リゾートやまどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
国鉄485系電車 > リゾートやまどり
リゾートやまどり

リゾートやまどりは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2011年平成23年)以降に保有している鉄道車両電車)で、ジョイフルトレインと呼ばれる車両の一種である。

本項では「リゾートやまどり」への改造前の「やまなみ」「せせらぎ」についても解説する。

リゾートやまどり[編集]

「群馬デスティネーションキャンペーン」開催に合わせて、JR東日本高崎支社の新しい観光列車として2011年に運行を開始した、高崎車両センター所属の485系電車によるジョイフルトレインである。編成番号はYD01。名称は、群馬県の県鳥「ヤマドリ」に由来する。

車両[編集]

後述する「やまなみ」のMM'ユニットと「せせらぎ」編成を種車に東急車輛製造で改造施工をした6両編成[1][2]

YD01編成
← 上野・新宿
前橋・長野原草津口 →
号車番号 1 2 3 4 5 6
車両番号 クハ484-703

(クロ484-7)

(クハ481-1107[3]
モハ484-703

(モロ484-10)

(モハ484-58)
モハ485-703

(モロ485-8)

(モハ485-58)
モハ484-704

(モロ484-11)

(モハ484-1071)
モハ485-704

(モロ485-9)

(モハ485-1071)
クハ485-703

(クロ485-5)

(クハ481-1105[4]
旧編成 せせらぎ やまなみ せせらぎ

運用[編集]

高崎線上越線武蔵野線などを拠点として、関東周辺への臨時観光列車を運転している。

2011年夏は、吾妻線臨時快速「リゾートやまどり」や新宿 - 長野原草津口間の臨時特急リゾート草津」にも投入された[5]。座席は普通車指定席として発売されている。

運用区間(2015年以降)
  • 快速・リゾートやまどり:大宮 - (高崎線) - 高崎 - (上越線) - 渋川 - (吾妻線) - 長野原草津口
    • 大宮から先、武蔵野線経由で八王子まで延長する「はちおうじやまどり」、新習志野まで延長する「しもうさやまどり」もある。
  • 快速・やまどりもぐら・やまどりループ:水上 - (上越線) - 越後湯沢
    • 越後湯沢行きが「やまどりもぐら」、水上行きが「やまどりループ」となる。水上から先、上尾まで延長する「谷川もぐら」「谷川ループ」もある。
  • 快速・たんばらラベンダー号: 上野 - (東北本線) - 大宮 - (高崎線) - 高崎 - (上越線) - 沼田
  • 快速・谷川岳紅葉号:新潟 - (信越本線) - 長岡 - (上越線) - 水上
  • 快速・伊豆いで湯やまどり:高崎 - (高崎線) - 大宮 - (湘南新宿ラインまたは武蔵野線[6]) - (鶴見駅) - 横浜 - (東海道線) - 熱海
  • 快速・新春初詣やまどり:高崎 - (高崎線) - 大宮 - (武蔵野線) - (中央本線) - 高尾
  • 快速・リゾートやまどり富士山:高崎 - (高崎線) - 大宮 - (武蔵野線) - (中央本線) - 大月 - (富士急行線) - 河口湖
  • 快速・リゾートやまどり藤祭り:大宮 - (高崎線) - 高崎 - (上越線) - 新前橋 - (両毛線) - 佐野
  • 快速・ライトアップ藤祭り:大宮 - (高崎線) - 高崎 - (上越線) - 新前橋 - (両毛線) - 佐野 (※2017年5月2日のみ運行)
  • 快速・足利イルミネーション:大宮 - (東北本線) - 小山 - (両毛線) - 足利            (※12月の土休日・1月上旬のみ運行)
過去の運用区間
  • 快速・ググっとぐんまやまどり: 上野 - (東北本線) - 大宮 - (高崎線) - 高崎 - (上越線) - 新前橋 - (両毛線) - 桐生
  • 特急・リゾート草津: 新宿 - (湘南新宿ライン) - 大宮 - (高崎線)- 高崎 - (上越線) - 渋川 - (吾妻線) - 長野原草津口

やまなみ[編集]

やまなみ

やまなみは、老朽化した12系客車改造の和風客車「くつろぎ」の代替として、1999年平成11年)に大宮工場(現・大宮総合車両センター)で485系電車から改造。編成番号はTG10。

コンセプトは「ハイグレードな日本調空間」。後述の「せせらぎ」と併結運転が可能であった。

2010年12月で営業運転を終了し、2011年1月に中間電動車ユニットのみが「リゾートやまどり」に改造のため東急車輛製造に入場。同年5月に「リゾートやまどり」となって出場した。

残った先頭車2両(クロ485-4・クロ484-6)は引き続き、高崎車両センターに留置されたが、2012年春に開催された「いわてデスティネーションキャンペーン」に際して盛岡支社管内で観光列車を運行する計画が発表され、2011年12月に郡山総合車両センターへ入場。観光列車用として特急「つがる」等で運用されていたモハ485・484-3014と組成した4両編成の「ジパング」に再改造された[7][8]

せせらぎ[編集]

せせらぎ

老朽化した12系客車改造の和風客車「やすらぎ」の代替として、2001年に郡山工場(現・郡山総合車両センター)で485系電車から改造された。編成番号はTG11。

前述の「やまなみ」と併結運転が可能であり、号車番号は「やまなみ」の1 - 4号車に続く形で5 - 8号車とされていた。2010年1月一杯で営業運転を終了し、同年7月12日から2011年2月10日にかけて「リゾートやまどり」に改造された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「リゾートやまどり」が出場 - 『鉄道ファン』railf.jp 鉄道ニュース(交友社) 2011年2月11日
  2. ^ ジョイフルトレイン "やまどり" 東急車輛出場 - 鉄道ホビダス RMニュース(ネコ・パブリッシング) 2011年2月16日
  3. ^ サロ181-1104→サロ481-1504→クハ481-1107
  4. ^ サロ181-1102→サロ481-1502→クハ481-1105
  5. ^ ジョイフルトレイン・イベント列車の運転について (PDF) - 東日本旅客鉄道高崎支社 2011年5月20日(2011年10月27日時点のアーカイブ
  6. ^ 上野東京ライン(上野 - 鶴見間)経由の運用は過去にはない。
  7. ^ 485系車両を大幅リニューアル!!平泉世界遺産登録を記念した改造車両を運行!愛称募集 (PDF) - 東日本旅客鉄道盛岡支社プレスリリース 2011年12月20日[リンク切れ]
  8. ^ 新ジョイフルトレイン 愛称決定! (PDF) - 東日本旅客鉄道盛岡支社プレスリリース 2012年2月13日[リンク切れ]

参考文献[編集]