リザーブマッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リザーブマッチは、格闘技のトーナメント方式において、負傷による出場辞退などに備えて行う試合のことである。

主にK-1 GPやPRIDE GP決勝戦のようなワンデイトーナメントが開催されるときに、たいてい第1試合、つまりトーナメントが始まる前に行われる(たまに例外あり)。 もし、どこかの試合で勝った選手が負傷等で出場を辞退すれば、その選手に代わりにトーナメントに参加が出来る。

K-1では、度々リザーバーがトーナメント本選に出場するが、PRIDEで、リザーバーがトーナメント本選に出場した例は2007年2月現在、1度もない。(PRIDE 武士道 -其の十三-において、パウロ・フィリォが負傷により決勝戦を棄権する事例があったが、トーナメントルールにより決勝に進出したのは、リザーブマッチを勝ち抜いたゲガール・ムサシではなく三崎和雄だった。)

主なリザーブマッチ経験選手

PRIDE

今日は何の日(2月27日

もっと見る

「リザーブマッチ」のQ&A