リジェ・JS21

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
リジェ・JS21
カテゴリー F1
コンストラクター フランスの旗 リジェ
デザイナー フランスの旗 クロード・ギャロパン
フランスの旗 ミッシェル・ポイジョン
主要諸元
シャシー モノコック
エンジン フォード コスワース DFV, 3.0リッター, 495馬力 90度 V8, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド FGB 5速
重量 540kg
燃料 エルフ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム エキップ・リジェ ジタン
ドライバー フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ
ブラジルの旗 ラウル・ボーセル
初戦 ブラジルの旗 1983年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
15 0 0 0
テンプレートを表示

リジェ・JS21は、リジェチームが1983年シーズンF1参戦に用いたフォーミュラカーである。

1983年になるとチームはドライバーのラインナップを変更する。ジャン=ピエール・ジャリエラウル・ボーセルがJS21をドライブすることとなった。

マトラが撤退し、再びDFVエンジンを使用することとなる。マシンの形状はサイドポンツーンが無い特異な形状であった。サスペンションにもシトロエン製のハイドロニューマチックシステムを搭載し意欲的なマシンとして投入されたJS21であったが、目立った結果を残すことはできず、チームは初のシーズン獲得ポイント0となった。

F1における全成績

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1983年 JS21 フォード コスワース
DFV
3.0 V8
M BRA
ブラジルの旗
USW
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
USE
アメリカ合衆国の旗
CAN
カナダの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
EUR
欧州連合の旗
RSA
南アフリカ連邦の旗
0 -
25 フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャリエ Ret Ret 9 Ret Ret Ret Ret Ret 10 8 7 Ret 9 DNS 10
26 ブラジルの旗 ラウル・ボーセル Ret 7 Ret 9 Ret 13 10 Ret Ret Ret DNQ 10 DNQ 15 NC


参照