リチャード・カーペンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リチャード・カーペンター
Richard Carpenter - NARA - 194770.tif
リチャード・カーペンター(1972年)
基本情報
出生名 リチャード・リン・カーペンター (Richard Lynn Carpenter)
生誕 (1946-10-15) 1946年10月15日(71歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイヴン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
学歴 カリフォルニア州立大学ロングビーチ校
ジャンル ポップス
職業 作曲家編曲家ピアニスト
担当楽器 ピアノ
レーベル A&Mレコード
共同作業者 カーペンターズカレン・カーペンター

リチャード・カーペンター(Richard Carpenter、1946年10月15日 - )は、アメリカ合衆国作曲家編曲家ピアニストカレン・カーペンターカーペンターズを結成していたことで知られる。

人物・来歴[編集]

生い立ち[編集]

アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘイブンで生まれたリチャードは、父親がレコード収集家で、早くから音楽に興味を抱いていた。12歳でダウニーに転居、教会のオルガン奏者のアルバイトや、音楽バンドの奏者を経験。ダウニー高校では、マーチングバンド部に所属、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校に入学し、コーラス隊に入ったことでジョン・ベティス(後に作詞家となる)らと出会う。

ピアノをニューヘイブンにいた頃イェール大学で勉強するなど早くから音楽の才能を開花させていた。16歳の時には年齢を誤魔化してクラブで演奏したこともあったという逸話もある。

カリフォルニア州に移ると、カレンも加わったトリオを結成し、様々な所でバンド演奏を行った。その一方でデモテープを作り自分達のバンドの演奏を売り込んだが、最初はことごとく断られた。しかし、A&Mとついに契約を結ぶことができた。

カーペンターズ[編集]

1969年10月9日にアルバム『オファリング』(原題:Offering)(後に『涙の乗車券』(同:Ticket to Ride)に改題)を発表した。このときの売り上げは散々なものだったが、シングル『遥かなる影』(同:Close to you)を発表すると、瞬く間にスターダムにのし上がり、不動の基礎を築いた。

初期のカーペンターズではリチャードもリードヴォーカルを担当することもあったが、やがてカレンの歌声に対する世間の評価を知ると、演奏に関してはバックコーラスと鍵盤楽器へと活動の中心を移してゆくことになる。作曲・編曲・製作をリチャードが担い、ロン・ゴローが楽譜にし、その曲をカレンのリードヴォーカルで演奏する形態へと移っていった。

リチャードは、ファースト・アルバムの『オファーリング』(後に『涙の乗車券』に改題)とセカンド・アルバムの『遥かなる影』、カレンの死後発表したアルバム(CD)『タイム』(同:Time)などでリードボーカルを担当する曲が数曲ある。

また、リチャードのアレンジ能力は高く、カーペンターズの日本語訳詞を行った小倉ゆう子はCDのライナーノーツで「(カバーした曲を)カーペンターズ風に料理するのが上手い」と評している。グラミー賞の最優秀アレンジメント賞には計6度ノミネートされている。

ウィリッツアピアノとして有名なウィリッツア社のエレクトリックピアノWurlitzer 200A」の代表的なユーザーでレコーディングで多用したり、テレビ出演時に弾いている姿が見受けられる。なお、同機は「ローズ・ピアノ (Rhodes Piano)」と並ぶエレクトリックピアノの名機で、ヴィンテージキーボード市場では現在も高額な値が付けられている。

その後[編集]

現在は、ロサンゼルス郊外に在住、妻と5人の子供と暮らしながら、音楽活動を続けている。

ディスコグラフィ[編集]

  • 1987年 『タイム』(原題:Time)
  • 1997年 『新たなる輝き~イエスタデイ・ワンス・モア』(原題: Pianist, Arranger, Composer, Conductor)

関連人物[編集]

  • カレン・カーペンター - 妹。彼女の天性の声によりリチャードはカーペンターズを結成。
  • アルバート・ハモンド - 楽曲提供を受ける。
  • ジョン・ベティス - 大学時代からの親友で作曲家。
  • ポール・ウィリアムス - 作詞家、ロジャー・ニコルズと合作の楽曲提供を受ける。
  • ロジャー・ニコルズ - 作曲家。
  • ジョー・オズボーン - 最初にリチャードとカレンの才能を見いだした、著名なベーシストでスタジオミュージシャン。
  • ハル・ブレイン - ドラマー。デビュー作を除く初期のカーペンターズのアルバムに参加。
  • レス・ポール - ギタリスト、発明家。彼の多重録音がカーペンターズサウンドに多大なる影響を与えた。リチャードはレス・ポール&メリー・フォードを、ポップデュオとしての在り方の手本とした。
  • ハーブ・アルパート - 当時のA&Mのオーナーでトランペット演奏家。リチャードとカレンの才能を見抜きメジャーデビューさせた。
  • バート・バカラック - 作曲家。楽曲提供を多数受け、音楽的にも影響を受ける。
  • トニー・ペルーソ - ギタリスト。リチャードのアイディアで愛にさよならをから、カーペンターズのリードギターを務め、作曲した数曲を提供している。コンサートではオルガンを演奏することもあった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]