リクアビスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Liquavista BV
本部 オランダ
株主 フィリップス (2006-2010)
サムスン電子 (2010-2013)
Amazon.com (2013~)
ウェブサイト liquavista.com
テンプレートを表示

リクアビスタ(Liquavista)は2006年にフィリップスからスピンオフされたオランダに拠点を置く企業。リクアビスタの研究開発はカラーの電子ペーパーのビデオスクリーンをバックライト無しで動作させるエレクトロ・ウェッティング技術が含まれている。リクアビスタはテキサス・インスツルメンツ(TI)とリクアビスタのスクリーンとTIのOMAPプロセッサーをポータブルメディアプレイヤーや電子ブックリーダーで組み合わせることで協力すると報じられた[1]

リクアビスタは2010年にこの技術を完全に商業化する最終ステップを開始し、SDKOEMに送り出した。リクアビスタは、Plastic Logicと協力して薄くフレキシブルな新聞を作成していると伝えられている。リクアビスタは、2013年にはエレクトロ・ウェッティングディスプレイパネルの生産を開始すると予想されている[2]

2011年初旬にサムスン電子が Liquavista B.V.を非開示金額で買収した[3]。2013年5月13日、Amazon.comはサムスン電子からリクアビスタを買収することを確認した[4]

参考文献[編集]

  1. ^ TI works with Liquavista on OMAP e-reader support
  2. ^ Hoffelder, Nate (2012年3月21日). “Samsung's ElectroWetting Screen Tech to Hit Mass Production Next Year”. The Digital Reader. 2016年4月3日閲覧。
  3. ^ アマゾン、特殊ディスプレイ技術のリクアビスタをサムスンから買収
  4. ^ Hoffelder, Nate (2013年5月13日). “Confirmed: Amazon Bought Liquavista - Color Kindle to Follow?”. The Digital Reader. 2016年4月3日閲覧。

詳細情報[編集]