ラヴ・イズ・オーヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラヴ・イズ・オーヴァー
欧陽菲菲シングル「うわさのディスコ・クイーン」のB面曲
リリース 1979年7月1日
ジャンル 歌謡曲
レーベル ポリドール
作詞者 伊藤薫
作曲者 伊藤薫

カバー参照
ラヴ・イズ・オーヴァー
欧陽菲菲シングル
リリース
規格 17cmシングル
ジャンル 歌謡曲
レーベル ポリドール
作詞・作曲 伊藤薫
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 1984年度年間18位(オリコン)[1]
  • 3位(ザ・ベストテン[2]
  • 1984年上半期19位(ザ・ベストテン)[2]
  • 1984年年間48位(ザ・ベストテン)[2]
  • テンプレートを表示

    ラヴ・イズ・オーヴァー」(LOVE IS OVER)は、台湾出身の歌手、欧陽菲菲シングルである。日本における欧陽菲菲の代表曲の一つ[3]

    解説[編集]

    作詞・作曲:伊藤薫 編曲:川上了(1979年/1980年盤)、若草恵(1982年/1983年盤)

    元は1979年7月1日発売の「うわさのディスコ・クィーン」(ポリドール DR6337)のB面曲だった。しかし「うわさのディスコ・クィーン」は中国語バージョンが台湾や香港でヒットしたものの、当時日本国内では2〜3万枚の売上に終わった[4]

    日本で「うわさのディスコ・クィーン」が不発に終わった後も、欧陽菲菲は「ラヴ・イズ・オーヴァー」を歌い続け、口コミで評判が広まっていった[4]。「ラヴ・イズ・オーヴァー」は、1980年7月にA面曲として発売。1982年9月1日にアレンジを変更した音源がA面曲として発売(ポリドール 7DX-1189)され、さらに1983年5月にはジャケットを変更して発売した[4]

    1983年7月にオリコンチャート入りを果たし、12月には2週連続で1位を獲得。52.2万枚のセールスを記録し、翌1984年度のオリコン年間ランキングは18位を獲得した[1]

    TBSテレビ系列『ザ・ベストテン』には、1983年11月17日放映時に「今週のスポットライト」で初出演。その後、同年12月1日に第10位で初ランクイン、1983年12月29日と翌1984年1月19日の合計2週間、最高3位に上昇。1984年2月16日放送(第10位)迄、通算で12週間も10位以内にランクされた[2]

    1983年には、多くの歌手にカバーされ競作となった(#カバー参照)。特に、やしきたかじんによるカバー盤は関西での売上が顕著であった[5](ただしカバー盤は原曲とキーが異なる作品が多い)。

    1991年末の『第42回NHK紅白歌合戦』で、欧陽自身18年ぶり3度目の紅白歌合戦出演時に歌唱披露された。

    大人の恋の終わりを表現しており、歌詞もややきわどい内容があるが欧陽菲菲は「当時はあまり日本語も下手で歌詞の内容を理解していなかったが、後に詳細を知って恥ずかしかった」と語っている[要出典]

    カバー[編集]

    ラヴ・イズ・オーヴァー

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ a b c オリコンランキング情報サービス「you大樹」
    2. ^ a b c d 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」2004年12月、ISBN 978-4-0489-4453-3
    3. ^ タレントデータバンク
    4. ^ a b c 読売新聞社文化部『この歌この歌手―運命のドラマ120〈下〉』現代教養文庫、1997年、162頁。ISBN 4390116029。
    5. ^ 角岡伸彦『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』小学館、2014年、112-113頁。ISBN 978-4-09-389752-5
    6. ^ “まるで姉妹!? JUJU×萬田久子がMVで初対面「やっぱり似てる」”. ORICON STYLE. (2016年9月21日). http://www.oricon.co.jp/news/2078781/full/ 2016年9月21日閲覧。