ランプレイ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
USS Lamprey;0837211.jpg
艦歴
発注
起工 1944年2月22日
進水 1944年6月18日
就役 1944年11月17日
退役 1946年6月3日
その後 1960年7月21日アルゼンチンへ貸与
除籍 1971年9月1日
性能諸元
排水量 1,526トン(水上)
2,424トン(水中)
全長 311.8 ft (95.0 m)
全幅 27 ft 3 in (8.3 m)
吃水 15.3 ft (4.6 m)
機関 ゼネラルモーターズ
Model 16 V16ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック発電機2基
最大速 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)
試験深度 400ft (120m)
乗員 士官6名、兵員60名
兵装 5インチ砲1基、40ミリ機関砲、20ミリ機銃2基[1]
21インチ魚雷発射管10門

ランプレイ (USS Lamprey, SS-372) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名はヤツメウナギ目の総称に因んで命名された。

ウミヤツメ(Sea lamprey
ノーザンブルック・ランプレイ(Northern brook lamprey

艦歴[編集]

ランプレイは1944年2月22日にウィスコンシン州マニトワックマニトワック造船で起工した。6月18日にW・T・ネルソン夫人によって命名、進水し、11月17日に艦長ウィリアム・T・ネルソン少佐(アナポリス1930年組)の指揮下就役する。ミシガン湖での公試後、ランプレイは12月12日にイリノイ州ロックポート英語版で浮きドックに納められる。ミシシッピ川に向かい、12月13日にニューオーリンズに到着した。その4日後、太平洋に向けて出航する。

哨戒[編集]

1945年2月17日、ランプレイは最初の哨戒で南シナ海に向かった。3月29日まで台湾沖および香港で救助任務に従事し、4月8日にシンガポール海峡を通過、翌9日にカリマタ海峡を通過しジャワ海に入った。この頃には日本軍艦艇の大半は海の藻屑と消え、この哨戒でランプレイは敵艦を発見することはなかった。4月22日、ランプレイは59日間の行動を終えてフリーマントルに帰投。艦長がリュシアン・B・マクドナルド少佐(アナポリス1938年組)に代わった。

5月21日、ランプレイは2回目の哨戒で南シナ海およびタイランド湾方面に向かった。ジャワ海を通過して哨戒海域に向かったランプレイは、5月28日にブルーバック (USS Blueback, SS-326) と共に600トンの日本軍護衛艦に対して砲撃を行った。6月29日、ランプレイは40日間の行動を終えてスービック湾に帰投した。

7月26日、ランプレイは3回目の哨戒で南シナ海およびタイランド湾方面に向かった。沿岸に沿って目標の探索を行ったランプレイは、8月8日にシンガポール海域に入り、ペンギボー島西方で小型艇を砲撃により沈めた。その後哨区においてイギリス海軍潜水艦スピアヘッド (HMS Spearhead, P263) と任務を交代しボルネオ方面に向かった。8月12日にスラバヤから荷物を運ぶヨットを砲撃により撃沈。8月15日、終戦の報せを受け取ったとき、ランプレイはスクーナーに対して攻撃を行うため接近中であった。8月20日、ランプレイは25日間の行動を終えてスービック湾に帰投した[2]

戦後・アルゼンチン海軍にて[編集]

ランプレイは8月31日にスービック湾を出航し、9月22日にサンフランシスコに到着した。その後メア・アイランド海軍造船所で係留され、1946年6月3日に退役、太平洋予備役艦隊入りする。長く保管された後、ランプレイは1960年7月21日にアルゼンチンへ貸与され、サンタフェ (ARA Santa Fe, S-11) としてアルゼンチン海軍で就役した。アルゼンチン海軍では、サンティアゴ・デル・エステロ (ARA Santiago del Estero, S-12) とともに、司令塔を改修した後訓練用として使用された。また、1966年10月にはフォークランド諸島に派遣され、テクニカルダイバーのグループを上陸させた。この話は最近、アルゼンチン海軍の関係者が明らかにしたものである。アルゼンチン海軍での現役任務後、1971年9月1日にアメリカ海軍に返還され除籍された。その後アルゼンチンに完全に売却され、予備部品として使用されるため解体された。

ランプレイは第二次世界大戦の戦功で4個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

  1. ^ 「SS-372, USS LAMPREY」p.5
  2. ^ 「SS-372, USS LAMPREY」p.72

参考文献[編集]

  • SS-372, USS LAMPREY(issuuベータ版)
  • Clay Blair,Jr. "Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan" Lippincott、1975年、ISBN 0-397-00753-1