リゾートビューふるさと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リゾートビューふるさと
ナイトビュー姨捨
リゾートビューふるさと ナイトビュー姨捨
リゾートビューふるさと
ナイトビュー姨捨
テンプレートを表示

リゾートビューふるさとは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が長野駅 - 南小谷駅間を松本駅経由で運行している臨時快速列車

本項では、派生列車として2012年4月20日から長野駅 - 姨捨駅間を運行している臨時快速列車「ナイトビュー姨捨」についても記述する。

リゾートビューふるさと[編集]

リゾートビューふるさと
運行者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
列車種別 快速列車
運行区間 長野駅 - 松本駅 - 南小谷駅
経由線区 信越本線篠ノ井線大糸線
使用車両 HB-E300系気動車
長野総合車両センター
運行開始 2010年10月2日
備考 臨時列車扱い
テンプレートを表示

2010年10月2日信州デスティネーションキャンペーンに合わせて運行が開始された。

キャッチコピーは「ゆとりとおもてなしのリゾートトレイン

列車名の「リゾートビューふるさと」は、列車が運行する沿線の山々、川や湖、空、里山など、日本の「ふるさと」を思い起こさせる美しい風景と、多くの人々の出会いがつながる旅を創り出せる列車をイメージして名づけられた。

全車指定席。1日1往復運行。年間を通して土曜日休日[1]を中心に運転するが、夏休みや年末年始など毎日運転する期間もある[2]

走行区間のうち、長野 - 松本間(信越本線・篠ノ井線)は、路線運営側では同列車を含め松本方面に向かう列車が上り、長野方面に向かう列車が下りだが、同列車側では同区間走行時を含め長野発南小谷行きを下り(往路)、南小谷発長野行きを上り(復路)としている[2]。この項では、長野発南小谷行きを往路、南小谷発長野行きを復路として記述する。

日本三大車窓として知られる篠ノ井線稲荷山駅 - 姨捨駅間や大糸線の一部区間では徐行運転を行う。また往路は穂高駅に27分間停車し、停車時間中に「日本アルプスの総鎮守」として知られる穂高神社を参拝することが可能で、参拝希望者のために列車の到着にあわせて同神社の巫女が出迎え、案内を行う[3]

往路では、土・休日を中心に「車内でのおもてなしイベント」として、地元自治体関係者や有志などが、地元に伝わる民話の語りや郷土芸能を披露するイベントがあり、この模様は車内モニターでも流される[4][2]。このほかにも、車内や停車駅で季節に応じた各種イベントが開催されている[5][6][7][8]

同列車には、リゾートアテンダントと呼ばれる客室乗務員が乗務し、観光案内や車内販売等を行っている。2011年4月から大糸線内はワンマン運転となっているが、リゾートアテンダントは車内改札や車内での切符の発売は原則として行わない[9]。また、車内販売には原則として駅弁の積み込みを行わないため、駅弁購入希望者は長野発南小谷行き・南小谷発長野行きともに松本駅到着前までにリゾートアテンダントに予約注文する必要がある。

同列車に乗務する車掌は、JR東日本の新幹線同様に、あらかじめ座席指定券に印字されている座席に座れば車内改札は行わないが、車内改札用のスタンパーが「リゾートビューふるさと」専用のスタンプとなっており、車掌に申し出ると捺印してくれる。

1号車の車内には、記念スタンプや観光地のみどころなどが記載された乗務員手作りのガイドブックが備えつけられている[10]

使用車両[編集]

HB-E300系気動車2両編成(長野総合車両センター所属)[2]

停車駅[編集]

長野駅 - 篠ノ井駅 - 姨捨駅 - 明科駅[11] - 松本駅 - 穂高駅 - 信濃松川駅[12] - 信濃大町駅 - 白馬駅 - 南小谷駅

担当乗務員区所[編集]

ナイトビュー姨捨[編集]

ナイトビュー姨捨
運行者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
列車種別 快速列車
運行区間 長野駅 - 姨捨駅
経由線区 信越本線篠ノ井線
使用車両 HB-E300系気動車
(長野総合車両センター)
運行開始 2012年4月20日
備考 臨時列車扱い
テンプレートを表示

前述の姨捨駅や車窓からの夜景を鑑賞するための列車として、「リゾートビューふるさと」の間合い運用を利用し、2012年4月20日に長野駅 - 姨捨駅間で運行が開始された。全車指定席。1日1往復運行。

この列車専用の特別企画乗車券も発売され、長野駅や篠ノ井駅から短時間且つ安価でリゾート列車の旅を楽しめることから、満席になることが多い列車である。車内では「リゾートアテンダント」が観光案内・車内販売業務を行い、特製弁当も発売された。終点の姨捨駅では、地元のボランティアガイドが夜景の案内を行い、地元の有志による民話の語りの披露、味噌汁や甘酒の振る舞いも行われた[16]ほか、2013年度までは姨捨駅の窓口では特製プレートも発売され、プレートを買った人にはオリジナルの乗車証明書がプレゼントされた。復路では、姨捨駅発車後に善光寺平の夜景を鑑賞するため、車内を減光するサービスを行った。

2015年(平成27年)7月27日に「日本夜景遺産(施設型夜景遺産)」に認定された[17]。鉄道での認定は静岡県岳南電車に続き2例目となる[18][19]

例年、4月から9月の週末を中心に運転され、姨捨観月祭と重なる9月の週には「ナイトビュー姨捨(中秋の名月号)」として運転される。

使用車両[編集]

HB-E300系気動車2両編成(長野総合車両センター所属)

停車駅[編集]

長野駅 - 篠ノ井駅 - 姨捨駅

担当乗務員区所[編集]

  • 車掌・運転士
    • 長野 - 姨捨間 : 長野総合運輸区

沿革[編集]

  • 2010年10月2日:運行開始。
  • 2011年
  • 2012年
    • 4月20日:長野駅 - 姨捨駅間で「ナイトビュー姨捨」運行開始。
    • 9月8日:この日の運行をもって乗車人員5万人を達成[6]
  • 2013年3月16日ダイヤ改正に併せ停車駅の見直しを行い、往路のみ海ノ口駅への停車を開始。
  • 2014年7月4日:停車駅の見直しを行い、夏期シーズン・往路のみ明科駅への停車を開始する。
  • 2015年
    • 6月6日:この日の運行をもって乗車人員10万人を達成[23]
    • 7月27日:「ナイトビュー姨捨」が日本夜景遺産(施設型夜景遺産)に認定[19]
  • 2016年7月1日:停車駅の見直しを行い、夏期シーズン・往路のみ停車していた明科駅に復路も停車するようになる。
  • 2017年3月4日:ダイヤ改正に併せ停車駅の見直しを行い、新規に篠ノ井駅への停車を開始。乗降客減少のため海ノ口駅は通年通過扱いとなる。

脚注[編集]

  1. ^ 毎月第3週は、車両運用の都合により運転を行わない日がある。
  2. ^ a b c d 楽しい列車ポータル.リゾートビューふるさと HB-E300系”. 東日本旅客鉄道. 2016年5月26日閲覧。
  3. ^ 列車遅延時は、巫女の出迎え等を行わないことがある。
  4. ^ 車内イベント紹介 - リゾートビューふるさと専用ホームページ
  5. ^ “「リゾートビューふるさと」でミニコンサートを開催します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・長野支社, (2012年8月28日), オリジナルの2013年9月27日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130927131441/http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/120829.pdf 2016年5月26日閲覧。 
  6. ^ a b “リゾートビューふるさと5万人達成大感謝祭収穫祭イベントを開催します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・長野支社, (2012年11月8日), オリジナルの2013年9月27日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130927131438/http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/121108-2.pdf 2016年5月26日閲覧。 
  7. ^ “年末年始は「リゾートビューふるさと」で白銀の信州を楽しもう!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・長野支社, (2012年12月13日), オリジナルの2013年3月17日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130317180201/http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/121213.pdf 2016年5月26日閲覧。 
  8. ^ “快速リゾートビューふるさと お客さま感謝祭2013春を開催します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・長野支社, (2013年5月31日), オリジナルの2013年6月26日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130626042043/http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/130531.pdf 2016年5月26日閲覧。 
  9. ^ 車内に運賃箱が設置されていないことや全車指定席という列車の特性上、ワンマン運転区間でも車掌が乗務し車内改札や車内精算を行う。
  10. ^ ファイル形式のため、閲覧専用となっており持ち帰りはできない。
  11. ^ 夏期運転日(7月から9月)以外は通過する。
  12. ^ 信濃松川駅から至近にある安曇野ちひろ美術館へのアクセスとして停車するため、同美術館が冬季休館する12月から2月の運転日は通過する。
  13. ^ 2019年3月ダイヤ改正について - 東日本旅客鉄道 長野支社 (2018年12月14日)
  14. ^ 車窓見学のため運転停車は引き続き行う
  15. ^ 夏期は営業停車をするため除外。
  16. ^ “快速「ナイトビュー姨捨」を運転します!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2012年2月24日), オリジナルの2012年4月20日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120420150304/http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/120224_1.pdf 2016年5月26日閲覧。 
  17. ^ 2015年度「日本夜景遺産」新規認定地発表!”. 日本夜景遺産 (2015年7月27日). 2015年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月26日閲覧。
  18. ^ 恵 知仁 (2015年7月31日). “快速列車「ナイトビュー姨捨」が「日本夜景遺産」に”. 乗りものニュース (メディア・ヴァーグ). オリジナルの2015年8月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150802054657/http://trafficnews.jp/post/42012/ 2016年5月26日閲覧。 
  19. ^ a b “快速ナイトビュー姨捨が日本を代表する夜景として「日本夜景遺産」に認定されました” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・長野支社, (2015年7月30日), オリジナルの2015年8月6日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150806235540/http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/150730-2.pdf 2016年5月26日閲覧。 
  20. ^ “リゾートビューふるさと運転車両の変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・長野支社, (2011年3月17日), オリジナルの2011年3月23日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110323183219/http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/110317.pdf 2016年5月26日閲覧。 
  21. ^ a b “リゾートビューふるさと運転車両の変更について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・長野支社, (2011年3月23日), オリジナルの2011年3月24日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110324111123/https://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/110323.pdf 2016年5月26日閲覧。 
  22. ^ “「リゾートビューふるさと」デビュー1周年記念入場券(硬券)を発売します” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・長野支社, (2011年9月16日), オリジナルの2011年10月12日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111012173311/http://www.jreast.co.jp/NAGANO/pdf/110916_3.pdf 2016年5月26日閲覧。 
  23. ^ “リゾートビューふるさとはおかげさまでご利用10万人を達成しました!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道・長野支社, (2015年6月11日), オリジナルの2015年7月13日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150713042635/http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/150611.pdf 2016年5月26日閲覧。