ランジート (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ローフキイ
ランジート
IN Frigate Malabar 07.jpg
2007に各国合同で開催された演習に参加した際のランジート
艦歴
ローフキイ
Ловкий
起工 1981年10月24日 61人のコミューン参加者記念工場
所属 Naval Ensign of the Soviet Union.svg ソ連海軍黒海艦隊
進水 1979年6月16日
竣工 1983年7月20日
除籍 1983年11月24日
ランジート
INS Ranjit
編入 1983年11月24日
所属 Naval Ensign of India.svg インド海軍
要目
艦種 Naval Ensign of the Soviet Union.svg 大型対潜艦
Naval Ensign of India.svg ミサイル駆逐艦
設計 61-ME 設計
工場番号 2203
排水量 基準排水量 4,025 t
満載排水量 4,905 t
全長 146.11 m
全幅 15.81 m
喫水 6.83 m
機関 COGAG機関M-3 2 基 72,000 馬力
52,900 kWt
ガスタービン機関M-8E 4 基
推進 2推進
電源 ディーゼル発電機BTU-63 2 基 2,400 kW
速力 最大速度 30 kn
巡航速度 18 kn
航続距離 3,800 /18 kn
行動期間 10 日間
乗員 士官 33 名
水兵 279 名
武装 艦対艦ミサイルP-20「テルミート」単装発射機 4 基(弾数4 発)
76.2 mm連装両用AK-726 1 基
30 mm機関砲AK-630 4 基
個艦防空用艦対空ミサイルZIF-101 M-1「ヴォルナーP」連装発射機 2 基(V-601ミサイル32 発)
5連装魚雷発射管PTA-53-61 1 基
12連装対潜ロケット弾発射機RBU-6000「スメールチ2」 2 基(RGB-60ロケット弾192 発)
指揮 戦闘情報統禦装置「プランシェート61」
レーダー 水上・対空捜索レーダーRAWL-02 1 基
対空レーダーMR-500 1 基
射撃管制レーダー4R-90「ヤタガーン」(「ヴォルナー」用) 2 基
射撃管制レーダーMR-105「トゥレーリ」(主砲用) 1 基
射撃管制レーダーMR-104「ルィーシ」(高角機銃用) 2 基
水上捜索照準レーダー「ヴォールガ」 1 基
タカン バラートFT13-S/M 1 基
ソナー 「プラーチナ」
電子戦装備 電子戦対抗装置「ザリーフ」 1 基
電子戦対抗装置「クラープ11」 2 基
電子戦対抗装置「クラープ12」 2 基
チャフフレア発射機PK-16 2 基
通信装置 装備一式
搭載機 Ka-25PLOまたはKa-28 1 機

ランジートINS Ranjit)は、インド海軍の保有する駆逐艦Destroyer)である。艦番号はD53

概要[編集]

ランジートは、インドからの発注に基づきソ連で建造された61-ME 設計の3番艦であった。

工場番号2203艦は、1977年6月29日ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ニコラーエフの61人のコミューン参加者記念工場で起工、1981年10月30日には一時的にソ連海軍に編入され、ローフキイЛо́вкий)と命名された。これは、「巧みな、器用な、如才ない」といった意味を持つロシア語形容詞である。1979年6月16日進水1983年7月20日に竣工すると、ローフキイは赤旗受賞黒海艦隊に配備された。その後、海上公試などを実施した。

1983年11月24日にはソ連海軍を除籍となり、インドへ引き渡された。インドにおいては、ランジートと改称された。

インド引き渡し後機関砲をAK-230からAK-630へ換装し、対空レーダーもMR-310U「アンガラーM」からオランダ・シグナール社製を国産化したRAWL-02へ換装した。