リオン・ブリッジズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リオン・ブリッジズ
Leon Bridges Press Photo
基本情報
出生名 Todd Michael Bridges[1]
生誕 (1989-07-13) 1989年7月13日(28歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州 フォートワース
ジャンル ソウルミュージック
ゴスペル
R&B
ブルース
職業 歌手
シンガーソングライター
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカルギター
レーベル コロムビア・レコード

リオン・ブリッジズ(Leon Bridges、1989年7月13日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州フォートワース出身のソウルミュージックR&Bシンガーソングライター

シングル"Coming Home"がスポティファイのTop 10 Most Viral Tracksにチャートインし[2]、注目を浴びた。 同曲を収録したデビュー・アルバム"Coming Home"は2015年6月23日コロムビア・レコードよりリリースされた[3]。 同作は、第58回グラミー賞の「最優秀R&Bアルバム」部門にノミネートされた[4]

デビューまで[編集]

ギターを始めたのはデビューの数年前からだった[5]。 2014年にコロムビア・レコードと契約を結ぶまで、レストランで皿洗いの仕事をしながらフォートワースでオープンマイクナイト(飛び入り参加可能なライブイベント)に参加していた。 ジニュワインアッシャーといった90年代のR&Bのファンであったが、それらを元にした自作の出来栄えに満足することが出来なかった。そこで方向性を換え、自分の母親について歌った""Lisa Sawyer"あたりから今の作風に進むことになった[6]

2014-2015: Coming Home[編集]

ブリッジズは1950年~1960年代のソウルミュージックを元に曲作り、パフォーマンスをおこなった。

徐々にファンを増やし、オースティンのバンドWhite Denimの二人のギタリスト、Austin JenkinsとJoshua Blockに出会ったことがブレークのきっかけとなった[7]。 JenkinsとBlockは ""Coming Home""でのパフォーマンスに注目し、数曲でプロデュースを務めた。

アルバム製作ではヴィンテージ機材を使用[8]し、White Denimにも所属する地元ミュージシャンが参加した。

2014年に2曲のデモをサウンドクラウドにアップすると、""Coming Home""は地元のラジオでオンエアされるようになった。 ラジオでのオンエアにより、多くのレコード会社の注目を集めた。40以上のレーベルによる争奪戦の末、2014年12月にコロムビア・レコードと契約を結んだ[9]

初めてのアメリカ国内ツアーは2015年1月に始まった。同ツアーで、シャロン・ヴァン・エッテンのニューヨーク公演のサポート・アクトも努めた。 ツアーにはJenkinsとBlockも、White Denimが活動再開するまで参加した。

2015年2月に、"Coming Home"が初の公式シングルとしてコロムビア・レコードよりリリースされた。

同曲はデモバージョンに続き、成功を収め、スポティファイのTop 10 Most Viral Tracks(5位:2015年2月9日〜15日)となった[10]サンダンス映画祭サウス・バイ・サウスウエストにも出演した。サウス・バイ・サウスウエストでは最もパフォーマンスが評価されたアーティストに送られるGrulke賞をコートニー・バーネットらと共に受賞した[11]

2015年夏、デビュー・アルバム"Coming Home"がコロムビア・レコードからリリースされた。

"Coming Home"はiPhone6のコマーシャルに使用された[12]

イギリスでも公演を行い、ロンドンのVillage Underground公演はソールドアウトとなった。

自身の活動の傍ら、Apple Music Festivalではファレル・ウィリアムスのサポートも努め、 マックルモア&ライアン・ルイスのセカンド・アルバムに収録される"Kevin"にも参加した[13]

2015-現在[編集]

デビュー・アルバム"Coming Home"が第58回グラミー賞の「最優秀R&Bアルバム」部門にノミネートされた[14]

音楽スタイル[編集]

1960年代のR&Bに影響を受けたソウルミュージック。ウォール・ストリート・ジャーナルは「オーティス・レディングサム・クックのような60年代のソウルミュージックを彷彿させる」と評した。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US AUS
[15]
BEL
[16]
FRA
[17]
GER
[18]
NLD
[19]
NZ
[20]
SPA
[21]
SWI
[22]
UK
[23]
2015 Coming Home 6 8 104 61 89 10 13 49 35 8
2018 Good Thing[25]
  • 発売日: 2018年5月4日
  • レーベル: Columbia
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 5.9万枚[26]
3 8 17 93 22 13 47 40 28
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

脚注[編集]

  1. ^ Leon Bridges Is the Next Norah Jones|D Magazine”. 2016年2月17日閲覧。
  2. ^ Spotify's Top 10 most viral tracks|Mercury News. February 17, 2015.”. 2016年2月17日閲覧。
  3. ^ Stream: Leon Bridges’ debut album Coming Home|Consequence Of Sound”. 2016年2月17日閲覧。
  4. ^ 58th Annual GRAMMY Awards Winners & Nominees”. 2016年2月17日閲覧。
  5. ^ 40 Record Labels Tried to Sign This One Texan Dishwasher — With Good Reason|Music Mic”. 2016年2月17日閲覧。
  6. ^ 40 Record Labels Tried to Sign This One Texan Dishwasher — With Good Reason|Music Mic”. 2016年2月17日閲覧。
  7. ^ 40 Record Labels Tried to Sign This One Texan Dishwasher — With Good Reason|Music Mic”. 2016年2月17日閲覧。
  8. ^ Stream: Leon Bridges’ debut album Coming Home|Consequence Of Sound”. 2016年2月17日閲覧。
  9. ^ 40 Record Labels Tried to Sign This One Texan Dishwasher — With Good Reason|Music Mic”. 2016年2月17日閲覧。
  10. ^ Spotify's Top 10 most viral tracks|Mercury News. February 17, 2015.”. 2016年2月17日閲覧。
  11. ^ 2015 GRULKE PRIZE WINNERS - LEON BRIDGES, COURTNEY BARNETT, AND SPOON”. 2016年2月17日閲覧。
  12. ^ Shot on iPhone 6 by Araby P.”. 2016年2月17日閲覧。
  13. ^ Watch Macklemore, Leon Bridges Debut Emotional”. 2016年2月17日閲覧。
  14. ^ 58th Annual GRAMMY Awards Winners & Nominees”. 2016年2月17日閲覧。
  15. ^ Discography Leon Bridges”. Australian Charts Portal. Hung Medien. 2016年3月7日閲覧。
  16. ^ Discografie Leon Bridges”. Belgium (Flanders) Charts Portal. Hung Medien. 2016年3月7日閲覧。
  17. ^ Discographie Leon Bridges”. French Charts Portal. Hung Medien. 2016年3月7日閲覧。
  18. ^ Discographie Leon Bridges”. German Charts Portal. Hung Medien. 2016年3月7日閲覧。
  19. ^ Discografie Leon Bridges”. Dutch Charts Portal. Hung Medien. 2016年3月7日閲覧。
  20. ^ Discography Leon Bridges”. New Zealand Charts Portal. Hung Medien. 2016年3月7日閲覧。
  21. ^ Leon Bridges > SP Charts”. promusicae.es/. Productores de Música de España. 2016年3月7日閲覧。
  22. ^ Discographie Leon Bridges”. Swiss Charts Portal. Hung Medien. 2016年3月7日閲覧。
  23. ^ Leon Bridges > UK Charts”. Officialcharts.com/. Official Charts Company. 2016年3月7日閲覧。
  24. ^ Leon Bridges' "Coming Home" Debuts with 38.2K First Week Sales”. headlineplanet. 2016年5月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月7日閲覧。
  25. ^ Yoo, Noah (2018年3月13日). “Leon Bridges Announces New Album Good Thing, Shares 2 New Songs: Listen”. Pitchfork. 2018年3月14日閲覧。
  26. ^ Caulfield, Keith (2018年5月13日). “Post Malone's 'Beerbongs & Bentleys' Spends Second Week at No. 1 on Billboard 200 Albums Chart”. Billboard. 2018年5月15日閲覧。