ラ・メール (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラ・メール
シャルル・トレネシングル
B面 Seul... Depuis Toujours
リリース
規格 シングル
ジャンル シャンソン
時間
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 シャルル・トレネ
プロデュース アルバート・ラスリー
テンプレートを表示

ラ・メール」(La Mer)は、フランスの歌手、シャルル・トレネが作詞作曲した楽曲。1946年にトレネ自身が発表したシングルが大ヒットし、シャンソンのクラシック、ジャズのスタンダードとして歌い継がれている。

概要[編集]

トレネは16歳のときにこの曲の元となる詩を書いた。それから長い時間が経過した1943年、トレネはモンペリエペルピニャンの間を鉄道に乗って旅をしていた。南仏のトー湖の眺めが目に入ったとき、かつて書いた詩のメロディが彼の心にわき起こった。トレネはピアニストのレオ・ショーリアックの力を借りて急いで曲をまとめ、二人はその日の夜、人々の前で披露した[2][3]

1945年にローラン・ジェルボーが最初にレコードにし[4]、翌1946年、トレネのレコードが世に出た。

以後、非常に多くのミュージシャンによってカバーされている。エディット・ピアフの「ラ・ヴィ・アン・ローズ」と並んでフランスで最も売れた曲と言われている[5]

ボビー・ダーリンのバージョン[編集]

1960年、ボビー・ダーリンが英語詞をつけて「ビヨンド・ザ・シー」として発表した[6]Billboard Hot 100で6位を記録。以後、英語版も広く知られるようになった。

その他のカバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Charles Trenet - La Mer / Seul Depuis Toujours (Shellac) at Discogs
  2. ^ Barnett Singer: Charles Trenet: Troubadour of Modern France. Contemporary Review, January 1997 (Questia, Highbeam アーカイブ 2016年3月8日 - ウェイバックマシン)
  3. ^ Robert Dimmery: 1001 Songs: You Must Hear Before You Die. Hachette UK, 2011, 9781844037179, (excerpt (Google))
  4. ^ Charles Trenet Biography”. IMDb. 2017年8月17日閲覧。
  5. ^ Trenet Returns To Paris Stage. The Billboard, 1966-10-22, p. 44 (excerpt (Google))
  6. ^ 45cat - Bobby Darin - Beyond The Sea / That's The Way Love Is - Atco - USA - 45-6158
  7. ^ Julio Iglesias - En El Olympia (Vinyl, LP, Album) at Discogs