誠に勝手ながら、「goo Wikipedia」は2021年9月30日をもってサービス提供を終了させていただくことになりました。突然のお知らせとなりましたことをお詫び申し上げますと共に、これまで「goo Wikipedia」をご愛顧いただきましたこと、心より感謝いたします。

リッチャー靱帯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

リッチャー靱帯(リッチャーじんたい)とは、19世紀フランスの医学者で彫刻家でもあるポール・リッシェが著書「Anatomie artistique」中で描いた靱帯。大腿の中程の高さで腸脛靱帯から分かれた帯が大腿四頭筋を下方へ斜走して膝関節内側面へ回り、鵞足に加わるようにして脛骨へ付着する。

リッシェによる原著では、「大腿腱膜(筋膜でない)の弓状帯」と表記されているが、1970年代に出版されたロバート・ビバリー・ヘイルによる英語訳でこの部位が「Richer's band」と記された。どちらも解剖学用語にはない。 この訳書は、その後の多くの美術解剖学図譜の種本となり、その図と名称もそのまま引用された。それがリッチャーと訳されたので、日本ではこの名称で知られる。

解剖学的外見と医学での取り扱い

この部位は大腿筋膜の肥厚部と見なすことができ、その意味では、手足の伸筋支帯と類似している。ランツやゾボッタではこの帯が描かれ、ランツでは内側筋間中隔へ続く大腿筋膜の斜走線維束とされている。現在出版されている医学解剖学図譜では、この帯が描かれることはほとんど無く、また言及もされない。

参考文献

  • 『Anatomie artistique : Description des formes extérieures du corps humain au repos et dons les principaux mouvements』by Richer, Paul Marie Louis Pierre Paris : Plon-Nourrit et cie , 1890
  • 『Artistic Anatomy 』 Dr. Paul Richer, translated by Robert Beverly Hale. New York: Watson Guptill Publications, 1971. ISBN 0-8230-0297-7
  • 『Sobotta: Atlas of Human Anatomy』 Churchill Livingstone 2009
  • 『ランツ下肢臨床解剖学』 医学書院 1979

今日は何の日(9月26日

もっと見る

「リッチャー靱帯」のQ&A