ランスタッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ランスタッド
Randstad N.V.
Randstad Logo.svg
種類 株式会社
市場情報 EuronextRAND
本社所在地 オランダの旗 オランダ
Diemermere 25, 1112 TC, Diemen, アムステルダム
設立 1960年
業種 サービス業
事業内容 人材派遣事業
人材紹介
代表者 Jacques van den Broek(CEO
従業員数 38,820人 (2018年)
外部リンク https://www.randstad.com
テンプレートを表示

ランスタッドオランダ語: Randstad N.V.)は、オランダアムステルダムのディーメンに本拠を置く総合人材サービス企業。世界38カ国で4,800以上の拠点を持つ[1]ユーロネクスト・アムステルダム上場企業(EuronextRAND )。

概要[編集]

本国法人[編集]

1960年オランダの実業家フリッツ・ゴールドシュメディング(Frits Goldschmeding)により設立[2]。人材サービス企業としての売上は、アデコに次ぐ世界2位。売上の約7割がヨーロッパ地域、17%が北米となっている[1]。設立者のフリッツ・ゴールドシュメディングが株式の約3割を保有している[1]

日本におけるランスタッド[編集]

日本法人「ランスタッド株式会社」(Randstad K.K.)は、かつて東京都千代田区に本社を構えていた人材派遣人材紹介再就職支援事業などを行う総合人材サービス会社で、ランスタッド日本合同会社の子会社であった人材派遣会社であった。2011年7月1日付で、アイラインとともにフジスタッフに吸収合併され、解散、「株式会社フジスタッフ」の社名が「ランスタッド株式会社」(Randstad Japan, Inc.)となった。

2011年以前のRandstad K.K.は、労働者派遣事業(主に、紹介予定派遣や有料職業紹介事業)を展開する人材サービス会社であった。初代日本法人は、都内中心部の金融分野に特化した活動から開始し、3年後にはIT分野や営業などの部門にも広げる方針を掲げていたが、その3年後に本国の経営統合により、初代法人が経営統合相手の日本法人に吸収される形でランスタッド2代目日本法人となった。同社は、ランスタッド日本法人独自の再就職支援センターを拠点とした活動を展開していたが、ランスタッド日本フジスタッフホールディングスを傘下に収めてからは、同グループの拠点も活用した活動を行っており、2011年7月以降は、そのままフジスタッフから改称された新法人Randstad Japan, Inc.)の拠点のひとつ「支援センター」となった。なお、2011年7月以降の一般労働者派遣事業許可番号および有料職業紹介事業許可番号については、存続会社であるフジスタッフの番号を継承している。

沿革[編集]

本国法人[編集]

日本法人[編集]

初代法人[編集]

2代目法人[編集]

3代目法人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Annual report 2018 (PDF)” (英語). Randstad N.V.. 2019年8月10日閲覧。
  2. ^ a b c history” (英語). Randstad N.V.. 2019年8月10日閲覧。
  3. ^ Randstad buys rival Vedior for €3.3bn” (英語). フィナンシャル・タイムズ (2007年12月4日). 2019年8月10日閲覧。
  4. ^ Randstad to Acquire SFN Group” (英語). PR Newswire (2011年7月20日). 2019年8月10日閲覧。
  5. ^ ランスタッドがMonster Worldwideの買収完了、デジタル人材派遣戦略を加速” (英語). 共同通信PRWire (2016年11月2日). 2019年8月10日閲覧。