リッジウッドパール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リッジウッドパール
Owner Mrs Anne Coughlan.svg
アン・コクラン夫人の勝負服
欧字表記 Ridgewood Pearl
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1992年
死没 2003年
Indian Ridge
Ben's Pearl
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Sean Coughlan (イギリス)
馬主 Anne Coughlan
調教師 John Oxx (アイルランド)
競走成績
生涯成績 8戦6勝
テンプレートを表示

リッジウッドパール (Ridgewood Pearl) はイギリスで産まれたアイルランドの競走馬。世界4カ国で4つのマイルG1に勝利した。1995年カルティエ賞年度代表馬、最優秀3歳牝馬。

経歴[編集]

デビューは1994年9月のスプリント戦タワーステークスで、デビュー戦では3着と敗れたが、距離を伸ばした2戦目のウェルドパークステークスで初勝利を挙げた。初勝利後はアサシステークスを7馬身差で圧勝、G1の舞台でもアイリッシュ1000ギニー1着、コロネーションステークス1着と連勝して同世代の牝馬を圧倒し、更には古馬や牡馬に混じってムーラン・ド・ロンシャン賞にも勝利した。しかし5連勝で臨んだクイーンエリザベス2世ステークスでは1番人気を裏切り、バーリに6馬身差をつけられる完敗でマイルカテゴリにおける生涯唯一の敗戦を経験した。その後は渡米してベルモントパーク競馬場ブリーダーズカップ・マイルに出走、1番人気に応えて2馬身差で快勝した。

1995年は6戦5勝2着1回G1競走4勝という成績で、カルティエ賞最優秀3歳牝馬に選ばれるとともに、年度代表馬にも選出された。しかし1995年にはリッジウッドパールの他にも年間無敗でダービーステークスキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス凱旋門賞を勝利したラムタラがおり、リッジウッドパールの年度代表馬選出は物議を醸した。(詳細はラムタラを参照)

引退後は繁殖入りし、母として5頭の仔を産んだ。2003年バーリの仔を死産した際の出血が原因で死亡した。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1994.09.11 カラ タワーS 準重賞 芝6f 3着 C.ロシェ 1馬身 Viaticum
1994.09.25 カラ ウェルドパークS G3 芝7f 1着 J.ムルタ - (Oh'Cecilia)
1995.04.22 カラ アサシS 準重賞 芝7f 1着 J.ムルタ 7馬身 (One false Move)
1995.05.27 カラ 愛1000ギニー G1 芝8f 1着 C.ロシェ 4馬身 (Warning Shadows)
1995.06.21 アスコット コロネーションS G1 芝8f 1着 J.ムルタ 2馬身 (Smolensk)
1995.09.03 ロンシャン ムーラン・ド・ロンシャン賞 G1 芝1600m 1着 J.ムルタ 3/4馬身 (Shaanxi)
1995.09.23 アスコット クイーンエリザベス2世S G1 芝8f 2着 J.ムルタ 6馬身 Bahri
1995.10.28 ベルモントパーク BCマイル G1 芝8f 1着 J.ムルタ 2馬身 (fastness)

血統表[編集]

リッジウッドパール血統クラリオン系/Discipliner 5×5=6.25%(父内)) (血統表の出典)

Indian Ridge
1985 栗毛
父の父
Ahonoora
1975 栗毛
Lorenzaccio Klairon
Phoenissa
Helen Nichols Martial
Quaker Girl
父の母
Hillbrow
1975 栗毛
Swing Easy Delta Judge
Free Flowing
Golden City *スカイマスター
West Shaw

Ben's Pearl
1985 鹿毛
*タップオンウッド
Tap On Wood
1976 栗毛
Sallust Pall Mall
Bandarilla
Cat o'Mountaine Ragusa
Marie Elizabeth
母の母
Joshua's Daughter
1973 鹿毛
Joshua Welsh Rake
Charybdis
Legal Love *キングスベンチ
Mareeba F-No.14-a