リアル・ARC2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
リアル・ARC2
カテゴリー F1
コンストラクター リアル・レーシング
デザイナー シュテファン・フォーバー
先代 リアル・ARC1
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー/ケブラー モノコック
トレッド 前:1,800 mm (71 in)
後:1,600 mm (63 in)
ホイールベース 2,800 mm (110 in)
エンジン フォード-コスワース DFR 3,494 cc (213.2 cu in), 90° V8, NA, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション リアル 6速 MT
重量 500 kg (1,100 lb)
燃料 STP
タイヤ グッドイヤー
主要成績
チーム リアル・レーシング
ドライバー ドイツの旗 クリスチャン・ダナー
スイスの旗 グレガー・フォイテク
フランスの旗 ベルトラン・ガショー
フランスの旗 ピエール=アンリ・ラファネル
ドイツの旗 フォルカー・ヴァイドラー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1989年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
4 0 0 0
テンプレートを表示

リアル・ARC2 (Rial ARC2) は、リアル・レーシングチームが1989年のF1世界選手権用に製作したフォーミュラ1カー。デザイナーはシュテファン・フォーバー。

開発[編集]

リアル・レーシング1988年シーズン、グスタフ・ブルナーの設計したARC1で3ポイントを獲得した。1989年用の新型シャシーは、大部分は前年のシャシーを踏襲した物で、シュテファン・フォーバーが設計した。ARC2は合計3台が製作された[2]

レース戦績[編集]

昨シーズンはアンドレア・デ・チェザリスの1台体制だったが、1989年は2台体制でシーズンに臨むこととなる。チェザリスはBMSスクーデリア・イタリアに移籍したため、経験豊富なドイツ人ドライバーのクリスチャン・ダナーが起用された。セカンドカーのドライバーはF1ルーキーのフォルカー・ヴァイドラーであった[1]

開幕戦のブラジルでダナーは予選を17位で通過、決勝はギアボックスのトラブルでリタイアとなったが、完走扱いの14位となった。この17位というのがリアルのシーズンを通しての予選最高順位となった。ドライバー両名共が予選通過に苦しみ、ヴァイドラーは至っては予備予選の通過もおぼつかなかった。ダナーが予選を通過したのはこのブラジルを加えても4戦のみで、全てがシーズン序盤のレースであった。メキシコでは決勝12位であったが[1]、続くアメリカではトラブル連続のサバイバル戦となり、かろうじて生き残ったダナーは4位に入賞、ポイントを獲得する[2]。第6戦のカナダでは8位でゴールしたが、ARC2が予選を通過したのはこれが最後となった[1]

ダナーはその後7戦連続して予選落ちし、ポルトガルGP後にチームを去った。彼の代役としてグレガー・フォイテクがスペインに出走、その後2戦にはベルトラン・ガショーが出走したが、両名とも予選を通過することはできなかった。もう1台のヴァイドラーは9戦連続で予備予選落ちし、10戦目は予選結果から除外された。11戦目から彼に代わってピエール=アンリ・ラファネルが起用されたが、ラファネルも予選通過することはできなかった[1]

ダナーがアメリカGPで獲得した3ポイントのおかげで、リアルはランキング13位となった[1]。チームはシーズン終了後、F1から撤退した[2]


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1989年 リアル・レーシング コスワース DFR 3.5 V8 G BRA
ブラジルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
MEX
メキシコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
ESP
スペインの旗
JPN
日本の旗
AUS
オーストラリアの旗
3 13位
クリスチャン・ダナー 14* DNQ DNQ 12 4 8 DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ
フォルカー・ヴァイドラー DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ DNPQ EXC DNQ
ピエール=アンリ・ラファネル DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ DNQ
グレガー・フォイテク DNQ
ベルトラン・ガショー DNQ DNQ

* ゴールしなかったが完走扱い。

[編集]

  1. ^ a b c d e f Rial ARC2 @ StatsF1
  2. ^ a b c Nye, 1992, p. 313

参照[編集]

  • Nye, Doug (1992). Autocourse History of the Grand Prix Car 1966-1991. Richmond, Surrey, United Kingdom: Hazelton Publishing. ISBN 0905138945.