ラーディ飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ラーディ飛行場
Raadi Airfield
Raadi Airfield 2009.jpg
主滑走路(2009年)
IATA: noneICAO: EETR
概要
空港種別 軍用
運営者 ソ連空軍
所在地 タルトゥ
開港 1914年
閉鎖 1992年
標高 223 ft / 68 m
座標 北緯58度24分17秒 東経026度46分25秒 / 北緯58.40472度 東経26.77361度 / 58.40472; 26.77361座標: 北緯58度24分17秒 東経026度46分25秒 / 北緯58.40472度 東経26.77361度 / 58.40472; 26.77361
地図
EETRの位置(エストニア内)
EETR
EETR
EETRの位置(バルト海内)
EETR
EETR
Location within Estonia
滑走路
方向 全長 表面
m ft
09/27 3,000 9,842 コンクリート
Sources: Forgotten Airports[1]

ラーディ飛行場(タルトゥ空軍基地。ICAO空港コード:EETR)はタルトゥの北東4kmに1992年まで存在していた旧ソ連の空軍基地である。

現在はエストニア国立博物館英語版が位置している。

歴史[編集]

1940年にロシアの空港を建設するために、ラーディマナー・ハウスから100ヘクタール(250エーカー)が徴収された。飛行場は第二次世界大戦間に戦場になり、マナー・ハウスは1944年のタルトゥ攻勢で焼かれた。

空港は50年間、ソビエトの爆撃基地になった。飛行場が隠されているということは、外国人が街を訪問することを許されなかったことを意味する。ここには数十の爆撃機があり、バルト海で最大の飛行場となっていた。

現在[編集]

2006年1月16日、新しいエストニア国立博物館を設計するために開催された国際建築コンクールの受賞作品が発表された。 [2][3]

参考文献[編集]

  1. ^ Raadi Airfield at Forgotten Airfields
  2. ^ Eesti Rahva Muuseum” (エストニア語). www.erm.ee.. 2018年9月14日閲覧。
  3. ^ Eesti Rahva Muuseum” (エストニア語). www.erm.ee.. 2018年9月14日閲覧。