ランディ・ウェストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Randy Weston
Randy Weston.jpg
ランディ・ウェストン、2007年
基本情報
出生名 Randolph Edward Weston
生誕 (1926-04-06) 1926年4月6日
アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
死没 2018年9月1日(2018-09-01)(92歳)
ニューヨーク市
ジャンル Jazz, African jazz, world fusion
職業 ピアニスト、作曲家、バンドリーダー
担当楽器 ピアノ
活動期間 1950年代–2018年
レーベル リバーサイド, Antilles, ヴァーヴ, Motéma
共同作業者 メルバ・リストン
公式サイト randyweston.info

ランドルフ・エドワード・「ランディ・」ウェストン英語: Randolph Edward „Randy“ Weston1926年4月6日 - 2018年9月1日[1])は、アメリカ合衆国ジャズピアニスト作曲家である。

生涯と事績[編集]

ウェストンは1940年代の後半に、ブル・ムース・ジャクソンフランク・カリー、そしてエディ・ヴィンソンリズム・アンド・ブルース・バンドでキャリアをスタートさせた。1949年にはアート・ブレイキーと、1953年にはケニー・ドーハムと、1954年にはセシル・ペインと一緒に仕事をした。1954年から55年にかけてレコード会社「リバーサイド」に雇われた後、彼は自分のジャズコンボを結成し、最初のアルバムをドーン・レコード社のレーベルで出したほか、レッスンも行なった。アフリカ文化に興味を広げ、1958年にはニューポート・ジャズ・フェスティバルに参加、1961年と1963年にナイジェリアを、1967年には西アフリカと北アフリカを訪問した。1968年にモロッコへ移り住み、1972年から73年にかけてチャールズ・ミンガスの公演に客演するため米国に行ったほかは、ヨーロッパで暮らした。1980年代半ばから彼は再びモロッコに移り、1990年代の始めに米国へ帰ってきた。

「Hi-Fly」や「Little Niles」などウェストンが作曲した曲のいくつかは、早くも1950年代のスタンダードになった。彼はアフリカ系アメリカ人音楽家の中で、アフリカの打楽器だけでなく、彼のレコード「Uhuru Africa」 (1960年、共演者はクラーク・テリースライド・ハンプトンユセフ・ラティーフアルマンド・ペラーサそしてババトゥンデ・オラトゥンジ) に見られるようにアフリカの (反植民地主義の) スワヒリ語の吟唱を取り入れ、また「Highlife」 (1963年、ブッカー・アーヴィンと共演) のようにアフリカのポップミュージックを作品に取り入れた最初の一人である。後のアルバム「The Spirit of Our Ancestors」 (1991年、ディジー・ガレスピーファラオ・サンダースと共演) には、モロッコのグナワ人との交友を反映した音楽が入っている。ウェストンは30年以上にわたり、編曲者メルバ・リストンと一緒に仕事をした。彼の息子である打楽器奏者アゼディン・ウェストンは、彼の作品のいくつかに貢献している。

2001年に彼は米国芸術基金 (NEA) からNEAジャズマスターズ賞を受賞し、2014年にはドリス・デューク慈善財団からドリス・デューク芸術家賞として27万5千ドルを受賞した[2]

2016年以降、膨大な原稿、楽譜、録音、写真、そして広範な書簡を含むランディ・ウェストンのアーカイヴが、米国のハーバード大学図書館に所蔵されている[3][4]

ウェストンは2018年9月1日朝、ブルックリンの自宅で92歳の生涯を閉じた[5]

ディスコグラフィー (バンドリーダーとして)[編集]

  • 1954年: Cole Porter in a Modern Mood (Riverside) – 10インチLP
  • 1955年: The Randy Weston Trio (Riverside) – 10インチLP
  • 1955年: Get Happy with the Randy Weston Trio (Riverside)
  • 1956年: With These Hands... (Riverside)
  • 1955–56年: Trio and Solo (Riverside) – The Randy Weston Trioの全作品を含む
  • 1956年: Jazz à la Bohemia (Riverside)
  • 1956年: The Modern Art of Jazz by Randy Weston (Dawn) – How High the Moon (Biograph) としてもリリース
  • 1957年: Piano á la Mode (Jubilee)
  • 1958年: New Faces at Newport (MetroJazz)
  • 1959年: Little Niles (United Artists)
  • 1959年: Destry Rides Again (United Artists)
  • 1959年: Live at the Five Spot (United Artists)
  • 1960年: Uhuru Afrika (Roulette)
  • 1963年: Highlife (Colpix)
  • 1964年: Randy (Bakton) – 後にAfrican Cookbook (Atlantic) として1972年にリリース
  • 1965年: Berkshire Blues (Freedom [1977])
  • 1964–65年: Blues (Trip)
  • 1966年: Monterey '66 (Verve)
  • 1969年: African Cookbook (Polydor)
  • 1969年: Niles Littlebig (Polydor)
  • 1972年: Blue Moses (CTI)
  • 1973年: Tanjah (Polydor)
  • 1974年: Carnival (Freedom)
  • 1974年: Informal Solo Piano (Hi-Fly)
  • 1975年: Blues to Africa (Freedom)
  • 1975年: African Nite (Owl)
  • 1975年: African Rhythms (Chant du Monde)
  • 1976年: Randy Weston Meets Himself (Pausa)
  • 1976年: Perspective (Denon)
  • 1978年: Rhythms-Sounds Piano (Cora)
  • 1984年: Blue (Arch)
  • 1987年: The Healers (Black Saint) – David Murrayと共に
  • 1989年: Portraits of Thelonious Monk: Well You Needn't (Verve)
  • 1989年: Portraits of Duke Ellington: Caravan (Verve)
  • 1989年: Self Portraits: The Last Day (Verve)
  • 1991年: The Spirits of Our Ancestors (Verve)
  • 1992年: Marrakech in the Cool of the Evening (Verve/Gitanes)
  • 1992年: The Splendid Master Gnawa Musicians of Morocco (Verve/Gitanes)
  • 1993年: Volcano Blues (Verve/Gitanes)
  • 1995年: Saga (Verve)
  • 1997年: Earth Birth [mit dem Montreal String Orchestra] (Verve)
  • 1998年: Khepera (Verve)
  • 1999年: Spirit! The Power of Music (Arkadia Jazz)
  • 2002年: Ancient Future (Mutable)
  • 2004年: Nuit Africa (Enja)
  • 2006年: Zep Tepi (Random Chance)
  • 2009年: The Storyteller (Motéma)
  • 2013年: The Roots of the Blues (Sunnyside)
  • 2017年: The African Nubian Suite (African Rhythms)
  • 2018年: Sound — Solo Piano (African Rhythms)

来日公演[編集]

ウェストンは1978年5月に初来日したが観光のみで演奏の機会はなかった。1993年にスイングジャーナル誌の招待で再来日、盛岡のクラブ「ノンク・トンク」で公開初演奏した[6]。その後2001年、2005年、2008年、2012年の4回来日し、京都の上賀茂神社宝殿で演奏した。2001年には静岡県焼津の成道寺で、2005年には東京の神田明神でも演奏している[7]

参考文献[編集]

  • Randy Weston, Willard Jenkins: African Rhythms. The Autobiography of Randy Weston. Duke University Press, Durham/NC 2010, ISBN 978-0-8223-4784-2.

脚注[編集]

  1. ^ Nachruf New York Times 1. September 2018 (2020年8月17日閲覧)
  2. ^ 2014 DORIS DUKE ARTIST AWARDS 2020年8月17日閲覧。
  3. ^ Zum Tod von Randy Weston: Afrikas Botschafter in Amerika フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙 2018年9月4日、2020年8月17日閲覧。
  4. ^ Randy Weston Collection ハーバード大学 2020年8月23日閲覧。
  5. ^ Nate Chinen, "Pianist Randy Weston, An Eloquent Spokesman For Jazz's Bond with African Culture, Dies at 92", WBGO, September 2, 2016 2020年8月23日閲覧。
  6. ^ さようならランディ(・ウェストン) 悠雅彦 (Jazz Tokyo 2018年10月6日) 2020年8月23日閲覧。
  7. ^ ランディ・ウェストン追悼 細川周平 (Jazz Tokyo 2018年10月6日) 2020年8月23日閲覧。

ヴィデオ[編集]