リチャード・パルトニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Richard Pulteney

リチャード・パルトニー: Richard Pulteney1730年2月17日 - 1801年10月13日)は、イギリス医師植物学者である。

略歴[編集]

レスターシャーラフバラーの非国教会徒の家に生まれた。ラフバラーのグラマースクールを卒業して、薬剤師の見習いとなった。見習い中にマウントソレルに移った後、レスターで医師と薬局を開業した。レスターシャーの植物を研究し、1757年に王立協会フィロソフィカル・トランザクションズにレスターシャーの植物目録を発表した。1762年の王立協会の会員として認められ、1764年にエディンバラ大学にキナノキに関する論文を提出し、医学博士号を得た。同年、親類の政治家、初代バース伯爵ウィリアム・パルトニーの病気の治療を行ったが、うまくいかなかった。1765年からドーセットシャーのブランドフォードで医師として働いた。

著書にカール・フォン・リンネの生涯と著作について紹介した "A general view of the writings of Linnaeus"(1781年)や、1790年までに3巻となったイギリスの植物学史の大著、"Historical and biographical sketches of the progress of botany in England... " がある。

1790年にロンドン・リンネ協会の会員に選ばれ、1793年にエディンバラ王立協会のフェローに選ばれた。没した後、貝類や鉱物標本、植物標本はリンネ協会に残され、後に大英博物館に収蔵された。

マメ科の属名、Pultenaea Sm.献名されている。

著作[編集]

Philosophical Transactions[編集]

  • An Account of some of the more rare English Plants observed in Leicestershire. In: Philosophical Transactions. Band 49, 1757, S. 803–866 (doi: 10.1098/rstl.1755.0113).
  • A catalogue of some of the more rare plants found in the neighbourhood of Leicester, Loughborough and in Charley Forest. In: Philosophical Transactions. Band 49, S. 866, 1757
  • In The Case of a Man, Whose Heart Was Found Enlarged to a Very Uncommon Size. In: Philosophical Transactions. Band 52, 1761/1762
  • A Letter from Richard Pulteney, M.D. F.R.S. to William Watson, M.D. F.R.S. concerning the Medicinal Effects of a Poisonous Plant Exhibited Instead of the Water Parsnep. In: Philosophical Transactions. Band 62, 1772
  • An Account of Baptisms, Marriages, and Burials, during Forty Years, in the Parish of Blandford Forum, Dorset. In: Philosophical Transactions. Band 68, 1778

その他著作[編集]

  • Dissertatio medica inauguralis, de Cinchona officinali Linnaei; sive cortice peruviano... Edinburgh, 1764
  • A general view of the writings of Linnaeus. London, 1781
  • Historical and biographical sketches of the progress of botany in England: from its origin to the introduction of the Linnaean system. London, 1790 - 3 Bände
  • The history and description of a minute epiphyllous lycoperdon growing on the leaves of the Anemone nemorosa. London, 1794
  • Catalogues of the Birds, Shells, and some of the more rare Plants of Dorsetshire. London, 1799
  • Observations on the economiocal use of the Ranunculus aquatilis with introductory remarks on the acrimonious and poisonous quality of some of the English species of that genus. London, 1800

参考文献[編集]

  • Robert H. Jeffers: Richard Pulteney, M.D., F.R.S. (1730–1801) and his correspondents. London, 1960.
  • H.A. Waldron: Richard Pulteney (1730–1801): Linnean botanist and cardiologist. In: Transactions & studies of the College of Physicians of Philadelphia. Band 2, Heft 1, S. 31-40, 1980
  • John Aikin: General Biography: or, Lives, Critical and Historical, of the most Eminent Persons of all Ages, Countries, Conditions, and Professions, Arranged According to Alphabetical Order. London, 1799-1815. - 10 Bände
  • Alexander Chalmers: The General Biographical Dictionary: Containing an Historical and Critical Account of the Lives and Writings of the most Eminent Persons in Every Nation; Particularly the British and Irish; from the Earliest Accounts to the Present Time. London, 1812-1817. - 32 Bände
  • William Georg Maton: Memoirs of Doctor Pulteney. In: A general view of the writings of Linnaeus. 2. Auflage, London, 1805