リカルド・ナニータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
リカルド・ナニータ
Ricardo Nanita
Ricardo Nanita Chunichi Dragons.jpg
中日ドラゴンズでのナニータ
(2015年、阪神甲子園球場にて)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 (1981-06-12) 1981年6月12日(39歳)
身長
体重
182 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2003年 ドラフト14巡目
初出場 2015年3月27日 阪神タイガース
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
WBC 2013年
獲得メダル
ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
ワールド・ベースボール・クラシック
2013 野球

リカルド・マイケル・ナニータ(Ricardo Michael Nanita、1981年6月12日 - )は、 ドミニカ共和国サントドミンゴ出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。

経歴[編集]

プロ入りとマイナー時代[編集]

2003年MLBドラフト14巡目(全体412位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名され入団。ルーキー級グレートフォールズ・ホワイトソックスで47試合に出場し、5本塁打37打点11盗塁、打率.384だった。

2004年はA+級ウィンストン・セーラム・ワルホグズとA級カナポリス・インティミデイターズでプレー。

2005年はA+級ウィンストン・セーラムで120試合に出場し、9本塁打54打点14盗塁、打率.292だった。

2006年はAA級バーミングハム・バロンズで106試合に出場し、8本塁打42打点11盗塁、打率.286だった。

2007年はAA級バーミングハムで123試合に出場し、5本塁打42打点10盗塁、打率.260だった。

2008年はAA級バーミングハムで111試合に出場し、9本塁打51打点14盗塁、打率.286だった。オフに行われたルール・ファイブ・ドラフトで、ワシントン・ナショナルズから指名され移籍。

2009年は開幕をメキシカンリーグモンテレイ・サルタンズで迎え、5月からはベラクルス・レッドイーグルスでプレー。7月からルーキー級ガルフ・コーストリーグ・ナショナルズでプレーし、9試合に出場した。

2010年はメキシカンリーグのタバスコ・キャトルメンでプレー。62試合に出場し、6本塁打30打点1盗塁、打率.341だった。8月30日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。AA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツで6試合に出場した。

2011年はAA級ニューハンプシャーとAAA級ラスベガス・フィフティワンズでプレー。AAA級では51試合に出場し、8本塁打33打点6盗塁、打率.363だった。

2012年1月6日にブルージェイズとマイナー契約で再契約した。AAA級ラスベガスで93試合に出場し、12本塁打62打点3盗塁、打率.306だった。オフの11月21日にブルージェイズとマイナー契約で再契約を結んだ[1]

2013年は招待選手としてスプリングトレーニングに参加した[2]。シーズン開幕前の3月に開催された第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)ドミニカ共和国代表に選出された[3]。同大会でドミニカ共和国は優勝している。

シーズンはAA級ニューハンプシャーで開幕を迎え、5月にAAA級バッファロー・バイソンズへ昇格。AAA級では38試合に出場し、2本塁打14打点1盗塁、打率.261だった。

2014年1月20日にブルージェイズとマイナー契約で再契約した。スプリングトレーニングには、招待選手として参加し、終了後、傘下AAAのバッファロー・バイソンズへ異動した。5月17日に、メキシカンリーグのキンタナロー・タイガースへ移籍した。オフに、リーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・ラ・レプブリカ・ドミニカーナアギラス・シバエーニャスに参加した。

中日時代[編集]

2014年12月15日に中日ドラゴンズと契約を結んだ[4]

2015年3月27日の阪神タイガース戦で初出場を果たす。4月14日の対阪神戦では来日後初のサヨナラヒットを放った。持病の腰痛や左肘痛に悩まされ58試合出場に留まり本塁打も0本だったものの、打率は3割8厘をマークした[5]。8月には左肘の遊離軟骨除去手術を受けた[6]

2016年は20試合連続安打を記録し活躍したが、7月下旬に登録抹消された。8月9日に一軍登録されるが、怪我の影響で8月16日に登録抹消され、そのままシーズンを終えた。10月30日に球団は契約更新をしない方針であることが報道され、12月2日、自由契約公示された[7]

中日退団後[編集]

2017年1月に左肘トミー・ジョン手術を受けた。そして、無所属のまま2017年シーズンを全休し、リハビリに専念することを明らかにした。5月にはキャッチボールを再開。将来的にはオフのウィンター・リーグで実戦復帰したのち、2018年からのNPB復帰を目指していた[8][9]

しかし、NPBでナニータを獲得する球団はなく、2018年はメキシコのオアハカ・ウォーリアーズで4試合プレーしたのみに留まった。同年8月、母国ドミニカ共和国でプレー中にフェンスに激突、右腕数カ所を骨折する重傷を負った[10]

現在は現役を引退し、サントドミンゴ近郊で私設アカデミーを経営している。

人物[編集]

エクトル・ルナアンダーソン・エルナンデスと3人で、自身等の出身であるドミニカ共和国のイニシャルであるDをとり「3D」と呼ばれていた[11]

2015年シーズン終了後、オフに肉体改造に着手。体重を12キロ減らし、体脂肪率も半減させ話題となった[5]

専用の応援歌は用意されていないが、「ナニ~タ!ナニ~タ!ナニ~タ!オイオイオイ!」という専用コールが存在する(元ネタは2015年までJリーグ名古屋グランパスに所属していたダニルソン・コルドバチャント)。球場全体で盛り上がる応援として定着し、ナニータ自身も気に入っている[12][13]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2015 中日 52 169 156 9 48 12 0 0 60 15 1 0 1 1 9 0 2 24 4 .308 .351 .385 .736
2016 92 340 319 32 91 16 0 8 131 35 0 1 0 4 15 0 2 52 9 .285 .318 .411 .728
NPB:2年 144 509 475 41 139 28 0 8 191 50 1 1 1 5 24 0 4 76 13 .293 .329 .402 .731

年度別守備成績[編集]



外野












2015 中日 41 53 2 2 0 .965
2016 78 107 3 3 0 .973
NPB 119 160 5 5 0 .971

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 60 (2015年 - 2016年)

登場曲[編集]

  • 『Patiently Waiting』50 cent, Eminem(1・2打席)、『Trophies』Young Money, Drake(3打席以降)(2015年‐)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Blue Jays sign three more free agents
  2. ^ Ricardo Nanita y su familia disfrutan su juego
  3. ^ 2013 Tournament Roster[リンク切れ] The official site of World Baseball Classic (英語) 2016年3月7日閲覧 [リンク切れ]
  4. ^ 新外国人選手獲得のお知らせ”. 中日ドラゴンズ (2014年12月15日). 2014年12月15日閲覧。
  5. ^ a b 【中日】ナニータ、驚異の肉体改造で快打連発!スポーツ報知 2016年1月30日配信
  6. ^ 【中日】2年目ナニータ、ド派手ガッツポーズ!首脳陣の期待に応えたスポーツ報知 2016年3月30日配信
  7. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  8. ^ 前中日のナニータ、トミー・ジョン手術受けていた…来季NPB復帰目指す
  9. ^ 左肘手術の元中日・ナニータ、ドミニカでキャッチボール再開「名古屋に戻れたら最高さ」
  10. ^ 元中日のナニータが母国ドミニカ共和国で重傷 試合中にフェンスに激突し右腕の数カ所骨折” (日本語). ベースボールチャンネル(BaseBall Channel). 2019年11月5日閲覧。
  11. ^ 中日のドミニカンパワーがセを席巻 「3D」はなぜ活躍できるのか Full-Count (2015年4月16日) 2015年6月21日閲覧
  12. ^ 中日ナニータ・コールが響く先制打&2号ソロnikkansports.com 2016年5月29日配信
  13. ^ 【中日】ナニータ「オイオイオイ…」3日間で2度目のお立ち台スポーツ報知 2016年5月29日配信

関連項目[編集]