ランス・トーマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ランス・トーマス
Lance Thomas
Lance Thomas.jpg
ニューヨーク・ニックスでのトーマス (2017年)
ニューヨーク・ニックス  No.42
ポジション SF/PF
背番号 42
身長 203cm (6 ft 8 in)
体重 102kg (225 lb)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 Lance Thomas
ラテン文字 Lance Thomas
誕生日 (1988-04-24) 1988年4月24日(30歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州ニューヨーク市
ブルックリン区
出身 デューク大学
ドラフト 2010年 ドラフト外 
選手経歴
2010-2011
2011-2013
2013-2014
2014-2015
2015-
オースティン・トロス (Dリーグ)
ニューオーリンズ・ホーネッツ/ペリカンズ
中華人民共和国の旗 仏山ドラライオンズ
オクラホマシティ・サンダー
ニューヨーク・ニックス
受賞歴

ランス・トーマスLance Thomas1988年4月24日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区出身のプロバスケットボール選手。NBAニューヨーク・ニックスに所属している。ポジションはスモールフォワード

来歴[編集]

ニュージャージー州の高校を卒業後、名門デューク大学に進学し4年間在籍。最終学年の2009-10シーズンにはNCAAトーナメントで優勝を経験するなど[1]、エリートコースを歩んできたトーマスだったが、2010年のNBAドラフトでは指名漏れとなり、同年秋のDリーグドラフトでサンアントニオ・スパーズ傘下のオースティン・トロスに指名され、NBA入りを目指すことになる。そして2011年12月にニューオーリンズ・ホーネッツと契約し、念願のNBA入り[2]。年が明けて解雇され、オースティン・トロスに復帰したが、直ぐに10日間契約でホーネッツに呼び戻され、以降は控え選手としてプレーしていたが、2013-14シーズン開幕直後に解雇され[3]、残りシーズンは中国プロバスケットボールリーグで過ごした。

2014-15シーズンはオクラホマシティ・サンダーに所属していたものの、2015年1月5日にクリーブランド・キャバリアーズも絡んだ三角トレードでニューヨーク・ニックスに放出され[4]、7日に解雇されたものの[5]、数日後に同じ型で解雇されていたルー・アマンドソンと共に10日間契約でニックスと再契約[6]。その後シーズン終了までの契約を結んだトーマスは、カーメロ・アンソニーが左膝の手術のためにNBAオールスターゲーム以降全休した関係で先発出場の機会を与えられ、苦しいチーム状況の中奮闘。シーズン終了後の7月10日にニックスと1年契約を結んだ[7]

2016年7月4日、ニックスと4年2730万ドルで再契約した[8]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]