ラ・ジェント・ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラ・ジェント・ホテル(La'gent Hotel)は、大和ハウス工業が建設、運営するファミリー向けホテル千葉県大阪府にそれぞれラ・ジェント・ホテル東京ベイラ・ジェント・ホテル大阪ベイがある。

概要[編集]

2015年には日本を訪れる外国人旅行者数は過去最高を記録したように増加傾向にある[1]。2015年の宿泊施設の客室稼働率は国土交通省観光庁の『2015年宿泊旅行統計調査(年間値(速報値))』に依れば、東京都で82.3%、大阪府で85.2%と全国平均と比較しても非常に高い値になっている[1]。大和ハウス工業は、こういった事情を鑑み、また東京ディズニーリゾートユニバーサル・スタジオ・ジャパンを要する千葉県浦安市大阪市にファミリー層をメインターゲットとしたホテルの建設を決定した[1]

ラ・ジェント・ホテル東京ベイ[編集]

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設外観・施設の特徴を表す画像の画像提供をお願いします。2017年1月
ラ・ジェント・ホテル東京ベイ
ホテル概要
正式名称 ラ・ジェント・ホテル東京ベイ
設計 大和ハウス工業
運営 大和リビングステイ
階数 1 - 3階
部屋数 291室
開業 2016年12月23日
最寄駅 新浦安駅
最寄IC 首都高速湾岸線浦安IC
所在地 千葉県浦安市日の出5丁目7番1
位置 北緯35度38分27.2秒 東経139度55分47.1秒 / 北緯35.640889度 東経139.929750度 / 35.640889; 139.929750
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

大和ハウス工業が土地を借り上げ、建設と運営を行う[1]

プレオープンは2016年12月23日から、グランドオープンは2017年3月1日。

一部の客室では1部屋に最大6名が宿泊できるようになっており、また洗い場付きのバスルームを設置するなどファミリー層のニーズに応えている[1]

ホテルのメインターゲットを「東京ディズニーリゾートを利用される宿泊客」と設定し、「新浦安エリアで最も手ごろな価格」での提供を行っている[2]。また、ホテル滞在中は、滞在時間の大半をベッドで過ごす客が多いと推測し、顧客満足度向上の決め手として寝具に力を入れている[2]。通常、ホテルの寝具はホテルの買い取りが多いが、ラ・ジェント・ホテル東京ではよりメリットが多いとして寝具をレンタルサービスを利用している[2]

建物は地上3階建てであり、ツインベッドと2段ベッドを備えた4ベッドルームタイプを中心に、和室タイプなど全291室(2017年開業時点)を用意する。最大6名が1部屋で過ごせるようになっている客室もある[3]。館内にはラウンジ、コインランドリー、自販機コーナーがある[3]

アクセス
  • 東京ベイシティ交通の路線バス
    • 東西線浦安駅入口、JR新浦安駅から「系統11シンボルロード線」で「ベイパーク」または「ベイサイドホテルエリア」降車
    • JR舞浜駅から「系統25高洲・舞浜線」で「ベイパーク」または「ベイサイドホテルエリア」降車
  • 無料シャトルバス
    • 東京ディズニーリゾート(舞浜駅北口、東京ディズニーランド、東京ディズニーシー)

ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ[編集]

Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設外観・施設の特徴を表す画像の画像提供をお願いします。2017年1月
ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
Lagent hotel osakabay.jpg
ホテル概要
正式名称 ラ・ジェント・ホテル大阪ベイ
設計 大和ハウス工業
運営 大和リビングステイ(2017年に大和リビングマネジメントから移管予定)
階数 1 - 3階
部屋数 129室
開業 2016年11月25日
最寄駅 桜島駅
所在地 大阪府大阪市此花区桜島1丁目1番57号
位置 北緯34度39分45.2秒
東経135度26分4.8秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

土地所有者は住友商事であり、建物の持ち分の一部を住友商事に売却することで、ホテル事業は共同で行う[1]

プレオープンは2016年11月25日から、グランドオープンは2017年12月20日[1]

建物は地上3階建てで、客室は全129室(2017年開業時)であり、各フロアごとに「BLOOM」、「SPACE」、「JUNGLE」といったコンセプトが設けられている[4]。また、客室にはキリンやジャングルをイメージした壁紙が採用されている[4]。館内にはレストランやコインランドリー、自販機コーナーがある[4]

アクセス[4]

脚注・出典[編集]