リチャード・チュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リチャード・チュウ
Richard Chew
Richard Chew
本名 Richard Franklin Chew
生年月日 (1940-06-28) 1940年6月28日(78歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
活動期間 1967年 - 活動中
配偶者 Liv Torgerson

リチャード・フランクリン・チュウRichard Franklin Chew, 1940年6月28日 - )は、アメリカ合衆国の編集技師である。『スター・ウォーズ』(1977年)でアカデミー編集賞を受賞した[1]

生い立ちとキャリア[編集]

中国系移民の両親のもとでロサンゼルスで生まれる。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で哲学を学んで卒業し、その後ハーバード・ロー・スクールに通っていた頃に1960年代の自主映画に触発され、学校を辞めて映画界へ入った[2]

1974年のフランシス・フォード・コッポラ監督の『カンバセーション…盗聴…』で初めてフィーチャー映画の編集を務め、これで英国アカデミー賞編集賞を受賞する。1975年の『カッコーの巣の上で』でも同賞を受賞し、さらにアカデミー編集賞にもノミネートされる[3]。1977年のジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ』でポール・ハーシュマーシア・ルーカスと共にアカデミー編集賞を受賞する[1]

主なフィルモグラフィ[編集]

作品 備考
1967 The Redwoods 短編ドキュメンタリー
1974 カンバセーション…盗聴…
The Conversation
受賞 - 英国アカデミー賞 編集賞
1975 カッコーの巣の上で
One Flew Over The Cuckoo's Nest
受賞 - 英国アカデミー賞 編集賞
ノミネート - アカデミー編集賞
ノミネート - アメリカ映画編集者協会長編映画編集賞
1977 スター・ウォーズ
Star Wars
受賞 - アカデミー編集賞
受賞 - サターン賞編集賞
ノミネート - 英国アカデミー賞 編集賞
ノミネート - アメリカ映画編集者協会長編映画編集賞
1978 ゴーイング・サウス
Goin' South
1979 When You Comin' Back, Red Ryder?
1982 My Favorite Year
1983 卒業白書
Risky Business
1985 クリエイター
Creator
天才アカデミー
Real Genius
1986 エメラルド・レジェンド/少年とイルカの愛の伝説
Where the River Runs Black
1987 ナーズの復讐II/ナーズ・イン・パラダイス
Revenge of the Nerds II: Nerds in Paradise
1988 偽りのヘブン
Clean and Sober
1990 メン・ドント・リーブ
Men Don't Leave
1992 シングルス
Singles
1993 Mi Vida Loca
マイ・ライフ
My Life
1995 ため息つかせて
Waiting to Exhale
1996 すべてをあなたに
That Thing You Do!
1998 微笑みをもう一度
Hope Floats
2000 シャンハイ・ヌーン
Shanghai Noon
ノミネート - アメリカ映画編集者協会長編映画編集賞(コメディ・ミュージカル部門)
2001 アイ・アム・サム
I Am Sam
2004 ホワイト・プリンセス
First Daughter
2005 ニュー・ワールド
The New World
2006 ボビー
Bobby
2010 ランナウェイズ
The Runaways
2010 星の旅人たち
The Way
TBA Bolden!

参考文献[編集]