ラ・セル山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラ・セル山ハイチ語、Pik Lasel)は、カリブ海にある大アンティル諸島に属する島の1つである、イスパニョーラ島の南西部に存在する、の1つである。

概要[編集]

ラ・セル山は、北緯18度21分36秒、西経71度58分35秒付近に位置している [1] 。 この場所は、2014年現在ハイチ西県に属している [注釈 1] 。 この山の山頂の標高は、約2680mであり、この場所がハイチ国内においては、最も標高の高い場所である [1] 。 ただし、イスパニョーラ島の東側の約3分の2はドミニカ共和国の領土であり、ドミニカ共和国側にはドゥアルテ山英語版と言うもっと高い山が存在しているため、ラ・セル山がイスパニョーラ島の最高峰ではない [2]

注釈[編集]

  1. ^ ハイチは政情不安定であるため、敢えて2014年現在と付けてある。

出典[編集]

  1. ^ a b ハイチのラ・セル山
  2. ^ カリブ地域の山々