リチャード・マスグレイヴ (第11代準男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第11代準男爵サー・リチャード・コートネイ・マスグレイヴ英語: Sir Richard Courtenay Musgrave, 11th Baronet, JP, DL英語版 1838年8月21日 - 1881年2月13日)は、イギリス政治家保守党所属。

略歴[編集]

父、第10代準男爵サー・ジョージ・マスグレイヴと母、シャーロット(初代準男爵サー・ジェイムズ・グラハムの娘)の間に生まれる。イートン校で教育を受け、陸軍第71(ハイランド)歩兵連隊(軽歩兵)英語版士官として所属した。1872年、父の死に伴い準男爵位を継承する。治安判事、カンバーランド副統監、ウェストモーランド統監英語版を務めた[1]

1874年、1876年の二度にわたって庶民院議員に立候補したが落選。三度目の挑戦となる1880年の総選挙で初当選を果たしたが、翌年42歳で死去[2]

1867年、アドーラ・フランセス・オルガ・ウェルズ(Adora Frances Olga Wells)と結婚。

脚注[編集]

グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
ジョージ・ハワード英語版
スタッフォード・ハワード英語版
イースト・カンバーランド選挙区英語版選出庶民院議員
同一選挙区同時当選者:スタッフォード・ハワード英語版

1880年英語版 – 1881年
次代:
スタッフォード・ハワード英語版
イングランドの準男爵
先代:
ジョージ
準男爵
1872年–1881年
次代:
リチャード