リキエイカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
リキエイカン
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1966年4月5日
死没 2001年7月2日(35歳没)
ネヴァービート
モンテホープ
母の父 ライジングフレーム
生国 日本の旗 日本北海道浦河町
生産 鮫川牧場
馬主 水上力夫
調教師 柏谷富衛(栗東)→
橋田俊三(栗東)
競走成績
生涯成績 48戦13勝
獲得賞金 1億1291万0600円
テンプレートを表示

リキエイカン日本競走馬第20回阪神3歳ステークス第61回天皇賞の優勝馬である。

  • 当項目では馬齢については原則旧表記(数え)で表記する。

略歴[編集]

競走馬時代[編集]

高橋成忠主戦騎手として、1968年札幌競馬場でのデビュー戦を勝利後、条件特別戦を1勝して6戦2勝で臨んだ阪神3歳ステークスでは、のちの桜花賞ヒデコトブキやファインハピーなどを下して勝利した。

1969年、明け4歳となったリキエイカンはクラシック路線に向かったが、皐月賞では16着に大敗、日本ダービーでは4着となった。その後、休養をはさんで出走した札幌記念では、古馬勢を相手にマーチスの2着に健闘。京都杯を経て臨んだ菊花賞では、アカネテンリュウの2着に敗れたものの、その実力を示した。

1970年、明け5歳になったリキエイカンは、スワンステークスとオープン2勝の5戦3勝で、日本万国博覧会のために阪神競馬場で行われた天皇賞(春)に出走した。

レースでは、逃げた池江泰郎騎乗のホウウンを直線で捉え、追い込んできた野平祐二騎乗のフイニイを抑えて優勝し、アカネテンリュウ(5着)への雪辱も果たした。

しかし、このあとの戦績は芳しくなく、重賞競走での最高順位は1971年函館記念札幌記念の2着で、24戦してオープンの4勝のみに終わり、関西世代ナンバー1の地位は年度代表馬トウメイに奪われる結果となった。途中、管理調教師であった柏谷富衛がばんだい号墜落事故で死去したため、橋田俊三厩舎に転厩するなどの不運な出来事もあった。

引退後[編集]

1972年に引退したあとは種牡馬となったが、活躍馬を出せなかったために引退し、以後は産まれ故郷の鮫川牧場に戻って功労馬として大切に繋養された。

2001年7月2日、リキエイカンは老衰で死亡したが、このときの馬齢は35歳と2か月27日であり、シンザンの最長寿記録である35歳3か月11日にあと14日と迫る長寿であった。

血統表[編集]

リキエイカン血統(ネヴァーセイダイ系(ナスルーラ系) / Nearco 4x4x4=18.75%、 Man O'War 5x5=6.25%、 Blandford 5x5=6.25%) (血統表の出典)

*ネヴァービート
Never Beat
1960 栃栗毛 イギリス
Never Say Die
1951 栗毛 アメリカ
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Singing Grass War Admiral
Boreale
Bride Elect
1952 黒鹿毛 イギリス
Big Game Bahram
Myrobella
Netherton Maid Nearco
Phase

モンテホープ
1960 鹿毛 日本
*ライジングフレーム
Rising Flame
1947 黒鹿毛 アイルランド
The Phoenix Chateau Bouscaut
Fille de Poete
Admirable Nearco
Silvia
トサモアー
1953 鹿毛 日本
トサミドリ *プリメロ
*フリツパンシー
第三スターリングモア 月友
スターリングモア F-No.3-l
父系
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

※甥にスズカコバン宝塚記念)がいる。