ラーオディケー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ラーオディケー古希: Λαοδίκη, Lāodikē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してラオディケとも表記される。同名の女性が複数知られ、

などがいる。以下に順に説明する。

キニュラースの娘[編集]

このラーオディケーは、キニュラースの娘で、アルカディアの王エラトスの妻となり、ステュムパーロス、ペレウスを生んだ。

プリアモスの娘[編集]

このラーオディケーは、トロイア王プリアモスとヘカベーの娘で、ヘクトールパリスデーイポボスポリーテースポリュドーロスクレウーサポリュクセネーカッサンドラーなどと兄弟。『イーリアス』によればアンテーノールの子ヘリカーオーンの妻だが、ミューシアテーレポスの妻ともいわれる。テーセウスの子アカマースとの間にムーニートスを生んだ。

ラーオディケーはプリアモスの娘たちの間で最も美人だったとされる。

トロイア戦争のとき、ディオメーデースとアカマースがヘレネーの返還を要求しにやって来たとき、アカマースに恋をし、彼の子ムーニートスを生んだ。後にトロイアが陥落したとき、ラーオディケーは捕虜になることを嫌い、神々に大地に呑みこまれることを望んだ。そこで神々は大地を割り、ラーオディケーはその中に消えた。

アガメムノーンの娘[編集]

このラーオディケーは、『イーリアス』によればアガメムノーンとクリュタイムネーストラーの娘で、クリューソテミスイーピアナッサと姉妹。後のギリシア悲劇エーレクトラーにあたるとされる。

アガペーノールの子孫[編集]

このラーオディケーは、トロイア戦争に参加したアルカディア王アガペーノールの子孫で、キュプロスパポスの人。アルカディア、テゲアーのアテナー・アレアー神殿に長衣を奉納し、テゲアーに「パポスに坐すアプロディーテー」の神殿を建設した。

参考文献[編集]