リジェ・JS27

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リジェ・JS27
カテゴリー F1
コンストラクター リジェ
デザイナー ミッシェル・テツ
ミッシェル・ポイジョン
先代 リジェ・JS25
後継 リジェ・JS29
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ケブラー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
トレッド 前:1,790 mm (70 in)
後:1,662 mm (65.4 in)
ホイールベース 2,835 mm (111.6 in)
エンジン ルノー・ゴルディーニ EF15, 1,492 cc (91.0 cu in), 90度 V6, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション リジェ / ヒューランド 5速 MT
重量 545 kg (1,200 lb)
燃料 エルフ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム エキップ・リジェ
ドライバー 25. フランスの旗 ルネ・アルヌー
26. フランスの旗 ジャック・ラフィット
26. フランスの旗 フィリップ・アリオー
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1986年ブラジルグランプリ
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
16 0 0 0
テンプレートを表示

リジェ・JS27は、ミッシェル・テツが設計したF1マシンで、1986年リジェチームによって使用された。

JS27[編集]

前年型リジェ・JS25の後継車として開発し、エンジンも昨年同様ルノーを搭載し、タイヤも同じくピレリを装着。

開幕戦でジャック・ラフィットが3位、ルネ・アルヌーが4位とダブル入賞し、前半戦では活躍を見せるが、ラフィットが第9戦イギリスグランプリで負傷し、最多出場記録の更新を前に引退に追い込まれた。

中盤からマシン等の開発が進まず、入賞圏外に埋もれがちとなり、ラフィットの代役でF1復帰したフィリップ・アリオー第15戦メキシコグランプリで記録した6位のみで終わった。それでも計12回も入賞し、コンストラクターズ5位と、ルノーユーザーではロータスに次く好成績を残した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名 ルノーEF15B,15C
  • 気筒数・角度 V型6気筒ターボ・90度
  • 排気量 1,500cc
  • 燃料・潤滑油 エルフ

F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1986年 エキップ・リジェ ルノー・ゴルディーニ EF15
V6 t/c
P BRA
ブラジルの旗
ESP
スペインの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
BEL
ベルギーの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
AUT
オーストリアの旗
ITA
イタリアの旗
POR
ポルトガルの旗
MEX
メキシコの旗
AUS
オーストラリアの旗
29 5th
ルネ・アルヌー 4 Ret Ret 5 Ret 6 Ret 5 4 4 Ret 10 Ret 7 15 7
ジャック・ラフィット 3 Ret Ret 6 5 7 2 6 Ret
フィリップ・アリオー Ret 9 Ret Ret Ret 6 8
  • コンストラクターズランキング5位。
  • ドライバーズランキング8位(ルネ・アルヌー)
  • ドライバーズランキング8位(ジャック・ラフィット)
  • ドライバーズランキング18位(フィリップ・アリオー)

参照[編集]