リッキー・ノラスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リッキー・ノラスコ
Ricky Nolasco
20160406-0046 Ricky Nolasco.jpg
ミネソタ・ツインズ時代
(2016年4月6日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州リバーサイド郡コロナ
生年月日 (1982-12-13) 1982年12月13日(36歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 MLBドラフト4巡目(全体108位)でシカゴ・カブスから指名
初出場 2006年4月5日 ヒューストン・アストロズ
年俸 $4,000,000(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

カルロス・エンリケ・ノラスコCarlos Enrique Nolasco, 1982年12月13日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州リバーサイド郡コロナ出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBカンザスシティ・ロイヤルズ傘下所属。

愛称はトリッキー[2]

経歴[編集]

プロ入りとカブス傘下時代[編集]

2001年のMLBドラフト4巡目(全体108位)でシカゴ・カブスから指名され、プロ入り。

2005年にAA級ウェストテン・ダイヤモンドジャックスで14勝(リーグ最多タイ)・防御率2.87・173奪三振(リーグ最多)を記録し、サザンリーグの最優秀投手に選出された[3]

マーリンズ時代[編集]

2005年12月7日フアン・ピエールとのトレードで、セルジオ・ミトレレニエル・ピントとともにフロリダ・マーリンズへ移籍[3]

2006年4月5日にメジャーデビュー。同年、ノラスコは11勝を挙げ、スコット・オルセンジョシュ・ジョンソンアニバル・サンチェスらと共にメジャー史上初の同一チーム新人4投手が2けた勝利という快挙を達成[4]

2007年5月17日の登板を最後にシーズンを終え、5試合にしか登板出来なかった。

2008年はチーム最多の15勝・186奪三振を記録し、復活。

2009年は13勝・防御率5.06と前年より悪化したが、自身初の投球回数を上回る195奪三振を記録。シーズン最後の登板となった9月30日ブレーブス戦で16奪三振を記録し、A.J.バーネットの14奪三振の球団記録を更新。また、トム・シーバーの持つ10人連続奪三振のメジャー記録に次ぐ、9人連続奪三振を記録[5]

2010年は膝の故障で故障者リスト入りした影響もあって、26試合の先発登板で157.1イニングに終わったが、勝ち運も味方につけて3年連続二桁勝利となる14勝を挙げた[6]。この年、「プレートに足をかけたあと指を口に持っていくと自動的にボールを1つカウントする」という新ルールが制定されたのだが、ノラスコはうっかりと指を口元にやってしまい、メジャーで初めてこのルールを受けた投手になった[6]

2011年は4年ぶりに負け越したが、200イニング以上投げて10勝 (12敗) を挙げ、二桁勝利の記録が4年連続となった。被安打244は、ナ・リーグワースト1位の数値だった。

2012年もローテーション通りに登板し、2年連続で負け越したものの二桁勝利を記録した。奪三振数が低下傾向になり、過去には投球イニング数を上回る三振を奪ったシーズンもあったが、この年は125奪三振に留まった。

2013年、久々に防御率3.00台をキープしたが、18試合で5勝8敗と負け越した。

ドジャース時代[編集]

2013年7月6日にマイナー3選手とのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。

ドジャース移籍後は、チームの主力先発投手であるザック・グレインキーのピッチングを参考にした事が功を奏し、シーズン終盤に12試合連続で自責点を3以内に抑えた[7]。その結果、移籍後は8勝3敗と大きく勝ち越して、シーズン通算では13勝を記録。2008年からの連続2ケタ勝利の記録が6年連続まで伸びた。10月31日FAとなった。

ツインズ時代[編集]

2013年11月27日ミネソタ・ツインズと4年総額4900万ドルで契約に合意し、12月3日、正式に発表した[8]。ツインズは先発ローテーションを再建すべく、6年連続二桁勝利・例年200イニング前後に投げるノラスコを計算出来るとして獲得した[7]が、防御率5.38・6勝12敗・159イニングで203安打と22本塁打を食らうなど不振に陥り、当てが大きく外れてしまった。

2015年は5勝を挙げ、通算100勝を達成したが、ハイライトはそれくらいであった。この年は9試合の登板に終わり、防御率6.75と炎上するなど、ただでさえ期待を裏切った加入1年目よりも更に悪い成績だった。

2016年、先発ローテーションに入って移籍するまでに21試合に登板したが、防御率5.13・4勝8敗・WHIP1.35という成績で、相変わらず打ち込まれがちな傾向が続いた。

エンゼルス時代[編集]

2016年8月1日ヘクター・サンティアゴアラン・ブセニッツとのトレードで、アレックス・メイヤー、金銭と共にロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[9]。エンゼルスでも先発ローテーションに入り、11試合に先発登板。4勝6敗と負け越したが、2012年以来となる完封勝利が1つあり、防御率も3.21まで改善するなど、久々に調子を取り戻した。ツインズ時代との合算では、32試合に先発登板して197.2イニングを投げ、防御率4.42・8勝14敗・WHIP1.25という成績を記録。ツインズでの炎上が響いて、2013年以来となる2ケタ勝利には届かなかった。

2017年開幕投手を務めるなど33試合に先発したが、6勝15敗と2年連続1桁勝利・2桁敗戦に終わり、防御率も4.92と前年よりも悪化した。11月3日にFAとなった[10]

ロイヤルズ傘下時代[編集]

2018年3月7日に、カンザスシティ・ロイヤルズとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 FLA
MIA
35 22 0 0 0 11 11 0 2 .500 613 140.0 157 20 41 5 10 99 7 0 86 75 4.82 1.41
2007 5 4 0 0 0 1 2 0 0 .333 99 21.1 26 3 9 2 1 11 1 0 16 13 5.48 1.64
2008 34 32 1 1 0 15 8 0 0 .652 868 212.1 192 28 42 6 6 186 1 3 88 83 3.52 1.10
2009 31 31 2 0 2 13 9 0 0 .591 785 185.0 188 23 44 7 2 195 2 0 111 104 5.06 1.25
2010 26 26 1 0 0 14 9 0 0 .609 665 157.2 169 24 33 1 2 147 5 0 82 79 4.51 1.28
2011 33 33 2 1 0 10 12 0 0 .455 891 206.0 244 20 44 8 3 148 6 0 117 107 4.67 1.40
2012 31 31 3 2 0 12 13 0 0 .480 832 191.0 214 18 47 9 8 125 8 1 100 95 4.48 1.37
2013 18 18 0 0 0 5 8 0 0 .385 468 112.1 112 11 25 1 4 90 4 0 50 48 3.85 1.22
LAD 16 15 0 0 0 8 3 0 0 .727 366 87.0 83 6 21 0 6 75 1 0 40 34 3.52 1.20
'13計 34 33 0 0 0 13 11 0 0 .542 834 199.1 195 17 46 1 10 165 5 0 90 82 3.70 1.21
2014 MIN 27 27 1 0 0 6 12 0 0 .333 695 159.0 203 23 38 1 5 115 5 0 96 95 5.38 1.52
2015 9 8 0 0 0 5 2 0 0 .714 173 37.1 50 3 14 2 1 35 1 1 31 28 6.75 1.71
2016 21 21 0 0 0 4 8 0 0 .333 527 124.2 139 18 29 0 3 93 4 0 77 71 5.13 1.35
LAA 11 11 1 1 1 4 6 0 0 .400 290 73.0 63 8 15 0 2 51 3 0 27 26 3.21 1.07
'16計 32 32 1 1 1 8 14 0 0 .364 817 197.2 202 26 44 0 5 144 7 0 104 97 4.42 1.25
2017 33 33 1 1 0 6 15 0 0 .286 787 181.0 205 35 58 3 3 143 4 0 102 99 4.92 1.45
通算:12年 330 312 12 6 3 114 118 0 2 .491 8059 1887.2 2045 239 460 45 56 1513 52 5 1023 957 4.56 1.33
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • FLA(フロリダ・マーリンズ)は、2012年にMIA(マイアミ・マーリンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 47 (2006年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Ricky Nolasco Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac.com. 2018年3月8日閲覧。
  2. ^ Maria Guardado (2017年8月24日). “Explaining Angels Players Weekend nicknames” (英語). MLB.com. 2018年3月6日閲覧。
  3. ^ a b Marlins acquire pitchers Sergio Mitre, Ricky Nolasco and Renyel Pinto from Cubs for Juan Pierre” (英語). MLB.com (2005年12月7日). 2009年11月1日閲覧。
  4. ^ Joe Frisaro (2006年9月27日). “Sanchez helps make more history” (英語). MLB.com. 2007年11月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月1日閲覧。
  5. ^ Associated Press (2009年9月30日). “Nolasco fans team-record 16, including nine straight, in Marlins' win” (英語). ESPN. 2009年11月1日閲覧。
  6. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2011』 廣済堂出版、2011年、286頁。ISBN 978-4-331-51518-1。
  7. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2014』 廣済堂出版、2014年、161頁。ISBN 978-4-331-51809-0。
  8. ^ Rhett Bollinger (2013年12月3日). “Twins introduce free-agent righty Nolasco”. MLB.com. 2018年3月8日閲覧。
  9. ^ Miller, Phil (2016年8月1日). “Twins trade Ricky Nolasco and Alex Meyer to Angels for Hector Santiago”. Star Tribune. 2016年8月8日閲覧。
  10. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2017年11月20日閲覧。

関連項目[編集]