ラン・ザ・ワールド (ガールス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラン・ザ・ワールド (ガールス)
ビヨンセシングル
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
ジャンル R&Bポップ
時間
レーベル コロムビア
作詞・作曲 テリウス・ナッシュ、ビヨンセ、ニック・ヴァン・デ・ウォール、ウェズレー・ペンツ、デイビッド・テイラー、アディジャ・パルマー
プロデュース スウィッチ、ビヨンセ、シェア・テイラー
ビヨンセ シングル 年表
テレフォン
(2010年)
ラン・ザ・ワールド (ガールス)
(2011年)
ミュージックビデオ
「Run the World (Girls)」 - YouTube
テンプレートを表示

ラン・ザ・ワールド (ガールス)」(Run the World (Girls))はアメリカ合衆国レコーディングアーティストビヨンセ楽曲である[1][2]。 「女性の権利拡大」を歌うこの曲はテリウス・ナッシュ、ビヨンセ、ニック・ヴァン・デ・ウォール、ウェズレー・ペンツ、デイビッド・テイラー、アディジャ・パルマーによって書かれ、スウィッチ、ビヨンセ、シェア・テイラーによってプロデュースされた。最初に「ガールス (フー・ラン・ザ・ワールド)」という題名でデモが流出、後に題名を「ラン・ザ・ワールド (ガールス)」に変えて、ビヨンセの4作目のスタジオ・アルバムからのリードシングルとして2011年4月21日に公式発売された。メジャー・レイザーの「ポン・デ・フロア」をサンプリングしたオルタナティブ・ヒップホップ-ダンスホール曲で、そこにビヨンセがポップとR&Bの要素を加えている。歌詞は女性の権利拡大を遠慮せずに、攻撃的なメッセージで訴えている。

「ラン・ザ・ワールド (ガールス)」に対する批評家の評価は分かれた。ほとんどの批評家はサンプリングとビヨンセの攻撃性に敬意を表した。一部の批評家は歌の方向性を批判し、一部の批評家は「インデペンデント・ウーマン」「シングル・レディース (プット・ア・リング・オン・イット)」「ディーヴァ」といった過去にビヨンセが歌ってきた女性の利権拡大を訴える曲と比較して、「ラン・ザ・ワールド (ガールス)」はより断定的で直接的なメッセージ性があると批評した。

ミュージック・ビデオフランシス・ローレンス監督を務め、3日間カリフォルニア州撮影された。2011年4月20日にビデオの予告が、ビヨンセの公式サイトで公開された。ビデオを「B革命」であると述べた。ローレンスはMTV Newsとのインタビューでビデオが「これまでのビヨンセのミュージック・ビデオの中で最も盛大なものになる」と宣言した。そして、それをレディー・ガガの「バッド・ロマンス」と比較した。

規格とトラックリスト[編集]

  • デジタル・ダウンロード
  1. ラン・ザ・ワールド (ガールス) (シングル版) – 3:56

チャート[編集]

チャート (2011年) 最高
順位
オランダ Single Top 100[3] 60
スコットランドシングルチャート[4] 16
全英シングルチャート[5] 18

ラジオ放送と発売日一覧[編集]

地域 情報 規格
世界各国[6] 2011年4月21日 デジタル・ダウンロード
アメリカ合衆国 2011年4月26日 メインストリームラジオ[7]
アーバンラジオ[8]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://music.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=566378
  2. ^ http://rn.oricon.co.jp/news/rankingnews/86951/full/
  3. ^ Beyoncé – Run the World (Girls) (Nummer)” (Dutch). Dutch Charts. Hung Medien. 2011年4月22日閲覧。
  4. ^ Top 40 Scottish Singles Chart”. Scottish Singles Chart. The Official Charts Company. 2011年4月25日閲覧。
  5. ^ Top 40 UK Singles Chart”. UK Singles Chart. The Official Charts Company. 2011年4月24日閲覧。
  6. ^ Dinh, Jame (2011年4月21日). “Beyonce's 'Run The World (Girls)' To Hit Radio, iTunes Thursday”. MTV News. MTV Networks. 2011年4月21日閲覧。
  7. ^ Top 40/M Future Releases”. All Access Music Group. 2011年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月22日閲覧。
  8. ^ Urban/UAC Future Releases”. All Access Music Group. 2011年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月22日閲覧。