ラーイヤ・ビント・アル=フセイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ラーイヤ・ビント・アル=フセインراية بنت الحسين、Raiyah bint Al Hussein、1986年2月9日 - )は、ヨルダン王国の王女。

人物・来歴[編集]

1986年、ヨルダン国王フセイン1世・ビン・タラールヌール・アル=フセイン王妃の間に二女として生まれた。二人の間には他に、ハムザ・ビン・アル=フセイン、ハーシム・ビン・フセイン、イーマーン・ビント・フセインらがいる。

日本文化日本語に興味を持ち、2005年には学習院女子大学に4か月の短期留学をし、日本語と日本文化を勉強した。2007年から2008年には約1年間に渡り、立命館大学国際関係研究科に留学した経験を持つ[1][2]合気道剣道も嗜む。

2011年1月から国際協力機構(JICA)東京本部でインターンシップを行っている[3]

2019年11月5日、ヨルダン王室はラーイヤ王女と、イギリス出身のジャーナリスト、ネッド・ドノヴァンの婚約を発表した[4]。ドノヴァンは作家テッサ・ダールとビジネスマンのパトリック・ドノヴァンの子で、母方の祖父母は作家ロアルド・ダールと俳優パトリシア・ニールである。

新型コロナウイルス感染症の流行のためヨルダン国内での挙式の計画をとりやめ、国王アブドゥッラー2世の許可を得て、2020年7月7日にラーイヤとドノヴァンはイギリスで挙式を行った[5][6]

出典[編集]

  1. ^ 産経ニュース「皇室ウィークリー(76)」, 2009年4月18日
  2. ^ The Monarchist Initiative, 2009年4月15日
  3. ^ ヨルダン王国のラーイヤ王女【釜石小学校】で国際交流会”. 釜石まるごと情報WEB・災害特別版. 2012年9月17日閲覧。
  4. ^ Statement from the Royal Hashemite Court”. Royal Hashemite Court. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. ^ Jordan News Agency (Petra)”. petra.gov.jo. 2020年7月7日閲覧。
  6. ^ https://twitter.com/raiyahhkj/status/1280475885028675586” (英語). Twitter. 2020年7月7日閲覧。