リサ・ラッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リサ・ラッツ
(Lisa Lutz)
LisaLutz.jpg
誕生 (1970-03-13) 1970年3月13日(47歳)
アメリカ合衆国の旗 南カリフォルニア
職業 作家、脚本家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

リサ・ラッツLisa Lutz1970年3月13日 - )は、アメリカ合衆国の作家。代表作は家族皆が探偵のスペルマン家シリーズ。

経歴[編集]

1970年南カリフォルニア生まれ。カリフォルニア大学サンタクルーズ校カリフォルニア大学アーバイン校イングランドリーズ大学サンフランシスコ州立大学で学ぶ(いずれの大学も学位は取得していない)[1]1990年代は、私立探偵など低収入の仕事をしながら、"Plan B" という大衆コメディの脚本を書いていた[2]。同作は2000年の作品で、『バラエティ』誌で「回りくどくて面白くない (torturously unfunny) 」と評された[3]2004年、カリフォルニアで処女作『門外不出 探偵家族の事件ファイル』(原題:Spellmans Files )に取りかかり、雪降るニューヨークで完成させた。その後、西海岸に戻り第2作の執筆を始める。現在はサンフランシスコに暮らしている[4]

作品について[編集]

スペルマン家シリーズは、探偵事務所を経営する仲の良いものの疑り深い家族が互いを調べ合う(盗聴や尾行)のに時間を費やしている。第1作『門外不出 探偵家族の事件ファイル』では14歳のレイ・スペルマンが誘拐されるサスペンスフルな物語である。

2008年、同作はアレックス賞を受賞し、アンソニー賞新人賞[5]マカヴィティ賞新人賞[6]バリー賞新人賞[7]ディリス賞にノミネート、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストで第27位にランクインした[8]

パラマウント映画は、プロデューサー:ローラ・ジスキン[9]、監督:バリー・ソネンフェルド[10]で映画化の権利を得た。

スペルマン・シリーズ第2作"Curse of the Spellmans"2009年アメリカ探偵作家クラブエドガー賞 長編賞にノミネートされた[11]

著作[編集]

# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年月
日本の旗
訳者 レーベル 日本の旗
1 門外不出 探偵家族の事件ファイル The Spellman Files 2007年 2007年6月 清水由貴子 ソフトバンク文庫
2 Curse of the Spellmans 2008年
3 Revenge of the Spellmans 2009年
4 The Spellmans Strike Again 2010年
5 Heads You Lose
(デイヴィッド・ヘイワードとの共著)
2011年
6 Trail of the Spellmans 2012年

出典[編集]

  1. ^ Lisa Lutz at La Jolla Writer's Conference”. 2008年5月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月8日閲覧。
  2. ^ http://www.imdb.com/title/tt0249082/ Plan B at IMDB
  3. ^ Other Works”. Lisalutz.com. 2012年2月27日閲覧。
  4. ^ Lisa Lutz Biography”. Lisalutz.com. 2012年2月27日閲覧。
  5. ^ Anthony Awards”. 2008年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年8月5日閲覧。
  6. ^ Macavity awards”. Mysteryreaders.org. 2012年2月27日閲覧。
  7. ^ Barry awards”. Deadlypleasures.com (2008年10月9日). 2012年2月27日閲覧。
  8. ^ http://www.nytimes.com/2007/04/08/books/bestseller/0408besthardfiction.html Hardback bestsellers April 8 2008
  9. ^ http://www.imdb.com/name/nm0527588/ Lisa Lutz on IMDB
  10. ^ Fleming, Michael (2009年4月1日). “Sonnenfeld takes 'Spellman Files'”. Variety. 2012年2月27日閲覧。
  11. ^ Edgar Nominees”. Theedgars.com. 2012年2月27日閲覧。