヴォート VE-7英語版を操縦し発艦した。飛行機が船から発艦したことおよび飛行甲板を装備した艦はラングレーが初めてではなかったが、グリフィン中尉の発艦はアメリカ海軍の記念碑的出来事であった。9日後、ゴッドフリー・シャヴァリア少佐はエアロマーリン 39英語版で最初の着艦を行った。11月18日にホィッティング艦長が発艦を行い、空母艦上からカタパルトで発艦を行った初の飛行家となった。

1923年1月15日までラングレーはカリブ海で着艦試験を行った。6月にワシントンD.C.へ向かい、ラングレーは軍の高官および市民の目前でデモンストレーションを行った。6月13日にノーフォークに帰還し、同年末まで大西洋岸およびカリブ海で訓練に従事した。1924年に入るとラングレーはより多くの演習および展示会に参加し、夏にはノーフォークで修理および改装が行われた。同年末には西海岸へ向かい、11月29日にサンディエゴに到着し太平洋戦闘艦隊に加わる。その後12年にわたってカリフォルニア沖およびハワイで実験、パイロット訓練、艦隊演習などに従事した。

水上機母艦[編集]

水上機母艦 ラングレー(AV-3)。
甲板一杯に水上機を搭載したラングレー。
日本機の爆撃下にあるラングレー。1942年2月27日。
ラングレーの最後。1942年2月27日。

1936年10月25日に「ラングレー」はカリフォルニア州のメア・アイランド海軍工廠でオーバーホール及び水上機母艦への改修が行われた。「ラングレー」の空母としての経歴は終了したが、艦で訓練されたパイロットは続く二隻の空母「レキシントン」および「サラトガ」で重要な役割を果たした。

「ラングレー」は1937年2月26日に改修が完了し、4月11日に AV-3 (水上機母艦)へ艦種変更された。航空機偵察部隊に配属され、ワシントン州シアトルアラスカ州シトカ真珠湾サンディエゴで作戦活動を行う。1939年2月1日から7月10日まで大西洋艦隊での任務で展開し、その後太平洋艦隊に配属され9月24日マニラに到着。後にアジア艦隊英語版に配置換えとなり、飛行艇と水上機からなる飛行偵察部隊の支援活動に従事した[1]

1941年12月7日の真珠湾攻撃により太平洋戦争が勃発したとき、「ラングレー」はフィリピンカヴィテに停泊していた。「ラングレー」は翌12月8日に出航し、ボルネオバリクパパンを経てオーストラリアダーウィンに向かい、ダーウィンには1942年1月1日到着した。1月11日まで「ラングレー」はオーストラリア空軍の対潜哨戒に協力する。その後、「ラングレー」は日本軍に対抗してオランダ領東インドABDA司令部アーチボルド・ウェーヴェル大将)の下に結成されたアメリカ、イギリスオランダ、オーストラリア4ヵ国の連合軍艦隊(トーマス・C・ハート大将)に配属された。

南方作戦での日本軍の進撃は留まる事を知らず、やがてジャワ島に対しても空襲が行われるようになった。連合軍はホーカー ハリケーンブリュスター バッファローで対抗したが、日本機の敵ではなかった。連合軍は更なる戦闘機を欲し、インドに輸送途中のカーチス P-40を引き抜くことにした[2]。2月22日、「ラングレー」は元飛行甲板上に32機のカーチス P-40 を乗せ、セイロン行きの MS-5 船団と共にオーストラリアのフリーマントルを出航した。その翌日、コンラッド・ヘルフリッヒ英語版中将[3]は P-40 を大至急輸送するよう命じ、「ラングレー」は同じくP-40 を輸送していた貨物船と共に護衛なしでジャワ島南岸部のチラチャップ英語版に向かったが、貨物船は次第に「ラングレー」から離されていった[4]

5日後の2月27日の早朝、ラングレーは出迎えに来た駆逐艦ホイップル」および「エドサル」と合流した。同日、バリ島265度368海里の地点で日本軍の索敵機が「ラングレー」を発見[5]バリ島に進出していた高雄航空隊一式陸攻17機(16機[6])が攻撃に向かった[7]。魚雷や対艦用爆弾が到着していなかったため、陸攻は陸用の250kg爆弾と60kg爆弾を搭載していた[5]。また、零戦30機が護衛についた[5]。攻撃の様子は攻撃隊指揮官足立次郎大尉の回想によれば以下のようであった[8]

まず楠畑中隊が爆撃を行なったが命中せず、続いて足立中隊が2度のやり直しの後に爆撃した。250キロ爆弾3発と60キロ爆弾3発が「ラングレー」に命中し、甲板上の飛行機などが炎上した。また、先行していた戦闘機隊も帰路ラングレーを銃撃した。

11時54分から[9]の爆撃で「ラングレー」は5発の命中弾と3発の至近弾を受けた[10]。命中箇所は前部、左舷側のstack sponson、艦尾付近の飛行甲板およびエレベーター付近の飛行甲板左舷側に2発であった[10]。飛行甲板への被弾では搭載していたP-40が炎上し、艦尾への被弾では舵が面舵の状態で動かなくなった[10]。また、「ラングレー」は左舷側に傾斜し、浸水のため機関は停止して航行不能となった[11]。駆逐艦によって曳航するとしても、チラチャップ港入り口の浅い水路を通過するためには浸水により沈みすぎていた[12]。火災の拡大は食い止められたものの浸水は止められなかった[11]。転覆の恐れがあり、いつまた日本軍が現れるとも知れなかったため13時32分に至って艦の放棄が命じられ[12]、13時58分までに「ラングレー」乗員は「ホイップル」と「エドサル」に収容された[13]陸軍航空軍の人員も含めて乗艦していた484名のうち死者は7名、行方不明者は5名であった[12](16名が失われたとするもの[14]や、死者6名、行方不明者5名とするもの[15]もある)。

14時28分、「ラングレー」を処分するため「ホイップル」は4インチ砲弾9発を撃ち込んだが効果は無かった[16]。「ホイップル」は14時32分に右舷艦尾付近に魚雷1本を撃ち込んみ[16]、14時45分には左舷側にもう1本魚雷を打撃ち込んだ[13]。これにより「ラングレー」では大規模な火災が発生したものの、まだ沈まなかった[16]。しかし、日本軍が再び現れる恐れがあることから、2隻の駆逐艦は「ラングレー」を残してその場を離れた[16]。同時夕方、オランダのPBYが「ラングレー」沈没したことを報告している[16]

救助された「ラングレー」乗員は給油艦「ペコス」に移されたが3月1日に「ペコス」も南雲忠一中将率いる機動部隊の空襲により撃沈されたため、「ラングレー」の乗組員も多数死亡した。

一方、「ラングレー」を攻撃した高雄航空隊では攻撃隊指揮官が「ラングレー」の撃沈を報告したものの、上層部はこの報告を採用せず「空母一隻撃破」という評価に留めた[17]。また、「ラングレー」被爆を伝える電文を傍受していた日本軍は攻撃したのが「ラングレー」であると推測したものの、1月8日に「伊25」がジョンストン島近海で「撃沈」したのが「ラングレー」であると大本営発表で報じていた手前、本当の「ラングレー」は大本営発表では「特設空母」と報じられた[18]

脚注[編集]

  1. ^ 永井、木俣, 115、116ページ
  2. ^ 永井、木俣, 117ページ
  3. ^ 1945年9月2日の降伏文書調印式におけるオランダ代表
  4. ^ 永井、木俣, 119ページ
  5. ^ a b c 一式陸攻戦史、185ページ
  6. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、476ページ
  7. ^ 一式陸攻戦史、184-186ページ
  8. ^ 戦史叢書第26巻 蘭印・ベンガル湾方面海軍進攻作戦、476-477ページ
  9. ^ In the Highest Degree Tragic, p.220
  10. ^ a b c Rising Sun, Falling Skies, p.276
  11. ^ a b Rising Sun, Falling Skies, pp.277-278
  12. ^ a b c Rising Sun, Falling Skies, p.278
  13. ^ a b In the Highest Degree Tragic, p.229
  14. ^ Dictionary of American Naval Fighting Ships
  15. ^ The Java Sea Campaign, p.47
  16. ^ a b c d e Rising Sun, Falling Skies, p.279
  17. ^ 『戦史叢書26』477ページ
  18. ^ 瀬名, 138、139ページ

関連項目[編集]

参考文献[編集]