リソースメーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

リソースメーターとは、Windows 9x系に付属している、システムリソースの残量を確認するためのアプリケーションである。

リソースメーターは以下の情報百分率で表示する。

  • システムリソース(User、GDIリソースのうち少ない方を指す)
  • Userリソース
  • GDIリソース

起動しているときはタスクトレイビーカーのようなアイコンが表示され、システムリソースの残量をビーカーに入った水のように表している。 通常は緑色だが、システムリソースの残りが少なくなると黄色になる。極端に少なくなると赤色になり、警告が表示される。