リタッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リタッチ(英:retouch)とは、野球用語の一つ。走者が、規則により帰塁すべきへ帰る行為をいう[1]

概要[編集]

打者飛球(フライまたはライナーの打球)を打ち、これを野手捕球した場合、走者は投球当時に占有していた塁まで戻り、これに触れ直さなければならない。これを走者のリタッチの義務という。走者が一旦リタッチを果たせば、その後に離塁して次塁への進塁を試みる(タッグアップ)ことは差し支えない。

打者が飛球になった際に走者が離塁してよいのは、野手が最初に飛球に触れた時点である。この時点またはそれ以後に走者が投球当時の占有塁に触れておれば、走者はリタッチの義務を果たしたことになる。従って、タッグアップを試みる走者は、飛球が野手に捕球される前に予め帰塁しておき、触塁した状態で待機し、捕球もしくは野手が最初に飛球に触れたタイミングで塁を離れるようにすれば、リタッチの義務を果たしつつ早いスタートを切ることができる。これに対し、塁の後方から走り出して、途中で塁に触れて次塁へ向かう(フライングスタート)のは、正規のリタッチとは認められない。[2]

リタッチの義務を果たしていない走者は、守備側のアピールによってアウトになる。[3]

  • 走者が正しくリタッチを果たす前に、野手がその走者の身体もしくはその走者がリタッチを果たすべき塁に触球した場合。
    • ライナーの打球を内野手が捕球した場合のように、離塁していた走者が帰塁する時間が無い場合。外野への飛球でも、野手が捕球できないであろうと判断して次塁へスタートしてしまった場合などで発生する。
  • 走者がタッグアップによる進塁を試みた際に、野手が飛球に触れるよりも早く走者が離塁してしまった場合。

飛球が捕球された際に離塁していた走者が、次塁に触れてさらに先へ進んでしまっている場合は、それらの既に通過した塁も順番に触れ直した上で投球当時の占有塁まで戻らなければならない[4][5]。途中の塁を空過して投球当時の占有塁に戻ってしまった場合は、守備側からのアピールがあれば走者はアウトになる。[6]

下記はいずれも、日本プロ野球において外野フライを捕球された後に一塁走者が二塁に触れずに一塁に帰ってしまったためにアピールアウトになった例。(所属チーム名は当時のもの)

ファウルチップ[編集]

捕手によって正規に捕球されたファウルチップは、飛球の捕球ではない。従って、盗塁が敢行された時にファウルチップが起こっても、リタッチの義務は発生しない。

捕手によって捕球されなかったものは、ファウルチップではなくファウルボールである。

ファウルボール時の帰塁[編集]

ファウルボールが捕球されなかった場合に、ボールデッドとなって走者が投球当時の占有塁に戻ることもリタッチと呼ぶ。球審は走者全員のリタッチを確認するまでボールインプレイの状態にしてはならない[9]。この場合は、途中の塁を踏まずに投球当時の占有塁に戻ってよい[4]

帰塁しなければならない塁の基準[編集]

公認野球規則5.09(b)(5)に、

フェア飛球、ファウル飛球が正規に捕らえられた後、走者が帰塁するまでに、野手に身体またはその塁に触球された場合。(走者はアウトになる)

と示されている。「投手の投球当時」とは具体的にいつかについては、公認野球規則には明記がないが、MLB審判マニュアルにおいて、投球当時とは、「投手が打者への投球動作を開始し、規則により、打者へ投球する以外にできなくなったとき」と定義されている。

日本においてもプロはMLBと同様の解釈を採っているが、アマチュア野球では2014年まで「投手が軸足を投手板上に位置したとき(オン・ザ・ラバー)」という解釈が採られていた。現在のMLBと同じ解釈に改められたのは2015年(新解釈の適用開始は2016年から)である。

基本的走塁法[編集]

野球において投手が投球モーションに入ったら、走者はハーフウェーまでリードを取って打撃を見届けるべきである。特に一塁走者がこの走塁法を怠ると、フォースアウトの可能性が増大して危険である。その一方で、エンドランの様にハーフウェーに止まる事無く占有塁から離れすぎるとアピールアウトの可能性が増大して危険である。

ただしソフトボールにおいては、投手が打者へ投球するまで、走者の離塁は禁じられている。

リタッチを考慮した基本的走塁法として、一般的に走者はハーフウェーで打撃を見届けた後に次の様な走塁を敢行する。

  • 打球がゴロの場合フォースの状態にある走者は進塁に努める。進塁義務の無い走者は、ボールが遠くに有れば進塁を試み、ボールが近くに有れば占有塁に戻る。
  • 打球がライナーの場合、打球が外野まで到達すれば、走者はハーフウェーで待機し、外野手の守備を見届ける。打球が内野手の近辺に飛んで行けば、走者は占有塁に戻る。
  • 打球が内野フライの場合、走者は占有塁に戻る。
  • 打球が浅い外野フライの場合、走者はハーフウェーで外野手の守備を見届ける。
  • 打球が深い外野フライの場合、走者はタッグアップに備える。但し、走者が一塁にしかいない場合、一塁走者はハーフウェーで外野手の守備を見届ける。
  • バットに投球が当たらなかった場合、ボールを捕手が捕らえていれば、走者は占有塁まで戻る。ボールを捕手が見失っていれば、走者は進塁を試みる。

出典[編集]

『スポーツVコース 野球教室』石井藤吉郎編著(大修館書店)第16教程212~215ページ

脚注[編集]

  1. ^ 公認野球規則 - 用語の定義 66 RETOUCH「リタッチ」
  2. ^ 公認野球規則5.09(c)(1)【原注】
  3. ^ 公認野球規則5.09(b)(5)、同5.09(c)(1)
  4. ^ a b 公認野球規則5.06(b)(1)
  5. ^ 公認野球規則5.06(b)(1)【注2】
  6. ^ 公認野球規則5.09(c)(2)
  7. ^ a b c d ミスターも3度経験 G重信が犯した走塁ミス、「三角ベース」の珍事”. Full-count (2017年8月7日). 2019年1月25日閲覧。
  8. ^ “阿部 走塁ミスでアウト 二塁ベースを踏まずに一塁へ”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2013年8月29日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/29/kiji/K20130829006512240.html 2019年1月25日閲覧。 
  9. ^ 公認野球規則5.06(c)(5)