ラ・バタイユ (クロード・ファレールの小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラ・バタイユ
戦闘
La Bataille
著者 クロード・ファレール(Claude Farrère
訳者 大日本帝国の旗 高橋邦太郎改造社『世界大衆文学全集 57』所収、1930年
日本の旗 野口錚一(葦書房1991年
発行日 1909年
発行元 ファヤールパリ
ジャンル 小説
フランスの旗 フランス
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ラ・バタイユ』(フランス語: La Bataille)は、1909年に出版されたクロード・ファレールの小説である。1905年における日露戦争を題材にしている。1991年葦書房から出版された野口錚一訳はフランス語の「La Bataille」(戦闘)が日本語に訳され『戦闘』(せんとう)という題名になっている。

概要[編集]

ジャン=フランソワ・フェルゼ(Jean-François Felze)はエレガントな50代の有名画家で、ベッツィ・ホックリイ夫人(Mrs. Betsy Hockley)のヨットで旅をして、このアメリカの大金持ちを愛しているが、彼は奴隷扱いされている。日本長崎にいる間、彼は侯爵ヨリサカ(Yorisaka)の若い妻ミツコ(Mitsouko)の肖像画を描くことになった。この大日本帝国海軍の若い海軍将校は肖像画を船に積み込んで「日光」に行きたかったのである。ヨーロッパ人のように生活し、西洋の近代技術の訓練を受け、秘儀を学ぶことに熱心で、ヨリサカはイギリス海軍連絡将校の(また、ミツコに密かに恋している)ハーバート・フェアガン(Herbert Fergan)と親しい友人関係にあった。他方で、日本海軍将校の子爵ヒラタ(Hirata)は西洋の影響を受け入れ難かった。

関連作品[編集]

演劇
1921年、小説と同名でピエール・フロンデェ(Pierre Frondaie)によって舞台化され、テアトル・アントワーヌ(théâtre Antoine)で上演、フィルマン・ジェミエ(Firmin Gémier)とシャルル・ボワイエが出演。
映画

ミツコと香水について[編集]

1919年に製作されたゲラン社の香水「Mitsouko」は小説のヒロインの名前にちなんで命名された。クロード・ファレールは製作者ジャック・ゲラン(Jacques Guerlain)と友人である。

発展資料[編集]

  • P. Beillevaire, « Après La Bataille : l'égarement japonophile de Claude Farrère » in Faits et imaginaires de la guerre russo-japonaise (1904-1905), p. 223-246, Éditions Kailash, Paris, 2005, 590p., . ISBN 2-84268-126-6.

脚注[編集]