ラヴ (ジョン・レノンの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ラヴ
ジョン・レノン楽曲
収録アルバムジョンの魂
リリースイギリスの旗1970年12月11日
規格LP
録音1970年9月26日 - 10月9日
アビー・ロード・スタジオ、アスコット・サウンド・スタジオ
ジャンルロック
時間3分24秒
レーベルApple(オリジナル)
EMI(リイシュー)
作詞者ジョン・レノン
作曲者ジョン・レノン
プロデュースジョン・レノン
オノ・ヨーコ
フィル・スペクター
カヴァー参照
ジョンの魂収録順
思い出すんだ
(6)
ラヴ
(7)
ウェル・ウェル・ウェル
(8)
ラヴ
Love
ジョン・レノンシングル
初出アルバム『ジョン・レノン・コレクション
B面 真実が欲しい
リリース
規格 7" シングル
録音 1970年
ジャンル ロック
時間
レーベル イギリスの旗 パーロフォンEMI
日本の旗 オデオン/東芝EMI
作詞・作曲 ジョン・レノン
プロデュース ジョン・レノン
オノ・ヨーコ
フィル・スペクター
チャート最高順位
ジョン・レノン シングル 年表
ウォッチング・ザ・ホイールズ
(1981年)
ラヴ
(1982年)
ノーバディ・トールド・ミー
(1983年)
テンプレートを表示

ラヴ』(Love)は、ジョン・レノンの楽曲。1970年に発表されたアルバムジョンの魂』に収録された。のち、1982年1998年シングルが発売された。

概要[編集]

ジョン・レノンは「ラブ」をシングルとしてリリースすることも検討、結果として「マザー」のシングルカットを支持したが、ラジオ局の中には「マザー」を敬遠し、「ラブ」をオンエアする局も見られた[1]

歌詞は、「アクロス・ザ・ユニバース」と同様に松尾芭蕉の句集からインスパイヤされて作ったといわれ、愛の概念について短くシンプルに書き連ねられている。演奏も、ジョンのアコースティック・ギターフィル・スペクターピアノだけである。

この曲は、ジョンの生前にはシングル・カットされなかった。1982年に初のベスト・アルバム『ジョン・レノン・コレクション』に収録された際、このアルバムからのカット曲として初めてシングル・カットされている(B面は『イマジン』の収録曲「真実が欲しい」)。しかしこのヴァージョンは、ラジオでのオンエアを考慮し、冒頭とラストのピアノ・ソロパートが歌の部分と同じリミックスがなされたものである。ちなみに、オリジナルは前曲の「思い出すんだ」のラストである爆発音とクロスフェードする流れになっているため、フェードインで始まるイントロとなっている。

カヴァー[編集]

授賞など[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Love” (英語). The Beatles Bible. (2010年8月2日). https://www.beatlesbible.com/people/john-lennon/songs/love/ 2017年7月21日閲覧。 
  2. ^ The Dream Academy - A Different Kind of Weather”. Allmusic. 2018年3月29日閲覧。
  3. ^ 大物日本人アーティストが参加!レノン・トリビュート”. ORICON NEWS (2005年9月16日). 2021年2月10日閲覧。