ラ・ディアボリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ラ・ディアボリカ
プロフィール
リングネーム ラ・ディアボリカ
本名 マリア・テレサ・サンチェス・ペレス
ニックネーム フェリーノの女版フェリーナ
身長 155cm
体重 60kg
誕生日 1965年9月28日(48歳)
出身地 メキシコの旗 メキシコメキシコシティ
所属 AAA
デビュー 1986年6月
テンプレートを表示

ラ・ディアボリカLa Diabólica1965年9月28日 - )は、メキシコメキシコシティ出身の女子プロレスラー。本名はマリア・テレサ・サンチェス・ペレス。AAA所属。「ディアボリカ」はスペイン語で「悪魔」を意味し、覆面のルーダとして活動。

来歴[編集]

1986年6月、ベラクルスでパンテラ・スレーニャ&イルマ・アギラール戦で「La Diabólica del Caribe」としてデビュー(パートナーはマルタ・ビジャロボス)。まもなくリングネームを「ラ・ディアボリカ」に縮められた。

1990年、CMLLに入団しメキシコ州女子王座獲得。

同年7月、エステル・モレノとともに全日本女子プロレスに初来日。

1993年10月10日、ソチ浜田からCMLL王座を奪取。しかし翌年7月30日、レイナ・フブキに敗れ陥落。

その後再来日。レディ・アパッチェとともにユニバーサル・プロレスリングWARにも参戦。全女では1995年の第100代WWWA世界タッグ王座決定トーナメントにアパッチェと組んで出場。同年にはWWFにスポット参戦し、ベルサ・フェイが持つWWF女子王座にも挑戦した。

1996年11月、フブキが返上したCMLL王座の決定トーナメント1回戦でチャパリータASARIと対戦するも敗退。

その後、レイ・ブカネロと結婚するも離婚。AAAに移籍した。

獲得タイトル[編集]

得意技[編集]

  • トペ・コンヒーロ
  • こうもり吊り
  • パワーボム

関連項目[編集]

脚注[編集]