ラ・ノビア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラ・ノビア」(La Novia)は、チリの音楽家ホアキン・プリエートが1958年に作詞・作曲した歌曲。本国だけではなくイタリアの歌手トニー・ダララや、日本の歌手ペギー葉山らがカバーし、世界中でヒットした。

オリジナル[編集]

元々は、チリの音楽家ホアキン・プリエートが1958年につくった歌曲[1]である。1961年にアルゼンチンで活動するホアキンの兄弟のアントニオ・プリエートが歌い[2]、ヒットした。

歌詞の内容は、本意でない結婚を前にした女性の悲しみである。

1961年、イタリアの人気歌手トニー・ダラライタリア語でカバーしたことで、世界中へのヒットにつながっていく。なお、トニ・ダララの「ラ・ノビア」は、日本では当初「涙の結婚」という邦題がつけられていた。

日本でのヒット[編集]

日本語にはあらかわひろしが翻訳し、ペギー葉山が1962年にこの歌をカバーした。ペギー葉山は、ブラジルサンパウロでこの歌を知ったため、日本語とポルトガル語で歌っている[3]。当時、日本では空前のカンツォーネ・ブームだったこともあり[3]日本で大ヒットし、1964年の『第15回NHK紅白歌合戦』にペギーはこの歌で出演している。なお、ペギーの初期のバージョンは当初「泣きぬれて」というタイトルだった。ちなみに邦題は「涙の結婚」、「涙のウェディングベル」、「ザ・ウェディング」とカバーした歌手によって邦題が違う場合がある。

英語圏でのヒット[編集]

フレッド・ジェイがこの歌を英語に翻訳すると(英語タイトルは The Wedding)、ヨーロッパアメリカ合衆国で知られるようになり、1960年代前半には、アニタ・ブライアントやマルコム・ヴォーンら多数の歌手がこの歌をカバーした。

1964年にイギリスの歌手ジュリー・ロジャースがこの歌をカバー、10月に全英シングルチャートで最高3位を記録する[4]大ヒットとなると、翌年にはアメリカ合衆国総合シングルチャートで最高10位[5]を、アダルトコンテンポラリ・チャートでは1位を記録する[5]オーストラリアケント・ミュージック・レポートでも1位を記録し、1970年代中頃には世界で700万枚以上の売上を記録した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Hyatt, Wesley (1999). The Billboard Book of #1 Adult Contemporary Hits (Billboard Publications), page 29.
  2. ^ Chilean Singer/Actor Antonio Prieto Dies at 85”. PRWeb (2011年7月16日). 2012年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月17日閲覧。
  3. ^ a b ヒットソングリスト - Peggy Hayama's Homepage”. 2012年6月17日閲覧。
  4. ^ UK Singles Chart info”. ChartArchive.org. 2012年6月30日閲覧。
  5. ^ a b Jukue Rogers - Awards”. AllMusic. 2012年6月17日閲覧。