リカ (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
リカ
著者 五十嵐貴久
発行日 2002年2月
発行元 幻冬舎
ジャンル ホラーサスペンス
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 381
コード ISBN 4-344-00150-8
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

リカ』は2002年幻冬舎から刊行された五十嵐貴久小説及びそのシリーズ。2003年2019年にはテレビドラマも製作されていた。

概要[編集]

出会いサイトで知り合ったリカという怪物のような女性にストーキングされ追い詰められるサラリーマンの姿を描いたホラーサスペンス小説。

2001年第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した著者のデビュー作で、2002年2月に単行本が発売された。なお、選考時のタイトルは『黒髪の沼』。2003年に文庫本が発売され、単行本には未収録だったエピローグが収録されている。

あらすじ[編集]

印刷会社「東洋印刷社」に勤めるサラリーマン・本間隆雄は、家族を愛しながらも、かつて後輩が勧めた出会いサイトの魅力に嵌り、インターネット上で交わされる女性とのやり取りに興じる日々を送っていた。

ある時、本間は自身の昇進を機に、出会いサイトの中で知り合った「リカ」に携帯番号を教え、コンタクトを取ろうとする。それを機に本間は、リカから執拗に電話を受け、嫌気が差した本間は新しく携帯を変えて関係を絶つ。だが、リカは本間の想像を超えたストーキングを開始し、居所をリカに突き止められた本間は、リカの常軌を逸した手段に精神的にも追い詰められてしまう。本間の周りの人間がリカの犠牲にさらされたとき、本間はリカとの対峙を決意する。

登場人物[編集]

本間 隆雄
印刷会社「東洋印刷社」の営業部副部長(作中で専任部長に昇進)。妻と娘を愛する良き家庭人だが、坂井に出会いサイトを勧められたのを機に、出会いサイトにのめりこんで行く。出会いサイト内では「本田たかお」というハンドルネームを使用している。
リカ
本間と出会いサイトで知り合った女性。サイトの文面上では職業は看護婦(現:看護師)で性格は臆病で優柔不断な女性だと本間に分析されていた。だが本性は歪んだ自尊心の持ち主で、相手の意もおかまいなしに一方的に好意を抱き、異常な方法で追い詰めていく。異様にやせ細った体型で体臭はきつい、だが声だけは綺麗という特徴を持つ。ある病院で「雨宮リカ」として看護婦をしていた時、そこの医者に好意を抱いた末に殺害した可能性がある。
坂井 政司
大手総合出版社「蒼星社」の編集者をしている本間の後輩。本間に出会いサイトの存在を教え、その世界に引き込んだ張本人。自身も出会いサイトを通じて女性と出会うことに興じている。
原田 信也
「原田探偵事務所」所長の探偵で本間の大学時代の友人。探偵事務所を開く以前は刑事をしていた。パソコンや個人情報の危険性を熟知し、出会いサイトに嵌った本間に呆れながらも、本間の依頼を受け、リカの素性を探る。
菅原 忠司
警視庁の刑事。肩書きは警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査一係担当係長、階級は警部補。原田の警察時代の先輩で30年以上の経験を持つベテラン。

刊行情報[編集]

  • 『リカ』幻冬舎、2002年2月。ISBN 978-4-344001-50-3。
  • 『リカ』幻冬舎、2003年10月。ISBN 978-4-344404-39-7。

テレビドラマ[編集]

2003年のテレビ朝日制作の単発ドラマ、2019年の東海テレビ制作の連続ドラマ共に共同テレビジョン(共テレ)が携わっている。

2003年版[編集]

2003年3月1日に「土曜ワイド劇場」枠で「土曜ワイド劇場25周年記念特別企画」として放送された。

キャスト(2003年版)[編集]

スタッフ(2003年版)[編集]

2019年版[編集]

リカ
ジャンル 連続ドラマ
原作 五十嵐貴久
『リハーサル』、『リカ』
企画 市野直親(東海テレビ
栗原美和子共同テレビ
脚本 牟田桂子(第1部)
嶋田うれ葉(第2部)
演出 松木創(共同テレビ
菊川誠
下向英輝
出演者 高岡早紀
小池徹平(第1部)
大谷亮平(第2部)
夏菜
徳永えり(第2部)
柏原収史(第2部)
西岡徳馬(第1部)
エンディング 倖田來未STRIP
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
話数 8話
製作
プロデューサー 栗原美和子(共同テレビ)
河角直樹(東海テレビ)
芳川茜(共同テレビ)
制作 東海テレビ放送
製作 共同テレビジョン
放送
放送チャンネル フジテレビ
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年10月5日 - 2019年11月30日
放送時間 土曜 23:40 - 翌 0:35 
放送枠 オトナの土ドラ
放送分 55分
回数 8回
公式サイト

特記事項:
第2話は令和元年東日本台風(台風19号)関連の特設ニュースの為、5分繰り下げ放送(23:45 - 0:40)。
第3話は定刻放送予定だったが『SMBC日本シリーズ2019第1戦・ソフトバンク×巨人』中継の65分延長(18:30 - 21:59)の為、繰り下げ日曜日になってからの放送(0:45 - 1:40)。
第4話は『土曜プレミアム 三度目の殺人』(21:00 - 23:30、フジテレビ制作)の為、日曜日になってからの放送(0:00 - 0:55)。
11月2日は『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』のため休止。 
テンプレートを表示

2019年10月5日から11月30日まで、東海テレビ・フジテレビ系「オトナの土ドラ」枠で放送[1][2]。小説「リカ」シリーズの中から、『リハーサル』『リカ』の2冊を原作とする2部構成。ホラーサスペンスでありながら東海テレビお得意の「ドロドロ愛憎劇」の様相も呈している。

キャッチコピーは「私といっしょにいるの幸せでしょ?」。

キャスト(2019年版)[編集]

第1部[編集]
第2部[編集]

第1部から3年後を描く。

スタッフ(2019年版)[編集]

放送日程(2019年)[編集]

話数 放送日 サブタイトル[4] ラテ欄[5] 演出 視聴率[6]
第1部
第1話 10月05日 あなたは運命の人 あなたが私の運命の人…
自称28歳狂気の"純愛モンスター"が周囲を破滅に追い込む!
松木創 2.7%
第2話 10月12日 これは私たちだけの秘密 これはふたりの愛の絆!
戦慄の罠が男を追いつめる恐怖の手術室! 運命の暗転…
菊川誠 3.6%
第3話 10月20日(日) 鈍感な女…死ねばいい! ストーカー女は許せない!
交際の噂に追い込まれる副院長! 愛の狂気に断末魔の叫びが響く
3.1%
第4話 10月27日(日) 私の何がいけなかったの! 第1部最終回狂気の愛が暴走!
衝撃と戦慄のクライマックスがあなたを襲う!
松木創 2.9%
第2部
第5話 11月09日 やっと出会えた…運命の人 第2部スタート純愛モンスター復活!
今度こそ見つけた運命の人! 絶対離さない
松木創 3.6%
第6話 11月16日 私、いいお母さんになるから! 私いい奥さんになるわ!
暴走するストーキングに周囲の全て悪夢に堕ちていく!
下向英輝 2.9%
第7話 11月23日 リカはストーカーなんかじゃない! ストーカーなんかじゃない!
エスカレートする執着の悪夢 家族に魔の手が迫る
松木創 3.8%
最終話 11月30日 もうあなたしかいないの… もうあなたしかいないの…
戦慄のサイコスリラー完結! 史上最恐の結末に仰天
4.1%
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
東海テレビ制作・フジテレビ オトナの土ドラ
前番組 番組名 次番組
それぞれの断崖
(2019年8月3日 - 9月21日)
リカ
(2019年10月5日 -11月30日)
悪魔の弁護人・御子柴礼司
〜贖罪の奏鳴曲〜

(2019年12月7日 - 2020年1月25日)

漫画[編集]

リカ 黒髪の沼』(りか くろかみのぬま) のタイトルでコミカライズ。

シリーズ・続編[編集]

  • リターン (五十嵐貴久の小説)
  • リバース (五十嵐貴久の小説)
  • リハーサル (五十嵐貴久の小説)
  • リメンバー (五十嵐貴久の小説)

脚注[編集]