リチャード・アンソニー・ヒューソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リチャード・アンソニー・ヒューソン(Richard Anthony Hewson、1943年11月17日 - )は、イギリス音楽プロデューサーアレンジャー指揮者マルチ・インストゥルメンタリスト[1][2]。単にリチャード・ヒューソンとも称される。別名ハーブ(Herb)・ヒューソン[2]。自身による音楽プロジェクトであるラー・バンド(The RAH Band)の成功でも知られる[1][3]

来歴[編集]

イングランド北東部に位置するダラム州ティーズサイド英語版ストックトン=オン=ティーズに生まれる[1][2]ロンドン市立の名門音楽院ギルドホール音楽演劇学校にてクラシック音楽を学び、ビートルズの主要プロデューサーであったジョージ・マーティンは同校の先輩にあたる[1]。リチャードも卒業後の最初の仕事が1969年メリー・ホプキンの曲「グッドバイ」のアレンジであったこともあり、同曲をプロデュースしたポール・マッカートニーからの信頼を得て、ビートルズのアルバム 『レット・イット・ビー』の「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」や「アイ・ミー・マイン」のアレンジなどを手掛けている[1][4]。結果として、当時のビートルズのマネージャーであったアラン・クレインと、同アルバムの再プロデュースを任されたフィル・スペクター両者の思惑に加担することとなり、ジョージ・マーティンやポールらとはトラブルに発展している。しかしながら、ポールはウイングス結成後にリチャードとの仲を取り戻し仕事を依頼している[5]

その後は、1975年香港オーストラリア合作映画『スカイ・ハイ英語版』で主題歌のアレンジに[6]1980年アメリカ映画ザナドゥ (映画)』ではサウンドトラックのアレンジ・指揮に関わっている[1]

ラー・バンド[編集]

ラー・バンド(The RAH Band)とは、曲作りから演奏までリチャード一人の手によって、1977年にはじめられた音楽プロジェクトを指す[3][7]。バンド名はRichard Anthony Hewsonの頭文字にちなんでつけられた[3][8]。リチャードの妻であるリズ(Liz、本名エリザベス)・ヒューソンがボーカルを担当している[9]。アルバム『ミステリー英語版』よりシングルカットされた「クラウズ・アクロス・ザ・ムーン英語版」は、宇宙に滞在中の夫に向けた妻からのメッセージに込められている、夫婦愛をモチーフにした曲となっている[8]。同曲は1985年4月の全英シングルチャートで6位を記録した[8][10]

ディスコグラフィー[編集]

  • The Orchestrah(1974年、The Orchestrah)[11]
  • Love Is - Sundance(1976年、The Richard Hewson Orchestra)[12]
  • The Crunch and Beyond(1978年、RAH Band)[13]
  • The Rah Band(1981年、RAH Band)[13]
  • Going Up(1983年、RAH Band)[14]
  • Upper Cuts(1984年、RAH Band)[13]
  • Mystery英語版(1985年、RAH Band)[15]
  • Rah Band Remixed by Richard Hewson(2004年、RAH Band)[13]
  • The Very Best of...(2005年、RAH Band)[13]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Richard Hewson - Biography & History” (英語). オールミュージック. 2019年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c Richard Hewson - Discography & Songs” (英語). Discogs. 2019年5月1日閲覧。
  3. ^ a b c RAH Band’s seminal ‘Messages From The Stars’ 12" reissued for first time” (英語). en:The Vinyl Factory. 2019年5月3日閲覧。
  4. ^ RAH Band - Discography & Songs” (英語). Discogs. 2019年5月1日閲覧。
  5. ^ 「The Long and Winding Road」のアレンジ代は40ポンド”. MUSIC LIFE CLUB(シンコーミュージック・エンタテイメント) (2018年3月30日). 2019年5月7日閲覧。
  6. ^ Jigsaw - Sky High(Vinyl、7 "、45 RPM、Single)” (英語). Discogs. 2019年5月1日閲覧。
  7. ^ The Rah Band - Biography & History” (英語). オールミュージック. 2019年5月1日閲覧。
  8. ^ a b c 「9月17日O.A.「CLOUDS ACROSS THE MOON」RAH BAND - NOEVIR Song of Life(ノエビア -ソング・オブ・ライフ-)”. エフエム東京 (2013年9月17日). 2019年5月1日閲覧。
  9. ^ Liz Hewson - Discography & Songs” (英語). Discogs. 2019年5月1日閲覧。
  10. ^ Official Singles Chart Top 100” (英語). en:Official Charts Company. 2019年5月1日閲覧。
  11. ^ The Orchestrah - The Orchestrah (Vinyl, LP, Album)” (英語). Discogs. 2019年5月1日閲覧。
  12. ^ The Richard Hewson Orchestra - Love Is - Sundance” (英語). Discogs. 2019年5月1日閲覧。
  13. ^ a b c d e The Rah Band - Album Discography” (英語). オールミュージック. 2019年5月1日閲覧。
  14. ^ RAH Band - Going Up - Releases, Reviews, Credits” (英語). Discogs. 2019年5月1日閲覧。
  15. ^ RAH Band - Mystery - Releases, Reviews, Credits” (英語). Discogs. 2019年5月1日閲覧。