リチャード・テイラー (数学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リチャード・テイラー
Richard Taylor (mathematician).jpg
リチャード・テイラー(1999年)
生誕 (1962-05-19) 1962年5月19日(56歳)
イギリスの旗 イギリスケンブリッジ
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 数学
研究機関 ハーバード大学
出身校 ケンブリッジ大学(学士)
プリンストン大学(博士)
博士課程
指導教員
アンドリュー・ワイルズ
博士課程
指導学生
ケビン・バザード英語版
David Geraghty
Elena Mantovan
Sug Woo Shin
主な受賞歴 ホワイトヘッド賞英語版(1990年)
フェルマー数学賞英語版(2001年)
オストロフスキー賞(2001年)
コール賞(2002年)
ショウ賞(2007年)
クレイ研究賞(2007年)
数学ブレイクスルー賞(2014年)
プロジェクト:人物伝

リチャード・テイラー(Richard Lawrence Taylor, 1962年5月19日 - )はイギリス数学者プリンストン大学教授

来歴[編集]

1984年ケンブリッジ大学卒業。1988年プリンストン大学Ph.D.取得(指導教授はアンドリュー・ワイルズ)。ケンブリッジ大学クレア・カレッジフェロー(1988年 - 1995年)、王立協会IHÉS交換留学フェロー(1988年 - 1989年)、ケンブリッジ大学助教授/講師(1989年 - 1995年)、カリフォルニア工科大学客員助教授(1992年)、ハーバード大学客員教授(1994年)、オックスフォード大学ニュー・カレッジフェロー 兼 サヴィル幾何学講座教授(1995年 - 1996年)、ハーバード大学数学科教授 兼 ハーシェル・スミス講座教授(1996年 - 2012年)、カリフォルニア大学バークレー校客員教授(1999年)、プリンストン大学特別招聘教授(2010年 - 2011年)、2012年からプリンストン大学数学科教授。

研究[編集]

アンドリュー・ワイルズによるフェルマーの最終定理の証明をサポートした。フェルマーの最終定理を証明した二つの論文のうち一つはテイラーとの共著によるもの。

谷山・志村予想の証明、ラングランズ予想の証明など、数論における重要な研究業績を残している。

数論の超難問と称される佐藤・テイト予想を証明した。

受賞歴と講演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Announcement of The Shaw Laureates 2007”. The Shaw Prize (2007年6月12日). 2009年11月1日閲覧。