リス君は歌姫がお好き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リスの音楽合戦
リス君は歌姫がお好き
Two Chips and a Miss
監督 ジャック・ハンナ
脚本 ニック・ジョージ
ビル・バーグ
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 ジム・マクドナルド
音楽 ジョセフ・デュビン
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年3月21日
上映時間 約7分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 リスとヒヨコ
次作 リスの大手柄
テンプレートを表示

リスの音楽合戦』(リスのおんがくがっせん)または、『リス君は歌姫がお好き』(リスくんはうたひめがおすき、原題:Two Chips and a Miss)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画。公開は1952年3月21日チップとデールの短編映画シリーズの一作品である。

あらすじ[編集]

ニューヨークの街の郊外に住むチップとデール。街の喧騒をよそに、お互いさっさと寝ようと言い寝床に入る2人だが、チップは枕元に隠していたナイトクラブの歌姫・クラリスから今夜会いたいという手紙を取り出す。デールは夢遊病で起き出しどこかへ出て行ってしまい、その隙にチップはきっちりと正装に着替え、揚々とクラブへ出かけた。一方、夢遊病と思われたデールも、周りに誰もいないことを確認し正装に着替える。デールもまたクラリスから手紙を受け取っていたのだ。クラリスの楽屋前で2人は鉢合わせし、クラリスの目の前で大喧嘩を始める。

そんな中、クラリスのステージが始まる。ステージ中何度も目配せするクラリスに興奮するチップとデール。クラリスが客席に投げた花に思わず飛びつき、ついに2人はステージに上がりこむ。そこでチップがステージにあったピアノの演奏を始め、クラリスはチップの演奏に合わせて歌う。対してデールも負けじと鉛筆マッチ箱のコントラバスで応戦。感激したクラリスはチップとデールに熱いキスを浴びせ、最後にみんなで一緒に歌う。そして、左右を挟んでの二人同時のキスをしゃがんでかわし、チップとデールが熱いキスを交し合うのを見て、三人一緒に大笑いするのだった。

スタッフ[編集]

登場キャラクター[編集]

使用楽曲[編集]

  • My Destiny (原曲:ビリー・エクスタイン英語版) - クラリスの歌唱曲
  • Little Girl (原曲:(ウィスパリング)ジャック・スミス英語版) - 最後に3人で歌う曲

日本での公開[編集]

収録[編集]

  • 『ゆかいな仲間たち ミッキーに夢中』(VHS、ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • 「夢と魔法の宝石箱ドナルドといたずらギャング」
  • 『ハロー! チップとデールがやってきた!!』(VHS、ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント)
  • 『ハロー! チップとデールがやってきた!!』(DVD、ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント)

参考文献・外部リンク[編集]