リカルド・セルジオ・ローシャ・アゼヴェード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はローシャ第二姓(父方の)はアゼヴェードです。
リカルド・ローシャ Football pictogram.svg
名前
本名 リカルド・セルジオ・ローシャ・アゼヴェード
Ricardo Sérgio Rocha Azevedo
ラテン文字 Ricardo Rocha
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1978-10-03) 1978年10月3日(41歳)
出身地 ポルト県サント・ティルソ
身長 183cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ポーツマスFC
ポジション CB, SB
背番号 33
利き足 右足
ユース
1997-1998 ポルトガルの旗 ARCアレイアス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-1999 ポルトガルの旗 ファマリカン 28 (2)
1999-2000 ポルトガルの旗 ブラガB 33 (2)
2000-2001 ポルトガルの旗 ブラガ 44 (2)
2002-2007 ポルトガルの旗 ベンフィカ 115 (3)
2007-2009 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー 14 (0)
2009-2010 ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ 7 (0)
2010-2013 イングランドの旗 ポーツマス 97 (0)
通算 336 (9)
代表歴
2002-2006 ポルトガルの旗 ポルトガル 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

リカルド・セルジオ・ローシャ・アゼヴェード(Ricardo Sérgio Rocha Azevedo, 1978年10月3日 - )は、ポルトガルサント・ティルソポルトガル語版出身の元サッカー選手。ポジションはディフェンダー。単にローシャ (Rocha) としても知られている。

SCブラガでプロキャリアを開始後、2001年後半にSLベンフィカと契約し、後者のクラブで公式戦157試合に出場した。その後、残りのキャリア大半をイングランドの地で過ごすことになり、トッテナム・ホットスパーFCポーツマスFCに在籍中にはプレミアリーグの舞台で2クラブ合わせ3季プレーした。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ポルトガル[編集]

ポルト県サント・ティルソポルトガル語版に生まれたローシャは、1999-2000シーズン中にSCブラガ1部リーグ初出場を飾った。2001年12月には同僚のアルマンド・サ, ティアゴ・メンデスと共に同リーグの強豪SLベンフィカに引き抜かれる(ローシャの場合は翌年6月に公式に移籍)と、すぐさま主力としての地位を確立した。

ベンフィカでの4季半に公式戦157試合(欧州カップ戦33試合)3得点を記録。また、2004-05シーズンに25試合に出場し、クラブの11季ぶりのリーグ優勝に貢献した。2006年3月28日にUEFAチャンピオンズリーグ 2005-06FCバルセロナとの準々決勝第1戦(0-0, 2試合合計0-2敗北)では、最終的に優勝し最優秀選手賞にも輝くロナウジーニョのマークを務め、チャンスを作られる場面もあったが決定的な仕事をさせないことに成功[1]。そのパフォーマンスに相手のロナウジーニョからも称賛された[2]

国外[編集]

トッテナム

ローシャがトッテナム・ホットスパーFCへ移籍する可能性があることを2007年1月17日にポルトガルとイングランドのメディアは伝え、翌日にトッテナムのダニエル・レヴィ会長と元トッテナムの選手で現代理人のロニー・ローゼンタールとベンフィカの会長の3者がリスボンで会談し、500万ユーロ(320万ポンド)で合意に達したことをポルトガルの新聞が報告した。

1月23日に移籍金非公開(330万ポンドと考えられている)でトッテナムと3年半の契約を締結[3]。負傷した主将のレドリー・キングに代わり、27日にFAカップ4回戦のサウスエンド・ユナイテッドFC戦(3-1勝利)で公式戦初出場し、10月2日のシェフィールド・ユナイテッドFC戦でリーグ戦初出場を飾った。加入1季目の出場は5試合、2季目はリーグ戦どころか公式戦含め出場0に終わった結果、2009年6月14日に放出となった[4]

ポーツマス

2009年8月31日にスタンダール・リエージュと1年契約を締結する[5]も、2010年1月30日に契約は終了を告げ、2月3日に自由移籍でポーツマスFCと2年契約を締結[6]し、イングランド・サッカー界に復帰。それから5日後のマンチェスター・ユナイテッドFC戦(0-5敗北)で初出場を飾った[7]。2月9日のサンダーランドAFC戦で退場する[8]と、出場停止明けの27日のバーンリーFC戦でも退場[9]と出場した2試合連続で退場処分を言い渡された。そのような状況下だったが、古巣トッテナムとの準決勝で同試合の最優秀選手に選出される程の活躍で勝利に導いた[10]

2010年5月19日にポーツマスから契約延長の話が提供され[11]、9月3日に同クラブと再契約の合意に達し[12]、それから7日後に正式に契約を2年延長した[13]。2010-11シーズンのクラブは16位に終わり、ローシャ個人としては29試合に出場し、レディングFC戦(0-2敗北), カーディフ・シティFC戦(0-3敗北)で再び2試合連続で退場している。2011-12シーズンはデイヴ・キットソンと共にスティーヴ・コッテリル英語版監督の構想外となっていたが、2010年11月中旬に同監督がノッティンガム・フォレストへ去った[14]ことで出場機会を増やし、最終的にポーツマスの年間最優秀選手賞に選出されるほどの活躍を見せた。しかし、シーズン終了後に3部へ降格し、また契約満了に伴い退団となった。

2012年9月25日にイプスウィッチ・タウンFC[15]、10月6日にはリーズ・ユナイテッドAFCのトライアルに参加していた[16]が、11月19日にポーツマスと1ヶ月の契約を締結した[17]

代表[編集]

2002年のスコットランド戦でポルトガル代表初出場。3年の不在を経て、UEFA EURO 2008予選フィンランド戦とデンマーク戦に向けて再招集された。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ポルトガルの旗 SLベンフィカ

脚注[編集]