ランディ・ロサリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロサリオ第二姓(母方の)はルペロンです。
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ランディ・ロザリオ
ランディ・ロサリオ
Randy Rosario
シカゴ・カブス #47
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 マリア・トリニダー・サンチェス州ナグアスペイン語版
生年月日 (1994-05-18) 1994年5月18日(24歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 アマチュアフリーエージェント
初出場 マイナー / 2011年5月28日
メジャー / 2017年6月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ランディ・ミゲル・ロサリオ・ルペロンRandy Miguel Rosario Luperon,[注釈 1] 1994年5月18日 - )は、ドミニカ共和国マリア・トリニダー・サンチェス州ナグア英語版出身のプロ野球選手投手)。左投左打。2019年現在はMLBシカゴ・カブスに所属している。

経歴[編集]

プロ入りとツインズ傘下時代[編集]

ロサリオは2010年にアマチュアフリーエージェントミネソタ・ツインズ契約金85,000ドルで契約した。

翌年の2011年5月28日にR級DSLツインズ英語版でプロデビュー。このシーズンは同チームで8先発・5救援・35.0を投げて、24防御率3.86を記録した。

2012年は同じくR級のGCLツインズ英語版に配転。このシーズンは同チームで7先発・3救援・38.1回を投げて、2勝1敗・防御率1.64を記録した。

2013年R+級エリザベストン・ツインズ英語版に昇格。このシーズンは同チームで9先発・44.2回を投げて、4勝3敗・防御率2.82を記録した。

2014年A級シーダーラピッズ・カーネルズ英語版に昇格したが、開幕直後の4月にトミー・ジョン手術を受け、以後このシーズンの出番はなかった[3]。シーズン成績は3先発・11.2回を投げて、0勝1敗・防御率5.40。

2015年6月23日にGCLツインズで復帰、7月にカーネルズに復帰した。このシーズンは両チーム合計で12先発・1救援・61.2回を投げて、3勝6敗・防御率3.06を記録した。シーズン後にロサリオはツインズの40人ロスターに追加された。

2016年A+級フォートマイヤーズ・ミラクルで開幕を迎え、8月にAA級ペンサコーラ・ブルーワフーズに昇格。7月までは先発として起用され、8月以降は救援として起用された。このシーズンは両チーム合計で16先発・9救援・100.1回を投げて、6勝7敗・防御率3.77を記録した。

2017年はAA級ブルーワフーズで開幕を迎えた。6月1日にメジャー昇格し、翌6月2日のロサンゼルス・エンゼルス戦で救援登板しメジャーデビュー。この試合では2.0回を投げてダニー・エスピノーサからの被弾などで3失点し、勝ち負けはつかなかった[4]。メジャー2回目の登板となった6月6日のシアトル・マリナーズ戦で0.1回を投げて5失点した。この試合の翌日にブルーワフーズに降格し、シーズン終了まで所属した。このシーズンはマイナーで32救援・57.1回を投げて1勝0敗1セーブ・防御率4.08、メジャーで2救援・2.1回を投げて0勝0敗・防御率30.86を記録した。

カブス傘下時代[編集]

2017年11月3日にウェイバー公示シカゴ・カブスが獲得し移籍した[5]。17-18年のウィンターリーグ期間でLIDOMヒガンテス・デル・シバオスペイン語版に所属した。

2018年AAA級アイオワ・カブスで開幕を迎えた。5月18日にメジャー昇格し、5月22日の再降格した。5月26日に再度メジャー昇格。5月27日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦で救援登板し、メジャー初勝利を挙げた[6]。8月2日に再びマイナー降格し、8月3日にメジャー再昇格、8月10日に再降格、8月17日にメジャー再昇格。9月13日のワシントン・ナショナルズ戦でメジャー初セーブを挙げた。このシーズンの成績はマイナーで15救援・22.2回を投げて0勝0敗・防御率0.79、メジャーで44救援・46.2回を投げて4勝0敗1セーブ・防御率3.66を記録した。チームはワイルドカードに進出したが、出番はなかった。

2019年はメジャーで開幕を迎えた。

選手としての特徴[編集]

最速97mph・平均93mphの速球シンカーフォーシーム)と平均86mphのスライダーが武器[3]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2017 MIN 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 15 2.1 7 1 0 0 1 2 0 0 8 8 30.86 3.00
2018 CHC 44 0 0 0 0 4 1 1 8 .800 200 46.2 47 5 22 2 0 30 1 0 22 19 3.66 1.48
MLB:2年 46 0 0 0 0 4 1 1 8 .800 215 48.2 54 6 22 2 1 32 1 0 30 27 4.96 1.55
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 60 (2017)
  • 47 (2018 -)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ スペイン語発音: [ˈrãn̪.di ro.ˈsa.ɾjo][1]英語発音: [ˈrændi roʊˈzɑrioʊ][2]

出典[編集]

  1. ^ スペイン語の発音記号変換ツール”. easypronunciation.com. 2019年4月8日閲覧。
  2. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年4月8日閲覧。
  3. ^ a b Reusse, Patrick (2016年2月5日). “Twins might have landed a keeper in hard-throwing Rosario: Randy Rosario said his fastball will be back to the 97 miles per hour he was throwing before 2014 elbow surgery”. Star Tribune. 2016年2月6日閲覧。
  4. ^ Neal III, La Velle (2017年6月3日). “Randy Rosario feels like 'I'm home' in making leap to Twins from Class AA”. Star Tribune. 2019年4月8日閲覧。
  5. ^ Adams, Steve (2017年11月3日). “Cubs Claim Randy Rosario From Twins”. mlbtraderumors.com. 2017年11月3日閲覧。
  6. ^ On anniversary, Rosario looks back at debut”. www.mlb.com/news. MLB News. 2018年6月5日閲覧。

関連項目[編集]