リチャード・ヒダルゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リチャード・ヒダルゴ
Richard Hidalgo
DSC 1777 Richard Hidalgo.jpg
2005年、テキサス・レンジャーズ時代のヒダルゴ
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 カラカス
生年月日 (1975-06-28) 1975年6月28日(44歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1991年 アマチュア・フリーエージェントとしてヒューストン・アストロズと契約
初出場 1997年9月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リチャード・ホセ・ヒダルゴRichard Jose Hidalgo , 1975年6月28日 - )は、ベネズエラカラカス出身の元プロ野球選手外野手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り - アストロズ時代 (1991 - 2004)[編集]

1991年7月2日に、ヒューストン・アストロズと契約[1]。この年は、メジャー及びマイナーでの出場機会はなかった。

1992年は、ルーキー級のGCL・アストロズ英語版に所属し、51試合に出場。打撃面では、打率.310・1本塁打・27打点・14盗塁・OPS0.756という成績を残した。また、守備面では外野手として46試合で守りに就き (ポジション別の試合数は不詳) 、無失策だった。

1993年は、A級のアッシュビル・ツーリスツに昇格して111試合に出場。打率.270・10本塁打・55打点・21盗塁・OPS0.740という打撃成績と、108試合の外野守備で6失策・守備率.974という守備成績を残した。

1994年は、クアッドシティーズ・リバーバンディッツ英語版 (A級) で124試合に出場し、打率.292・12本塁打・76打点・12盗塁・OPS0.823という成績を記録。また、同年のミッドウェストリーグで、2位のケビン・ミラーに10本以上の差を付けるリーグトップの47二塁打を放った[2]。守備面では、116試合の外野守備で11失策・守備率.953という成績を残した。

1995年は、AA級のジャクソン・ジェネラルズに昇格し、133試合に出場。打率.266・14本塁打・59打点・8盗塁・OPS0.743という打撃成績を残した。また、守備面では、ライト124試合とセンター5試合を守り、合計で5失策・守備率.981という成績だった。なお、この年はベースボール・アメリカ誌の有望株ランキングで34位に選ばれているが、ヒダルゴはこの年から4年連続で選ばれた[3]

1996年は、前年に引き続きジャクソンでプレー。130試合に出場して、打率.294・14本塁打・78打点・11盗塁・OPS0.791という成績を残した。守備では、前年と逆でセンターを守る機会の方が多く、センター113試合とライト17試合で計6失策・守備率.981だった。

1997年は、9月1日ミルウォーキー・ブルワーズ戦でメジャーデビューを果たした[1][4]。この試合でヒダルゴは「6番・センター」としてスタメン起用され、メジャー初ヒットも放った[4]。メジャーでは、最終的には19試合に出場し、打率.306・2本塁打・6打点・1盗塁・OPS0.842という成績を残した。守備面では、センター17試合、レフトとライト各1試合ずつで守りに就き、無失策だった。なお、マイナーではAAA級のニューオーリンズ・ゼファーズで134試合に出場し、打率.279・11本塁打・78打点・6盗塁・OPS0.761という成績を記録、5年連続で2ケタ本塁打を放った。

1998年はメジャーでの出場機会の方が多くなり、74試合に出場。打撃面では、打率.303・7本塁打・35打点・3盗塁・OPS0.829という成績を残し、デビューから2年連続で.300以上の打率を記録した。守備では、センター57試合、ライト14試合、レフト9試合を守り、トータルで3失策・守備率.978だった。また、マイナーではニューオーリンズで10試合に出場しただけであり、打率.167・1打点・OPS0.509という成績だった。

1999年は、8月に左の膝蓋骨の先天的な不具合に起因する炎症を起こし、手術を受けた為、それ以降の試合を欠場した[5]。この年は108試合に出場し、打率.227・15本塁打・56打点・8盗塁・OPS0.748という成績を残した。守備は、前年と同じく外野3ポジション全てを守り、レフトとライトでは無失策だった。

2000年は、9月以降で29試合に出場し、打率.477・11本塁打・32打点を記録してプレイヤー・オブ・ザ・マンスに選出された[6][7]。同年はキャリアハイの153試合に出場し、打率.314・44本塁打・122打点・13盗塁・OPS1.028という成績を記録。本塁打、打点、OPSのほか、複数の打撃部門でリーグ10位以内にランクインした[8]。守備面では、センター125試合、ライト37試合、レフト36試合を守り、合計で7失策・守備率.984を記録した。

2001年のシーズン開幕前に、4年3,200万ドルの契約を結んだ (5年目は球団オプション) [9]。この年は146試合に出場し、打率.275・19本塁打・80打点・3盗塁・OPS0.811という成績で、特に本塁打は、前年の半分以下の本数に減少した。守備は、前年から引き続いて外野3ポジションを守り、144試合の外野守備で3失策・守備率.991を記録した。

2002年は、114試合の出場で打率.235・15本塁打・48打点・6盗塁・OPS0.734という成績で、打率、本塁打、打点の3部門は2年連続で低下した。また、監督批判、トレード志願、ロッカールームでの大暴れ等、複数の問題行動を起こした[10]。そしてシーズンオフの11月21日、母国のベネズエラに帰国していたヒダルゴはカージャックに遭い、で左腕を撃たれた[10][11]。しかし、骨は撃たれなかった為、翌2003年のキャンプには間に合った[10]

2003年はレギュラーに復帰し[10]、141試合に出場。打率.309・28本塁打・88打点・9盗塁・OPS0.957という成績を残し、チームのMVPに選ばれた[10]。守備では137試合でライトを守り、4失策・守備率.987・DRS+19という成績を記録。また、リーグトップのアシスト22を記録した[12]

2004年は、58試合に出場して打率.256・4本塁打・30打点・1盗塁・OPS0.721という打撃成績と、56試合のライト守備で2失策・守備率.982・DRS+7という守備成績を記録していた。

メッツ時代 (2004)[編集]

2004年6月17日に、デービッド・ウェザーズジェレミー・グリフィス英語版とのトレードでニューヨーク・メッツへ移籍した[1]。移籍後は86試合に出場し、打率.228・21本塁打・52打点・3盗塁・OPS0.759という成績を記録。また、守備面ではライトとレフトを計86試合で守り、4失策・守備率.977・DRS+9という成績を記録。2チーム計では、144試合の出場で打率.239・25本塁打・82打点・4盗塁・OPS0.745という打撃成績と、142試合の外野守備で6失策・守備率.979・DRS+16という守備成績を残した。また、アシスト14は2年連続でリーグ1位だった (この年はフアン・リベラとタイ) [13]。オフの11月1日FAとなった[1]

レンジャーズ時代 (2005)[編集]

2004年12月10日に、テキサス・レンジャーズと1年500万ドルで契約[14]

2005年は、レンジャーズで88試合に出場し、打撃面では打率.221・16本塁打・43打点・1盗塁・OPS0.705という成績を残した。また、守備面ではライト83試合とセンター3試合で守りに就き、合計で2失策・守備率.989・DRS+8という成績だった。オフの11月1日にFAとなった。

2006年2月26日ボルティモア・オリオールズと契約したが[1]3月7日に解雇された[15]。この年は、2006年から2007年にかけて開催されるウィンターリーグLVBPでプレー。ナベガンテス・デル・マガジャネスで54試合に出場し、打率.273・9本塁打・27打点・4盗塁・OPS0.840という成績を残した。守備面では、53試合でライトを守り、5失策・守備率.960という成績だった。

2007年も、LVBPのマガジャネスに所属して46試合に出場し、打率.291・13本塁打・30打点・1盗塁・OPS0.931という成績を残した。守備面では、32試合のライト守備で3失策・守備率.962だった。

2008年は、独立リーグであるアトランティックリーグロングアイランド・ダックスに所属し、30試合に出場。打撃面では、打率.261・5本塁打・16打点・1盗塁・OPS0.811だった。守備面では、29試合でライトを守って無失策だった。更に同年は、マガジャネスでも53試合に出場し、打率.327・7本塁打・31打点・3盗塁・OPS0.921という成績を残した。

2009年は、キャリア初のメキシカンリーグでのプレーを経験。モンテレイ・サルタンズで2試合に出場した。また、4シーズン連続でマガジャネスでもプレーし、55試合の出場で打率.306・8本塁打・31打点・OPS0.909という成績を残した。

2010年及び2011年もマガジャネスに所属し、2シーズンで計42試合に出場したが、2020年2月時点で、それ以降は試合出場が記録されていない。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 HOU 19 67 62 8 19 5 0 2 30 6 1 0 0 0 4 0 1 18 0 .306 .358 .484 .842
1998 74 234 211 31 64 15 0 7 100 35 3 3 0 4 17 0 2 32 5 .303 .355 .474 .829
1999 108 449 383 49 87 25 2 15 161 56 8 5 0 5 56 2 4 73 5 .227 .328 .420 .748
2000 153 644 558 118 175 42 3 44 355 122 13 6 0 9 56 3 21 110 13 .314 .391 .636 1.028
2001 146 593 512 70 141 29 3 19 233 80 3 5 0 11 54 3 16 107 15 .275 .356 .455 .811
2002 114 439 388 54 91 17 4 15 161 80 3 5 0 2 43 1 6 85 13 .235 .319 .415 .734
2003 141 585 514 91 159 43 4 28 294 88 9 7 0 5 58 8 8 104 10 .309 .385 .572 .957
2004 58 220 199 21 51 15 2 4 7 30 1 2 0 4 17 4 0 53 7 .256 .309 .412 .721
NYM 86 359 324 46 74 11 1 21 150 52 3 2 0 2 27 3 5 76 12 .228 .296 .463 .759
'04計 144 579 523 67 125 26 3 25 232 82 4 4 0 6 44 7 5 129 19 .239 .301 .444 .745
2005 TEX 88 339 308 43 68 12 0 16 128 43 1 2 0 1 26 1 4 74 8 .221 .289 .416 .705
MLB:9年 987 3929 3459 531 929 214 19 171 1694 560 48 34 0 43 358 25 67 737 67 .269 .345 .490 .835

背番号[編集]

  • 15(1997年 - 1999年、2000年 - 2004年)
  • 16(1998年)
  • 51(2005年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Richard Hidalgo - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月25日閲覧。
  2. ^ 1994 Midwest League Batting Leaders - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月25日閲覧。
  3. ^ Richard Hidalgo Minor, Winter, Independent & Mexican Lg Stats - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月25日閲覧。
  4. ^ a b September 1, 1997 MIL vs HOU - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月25日閲覧。
  5. ^ Astros’ Hidalgo Has Knee Surgery” (英語). Associated Press News (1999年8月27日). 2020年2月25日閲覧。
  6. ^ Richard Hidalgo 2000 Batting Game Logs - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月25日閲覧。
  7. ^ MLB Players of the Month - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月25日閲覧。
  8. ^ 2000 National League Batting Leaders - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月25日閲覧。
  9. ^ CBS/AP (2001年1月12日). “Astros Ink Hidalgo For $32M” (英語). CBS News. 2020年2月25日閲覧。
  10. ^ a b c d e 村上雅則、友成那智『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2004』廣済堂出版、2004年、309頁。ISBN 4-331-51040-9。
  11. ^ JOSE DE JESUS ORTIZ (2002年11月22日). “Astros Richard Hidalgo shot in left arm during carjacking in Venezuela” (英語). Chron. 2020年2月25日閲覧。
  12. ^ 2003 National League Fielding Leaders - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月25日閲覧。
  13. ^ 2004 National League Fielding Leaders - Baseball-Reference.com (英語). 2020年2月25日閲覧。
  14. ^ Associated Press (2004年12月11日). “Outfielder agrees to one-year contract” (英語). ESPN. 2020年2月25日閲覧。
  15. ^ Orioles release Richard Hidalgo” (英語). Orioles.com (2006年3月7日). 2020年2月26日閲覧。

関連項目[編集]