リカルド・ロペス・フェリペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はロペス第二姓(母方の)はフェリペです。
リカルド Football pictogram.svg
Ricardo in 2008 preseason vs Racing.JPG
オサスナ時代(2008年)
名前
本名 リカルド・ロペス・フェリペ
Ricardo López Felipe
ラテン文字 Ricardo
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1971-12-30) 1971年12月30日(47歳)
出身地 マドリード[1]
身長 187cm
体重 88kg
選手情報
ポジション GK
利き足 左足
ユース
スペインの旗 アトレティコ・マドリード
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1998 スペインの旗 アトレティコ・マドリードB 146 (0)
1991-1992 スペインの旗 アビラ英語版 15 (0)
1994-1997 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 1 (0)
1998-2002 スペインの旗 バジャドリード 53 (0)
2002-2005 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 1 (0)
2003-2004 スペインの旗 ラシン・サンタンデール (loan) 34 (0)
2005-2012 スペインの旗 オサスナ 189 (0)
2013 スペインの旗 オサスナ 1 (0)
1990-2013 通算 440 (0)
代表歴2
1999 スペインの旗 スペイン U-18 2 (0)
2001-2002 スペインの旗 スペイン 2 (0)
監督歴
2013-2014 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ(GKコーチ)
2014-2016 日本の旗 日本(GKコーチ)
2018 スペインの旗 ラシン・フェロル
2019- スペインの旗 バジャドリード U-19
1. 国内リーグ戦に限る。2019年8月16日現在。
2. 2019年8月16日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

リカルド (Ricardo) ことリカルド・ロペス・フェリペRicardo López Felipe, 1971年12月30日 - )は、スペインマドリード出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはGK

経歴[編集]

アトレティコ・マドリード[編集]

アトレティコ・マドリードの下部組織出身。1997年にトップチームデビューを果たしたが、フランシスコ・モリーナの控えで出番には恵まれなかった。

バジャドリード[編集]

1998年にレアル・バジャドリードに移籍。当初はセサル・サンチェスの控えであった。2000年にセサルがレアル・マドリードへ移籍した際に入れ替わりでレアルからアルバノ・ビサーリが加入しても彼がレギュラーだったが、2001-02シーズンになるとビサーリから定位置を奪い29歳にして初めて正GKとなった。

マンチェスター・ユナイテッド[編集]

2002年8月30日に移籍金150万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドFCへ加入し3年契約を締結[2]。デビュー戦はブラックバーン・ローヴァーズFC戦で、PKを止めたのがファーストタッチとなった。しかし、ファビアン・バルテズティム・ハワードの控えに留まり、出場機会は少なかった。2003-04シーズンラシン・サンタンデールレンタル移籍。契約最終年となった2004-05シーズンもハワードとロイ・キャロルに次ぐ第3GKで、シーズン終了後にはエドウィン・ファン・デル・サールが加入し完全に余剰戦力となった。

オサスナ[編集]

2005年7月21日、CAオサスナに完全移籍。移籍後は正GKの座を不動のものとし、2006-07シーズンのUEFAカップでは12試合に出場し、ベスト4進出に貢献した。2011年頃からアンドレス・フェルナンデス・モレノに定位置を奪われるようになり、2012年に引退した。

2013年1月7日、オサスナと契約を結び現役復帰。控えGKであるアシエル・リエスゴが負傷したことによるものであるが、本人もメディアに対し「エイプリルフールかと思った」と驚きを述べた[3]

代表歴[編集]

2001年11月14日のメキシコ戦でスペイン代表デビュー。2002年夏のフェレンツ・プスカシュ謝恩試合にも出場した。2002 FIFAワールドカップではイケル・カシージャスに次ぐ第2GKだったが、出場機会は無かった。

指導歴[編集]

2013年6月24日、ベルギー1部クラブ・ブルッヘとゴールキーパーコーチとして契約した[4]2014年1月28日、クラブ・ブルッヘとの契約を解除した[5]

2014年7月24日、日本代表ゴールキーパーコーチに就任した[6]ヴァヒド・ハリルホジッチ監督に体制が変更となってからも続投していたが、契約満了に伴い、2016年7月末日をもって退任。

2017年1月12日、千葉県市川市にあるサッカースクール「アーセナルサッカースクール市川」のテクニカル・ディレクターに就任した[7]

2018年1月2日、ラシン・フェロルの監督に就任した[8]。2019-20シーズンより、レアル・バジャドリードのU-19部門で指揮を執る[9]

その他[編集]

2015年6月12日に横浜国際総合競技場で行われた日本対イラクの親善試合において、イラク代表ヤセル・カシムの実弟(岐阜県在住)が観戦にかけつけたがチケットを持っていなかった。試合開始直前にカシムから相談を受けると自身がチケットを用意。カシムは日本の、相手チームまでサポートするその姿勢に感謝し、イラク協会も見習うべきだとインタビューで発言している[10]

タイトル[編集]

アトレティコ・マドリード

脚注[編集]

[ヘルプ]