ラ・コンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラ・コンパニー
La Compagnie
IATA
B0
ICAO
DJT
コールサイン
DREAMJET[1]
設立 2013年10月
運航開始 2014年7月21日
ハブ空港 シャルル・ド・ゴール国際空港
保有機材数 3
就航地 3
本拠地 フランスの旗 フランス パリ
代表者 フランツ・イヴリン(CEO
外部リンク www.lacompagnie.com(英語)
テンプレートを表示

ラ・コンパニーフランス語: La Compagnie)はフランスパリに拠点を置く航空会社。機内の全席をビジネスクラスとした機材で国際線を運航している。

概要[編集]

2013年10月ドリームジェットDreamJet)としてフランツ・イヴリン(Frantz Yvelin)とピーター・ リューティ(Peter Luethi)によって設立された。その後、航空業界などの支援を受けて就航準備を行い、2014年6月14日にラ・コンパニーと社名を改めた。 7月1日から最初の就航路線であるパリ-ニューヨーク線のWeb予約受付を開始し、7月21日に1機のボーイング757機体記号:F-HTAG[2])にて運航を開始した[3]

機内はエコノミークラス等を設けず、全席をライフラットのビジネスクラス[4][5]としている。ボーイング757での座席数は1機あたり74席となっており、各座席には機内エンターテイメントとしてサムスン製のタブレット端末が備え付けられている[4]全日本空輸(ANA)やシンガポール航空など、一部の機材を全席ビジネスクラスとして運航する航空会社は既に存在しているものの、全席・全機材をビジネスクラスとして運航する方針の航空会社は世界的に見ても珍しい。

同区間で競合する他社よりも30%~50%ほど運賃を安価にすることを計画しており、予約変更やキャンセルの可否などの自由度によって3段階の運賃設定が行われる[4]

就航路線[編集]

2015年6月現在

保有機材[編集]

ラ・コンパニーのボーイング757
機体は青みがかった銀色の塗装[6]。機内は2-2アブレストとなっている[7]
  • エアバス321-251NX - 1機

関連項目[編集]

脚注[編集]