リストカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

リストカットとは、刃物を用いて主に手首をつける自傷行為をいう[1]。 リスカと略されることもある。 を傷つけるアームカットという言葉や足を傷つけるレッグカットという言葉も存在する。これはアムカ、レグカと略されることがある。

用語[編集]

1960年代から、アメリカでリストカットが流行し、1972年にはRosenthalらが、 wrist-cutting syndromeと初めて記載したとされる[2]

日本では手首 (wrist) を切る (cut) ことからリストカットと呼ばれる。また、それを略して「リスカ」と、リストカットをする者の事は「リストカッター」または「リスカー」と呼ぶことがある。また、日本では腕を傷つけることをアームカット(arm cut、略して「アムカ」)、脚を傷つけることをレッグカット(leg cut、略して「レグカ」)という。なお、英語では身体の部位に関わらず、単に「カッティングcutting)」と呼ばれているが、カッティングという言葉自体は自傷行為を指すとは限らないため注意が必要である。

概説[編集]

リストカットは、言語化できない鬱積したストレスの表現方法の一つである[1]という説がある。ストレスを言語化して相手に伝えられない場合、「行動化」や「身体化」という形でストレスを発露する。「行動化」にはを歌ったりスポーツをすることなどが分類される。これらは健康な行動化とされる[1]が、その一方で犯罪や非行に走るという形での「行動化」もある[1]。一方で身体化は、円形脱毛症自律神経失調症など、身体でストレスを表出することで発露する方法である[1]

「誰かの気を惹くために」行われるアピール的な行動とみられることも多いが、実際のところはそのようなエビデンスは存在せず、むしろ96%以上の人間は自傷を一人きりで行い、誰にも告白せず、ストレスもろとも一人で抱え込むことが多いと指摘されている[3]

リストカットをしていることの露見を強く恐れる者は、アームカットや腹部など基本的に露出しない部位に対して行うこともある。

リストカット自体の致死性は極めて低い[4]松本俊彦による調査では、リストカットをする理由として最も多いのは「不快感情への対処」(55%)であり、以下「自殺の意図」(18%)「操作・意思伝達」(18%)「その他」(9%)と続く[4]

実際、自傷直後に脳内における内因性オピオイドの分泌が急激に高まることを明らかにした研究があり、リストカッターがしばしば証言するように「切ると気分が落ち着く、すっきりする」といった感情的苦痛を変容させる効果があることが示唆されている。[5]

一方、小学校高学年から中学1、2年にかけての若年で始まるリストカットは「自殺の意図」であることが多い[4]

治療[編集]

基本的には数多くある自傷行為と同じである。

援助の方針[編集]

心構えとして、"Respond medically, not emotionally"(感情的に対処するな、医学的に対処せよ)が重要となる。[6]

リストカットのような自傷は見た目のインパクトが強く、目撃者に強い感情を呼び起こし、怖がる、怒る、泣く、叱責するなどの行為を感情的かつ短慮に行ってしまいがちである。

こうした反応は自傷を悪化させ、二次的なアピールを目的としたリスカにすり替わるおそれもある。

そこで、まずは気持ちを落ち着かせ、冷静な外科医のように傷を観察・必要な手当てを粛々と実行し、自傷に至った原因を冷静に推測・分析し、これに対処しなければならない。

自傷の治療法・参考文献[編集]

  • 自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント -

関連書籍[編集]

  • Ibasyo 自傷する少女たち“存在の証明"(岡原功祐)ISBN 4875024908
  • 卒業式まで死にません(南条あや)ISBN 4-10-142021-1
  • EXIT (雨宮処凛) ISBN 4104638013
  • 夜回り先生(水谷修)ISBN 4-921132-54-2
  • CUTTING リストカットする少女たち(スティーブン・レベンクロン)ISBN 4-08-760479-9
  • 生きちゃってるし、死なないし (今一生)ISBN 4-7949-6499-4
  • 魂の声 リストカットの少女たち 私も『リスカ』だった(小国綾子)ISBN 4062129205
  • ライフすえのぶけいこ) ISBN 4063414337

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 内田伸子 2006, pp. 202-203.
  2. ^ 角丸 歩「大学生における自傷行為の臨床心理学的考察」『臨床教育心理学研究』第30巻第1号、関西学院大学臨床教育心理学会、2004年、 89-105頁、 NAID 110002558472
  3. ^ 自傷行為治療ガイド. Walsh, Barent W., Matsumoto, Toshihiko, 1967-, Yamaguchi, Akiko., Kobayashi, Oji., 松本, 俊彦, 1967-, 山口, 亜希子. Kongo Shuppan. (2007.3). ISBN 978-4-7724-0956-8. OCLC 676079620. https://www.worldcat.org/oclc/676079620 
  4. ^ a b c 松本俊彦「インタビュー リストカットの基本的な知識と学校での対応」『月刊学校教育相談』第24巻第3号、学校教育相談研究所、 4-13頁、 NAID 40016910945
  5. ^ Coid, Jeremy; Allolio, Bruno; Rees, L. H. (1983-09-03). “RAISED PLASMA METENKEPHALIN IN PATIENTS WHO HABITUALLY MUTILATE THEMSELVES” (English). The Lancet 322 (8349): 545–546. doi:10.1016/S0140-6736(83)90572-X. ISSN 0140-6736. https://doi.org/10.1016/s0140-6736(83)90572-x. 
  6. ^ 自分を傷つけずにはいられない 自傷から回復するためのヒント. Matsumoto, Toshihiko, 1967-, 松本, 俊彦, 1967-. Kodansha. (2015.2). ISBN 978-4-06-219316-0. OCLC 905899176. https://www.worldcat.org/oclc/905899176 

参考文献[編集]

関連項目[編集]